EVENT COVERAGE

日本選手権2022 -Tabletop Returns-

トピック

待ちに待ったテーブルトップの大会! 会場風景をお届け

Seo Asako

 ついにテーブルトップの大会が帰ってきました!

 今回の日本選手権2022はタイトルに「-Tabletop Returns-」を冠し、約2年4か月ぶりとなるテーブルトップの大型イベントです。

 マイドームおおさかに、予選を突破した、もしくは招待されたプレイヤーたちが全国から集合しました。その数は240人弱。

 テーブルトップ大会の様子をご存じない方もいると思いますので、会場の風景を簡単にご紹介していきましょう。

day1_01.jpg

 会場のマイドームおおさか。建物の1階にカフェがあり、隣のコンビニでも食べ物の調達ができます。

day1_02.jpg

 消毒と検温のブースを通って、2階ホールの入口に向かいましょう。

day1_03.jpg

 受付で登録をすませ、広々とした明るい会場に入ります。なお、今回は健康チェックシートの提出も必須となっています。

day1_04.jpg day1_05.jpg

 すべてのテーブルに感染防止のアクリル板が備え付けられているのが、かつての大会風景とは違う部分です。除菌シートも用意されています。

day1_06.jpg

 「注目の対戦」を行なうフィーチャーエリア。ここも透明シートで隔てられています。

day1_07.jpg

 会場内で、スリーブやデッキケースが販売されています。(※今回はカード販売ブースはありません)

day1_08.jpg

 『Magic: The Gathering Companion』アプリにて、自分の座るテーブル番号が毎ラウンド通知されます。昔ながらの、壁に張り出された紙で確認することもできます。

day1_09.jpg

 優勝者に贈られる、天野喜孝さん版《戦慄衆の将軍、リリアナ》が入った特製トロフィーはこちら。

day1_10.jpg

 開会に際し、ヘッドジャッジを務める瀬野さんよりご挨拶。久しぶりのテーブルトップということで、いつもより多めにジャッジが配置されています。予顕や両面土地など、ルール的な説明もしっかり行なわれました。

day1_11.jpg

 11時、いよいよ第1回戦がスタートです!

day1_12.jpg

 会場前に設置された時計が、ラウンドの残り時間を刻みます。

day1_13.jpg

 第1回戦のフィーチャーテーブルには、直前の「ニューカペナ・チャンピオンシップ」で8位入賞した八十岡翔太選手と、17位に入賞した永瀬裕貴選手が呼ばれています。

 YoutubeおよびTwicthでの生中継をチェックしつつ、今後のテキストカバレージも楽しみにお待ちください。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
最終
2日目
1日目

RANKING

NEWEST