EVENT COVERAGE

マジックフェスト・千葉2019

観戦記事

第12回戦:吉野 高平(千葉) vs. 細川 侑也(東京) ~最強アーキタイプ、フェアリーの悪党~

伊藤 敦

吉野「こうなると思ってましたよ。進化した吉野高平、見せるときがきた」

細川「まさか吉野くんが2-0してくるとは思わなかったw」

 11回戦を終えて10勝1敗。15回戦終了時に2敗以内の成績ならばミシックチャンピオンシップ(MC)の権利が得られるグランプリにおいて、かなりの好位置と呼べるライン。

 そんなラインでフィーチャーマッチに現れたのは、グランプリ・横浜2019でトップ8に入った記憶も新しいシルバーレベル・プロ、細川 侑也だ。

 対する吉野 高平は2度のプロツアー参加経験を持つ、いわゆる「グラインダー」(プロツアー/ミシックチャンピオンシップの出場権を手にするべく積極的に予選を巡る人たち)。

 まだ1敗分は余裕があるとはいえ、MCの権利のためには残り4ラウンド中1回しか負けられないということを考えると、大きなもののかかった1戦であることに変わりはない……が、2人は知り合い同士ということもあり、フランクな調子で互いのデッキをシャッフルする。

細川「ここ1敗だったらエイトあるからね、ここ大事」

吉野「だったらトスしてくれても一向に構いませんが……?w」

細川「さすがにそういうわけにはねー。ミシックチャンピオンシップ行きたいんで……」

吉野「いやもう権利あるでしょ!w しかも使わないと消えるやつでしょ!」

細川「いやー、おばあちゃんに『シルバー権利は大事にしなさい』って言われちゃってるから……w」

 そんなおばあちゃんは絶対いないと思う。

 それはさておき、細川のデッキは青白、吉野は赤白。

 MC権利、そしてトップ8入賞に向けて大きな一歩を踏み出すのははたしてどちらか。


吉野 高平 vs. 細川 侑也
ゲーム1

 ダイスロールで先攻は細川。《》から《フェアリーの悪党》を送り出すと、吉野が「やはり……」と声を漏らす。

 一方の吉野は1ターン目《忠実なペガサス》→2ターン目《忠実なペガサス》と航空戦力を2連打。

細川「え、やば」

 この吉野の攻めっ気たっぷりの展開に細川は驚いた素振りを見せるが、しかし落ち着いた様子で《グリフィンの歩哨》でしっかりと受ける。

吉野「うあーw」

 ならばと《不動の哨兵》を送り出した吉野だったが、細川のデッキの完成度は吉野の予想を超えていた。

 4マナに到達した細川は2枚目の《フェアリーの悪党》で手札を補充すると、さらに天穹の鷲》を召喚!

 2/4に強化された《グリフィンの歩哨》が《忠実なペガサス》の行く手を阻む。

 が、吉野は果敢にも3体でアタック。そして細川がインスタント・タイミングで《天穹の鷲》が死ぬだけなら損をしない《グリフィンの歩哨》での単体ブロックを選択したところで、《勇壮の時》を合わせる。

 しかし細川は返す攻撃前に《鼓舞する隊長》で全体を強化し、《フェアリーの悪党》《フェアリーの悪党》《天穹の鷲》で一撃9点を叩き込む。

 さらに《不動の哨兵》による3点アタックの後に《平地》《平地》《》《》を立ててターンエンドした吉野に対し、細川は3枚目の《フェアリーの悪党》をプレイ。

吉野「フェアリー絶対ガメてると (ピック中に) 思ったw」

 そして細川が《フェアリーの悪党》2体と《天穹の鷲》でアタック。吉野は《チャンドラの憤慨》で《天穹の鷲》を落として被ダメージを2点に抑えるのだが、なおも細川は《生命力の天使》を送り出す。ライフは細川13点 対 吉野7点。

 盤面だけなら《フェアリーの悪党》《フェアリーの悪党》《フェアリーの悪党》《生命力の天使》で飛行5点クロックしかないため、吉野は意を決してフルアタック、さらに戦闘後に《不動の哨兵》を送り出すのだが。

 細川が公開したのは、2枚目の《鼓舞する隊長》!

吉野「誘発スタック……投了です」

吉野 0-1 細川


細川「オレの《忠実なペガサス》、そこにいたかー……M20環境何もわからんからタキニキ (瀧村 和幸) に聞いたら『青白決め打て』って言われて、パック空けたら《天穹の鷲がいたんだよね」

吉野「くそ、この決め打ち太郎が……! おかげでサイドでゴミがいっぱい抜ける……」

細川「《忠実なペガサス》が《フェアリーの悪党》と相打ちしたら泣いちゃうだろうからねw」

吉野「ここはなー、勝ちたいなーゆうやんさんに。勝って3-0したいなー」

細川「いやいや、オレもミシックチャンピオンシップでは苦汁舐めたし今回は勝ちたいよ」

吉野「オレなんていつも苦汁舐めてますけど……」

細川「吉野くん、オレの中で『苦汁舐めキャラ』なんだけどw」

 話しながら、2人は目まぐるしい勢いでメインとサイドのカードを入れ替えていく。

 リミテッドであろうと、いやリミテッドだからこそ、相手の速度や戦略に合わせたサイドボードができるのは強者の証だ。


ゲーム2

 吉野の《平穏な入り江》セットに対し「青白に変えた……?」と訝る細川だが、まずは再び《フェアリーの悪党》スタート。

吉野「クソ萎える……」

細川「あとで何枚入ってるか教えてあげるよw」

 《群れる猛犬》に対しては《祖先の刃》を合わせる細川だが、返すターンに吉野が送り出した絞首された処刑人に対しては、この試合初めて少し嫌そうな表情を見せる。

細川「そいつはマジでつえーな……」

 それでも《フェアリーの悪党》と兵士・トークンをレッドゾーンに送り出すと、《フェアリーの悪党》がスピリット・トークンが相打ちとなり、戦闘後に《グリフィンの歩哨》を立ててターンを返す。


吉野 高平

 一方吉野は《群れる猛犬》で攻撃後に《不動の哨兵》。さらに続くターン、細川が《祖先の刃》を付け替えて攻撃したのみでターンを終えたのに対し、青白というカラーリングに対して強いシステムクリーチャーである《ゴブリンの密輸人》を展開して攻勢を継続する。

 細川もターンエンド前に《幽体の船乗り》を送り出すが、このままでは先に殴りきられてしまうため、《抽象からの抽出》で解答を探しにいく。

 だが、吉野は2体目の《ゴブリンの密輸人》を展開して、細川のライフを残り11点まで追い詰める。

 これに対し、細川も《幽体の船乗り》と《グリフィンの歩哨》とで殴り返しつつの《夜明けの天使》で、ダメージレースの逆転を目論むのだが。

 ここで吉野の《チャンドラの憤慨》が突き刺さる!

 守りの要だった《グリフィンの歩哨》が落ちると、2体の《ゴブリンの密輸人》も含めた全力攻撃で、《夜明けの天使》をブロックに回してもなお細川のライフは残り5点まで落ち込んでしまう。

 《フェアリーの悪党》→《平和な心》→《濠のピラニア》と一気にアクションして守りを固めようとする細川。

 だが、さらにこの局面で吉野が引き込んだのは2枚目の《チャンドラの憤慨》!

細川「負けー」

吉野 1-1 細川


吉野「頼むー勝たせてくれー」

細川「デッキパワー的にはどっちが勝ってもおかしくないと思うよ」

 だが細川のその予想に反し、3ゲーム目はかなり一方的な展開となる。


ゲーム3

 みたび《フェアリーの悪党》スタートから、2ターン目のエンド前に《幽体の船乗り》と動いた細川が3ターン目に送り出したのは、またしても天穹の鷲》!

吉野世紀のブン回りかましてるじゃないですか……(苦笑)」

 どうにかレアリティ的には対抗できる《絞首された処刑人》で返す吉野だが、2/2飛行、2/2飛行、2/3飛行という盤面を前にしては、戦力不足は否めない。

細川「止まったわ」

吉野「一個も止まってないでしょ!(怒)」

細川「止まってないわ」

 さらに、細川は吉野に絶望を突き付ける。

細川「とりあえずディグ (《時を越えた探索》) 打つか……

 なんと続く細川の4ターン目のアクションは、さらなるブン回りを保証する抽象からの抽出》!

吉野「いい加減にしてもらえません?」

細川「このカード強すぎる。メインに入ってないとは思えん」

吉野「入ってないの!?」


細川 侑也

 だが、これほど圧倒的な勝勢においても慢心しないのが、細川がシルバープロたる所以だ。

 4マナフルオープンで《絞首された処刑人》を構えた吉野に対し、細川は《フェアリーの悪党》でカードを引いてから、《フェアリーの悪党》だけでアタック。優勢を手放さないよう、幽体の船乗り》をしっかりと温存する。

 《絞首された処刑人》を起動して《天穹の鷲》こそ追放した吉野だったが、ライフでもアドバンテージでも負けている。やむなく《ゴブリンの密輸人》《群れる猛犬》と並べてクロックを作るも、細川は悠々とターンエンド前に《幽体の船乗り》の能力でさらなるカードを引きにいく始末。

吉野「意味がわからん……」

 それでも、《庇護のグリフィン》《濠のピラニア》と並べたターンを返した細川に対し、6マナにたどり着いた吉野は一縷の望みにかけ、飛行が厚い細川に対抗するべくサイドインした《太陽の伝令を送り出す!

 ……の、だが。

細川「ライフ7だよね?」

 細川が《フェアリーの悪党》→《鼓舞する隊長》と召喚すると、《庇護のグリフィン》のサイズが5/6にまでパンプアップ。脇の《フェアリーの悪党》《幽体の船乗り》も2/2になっているため、出たばかりの《太陽の伝令》は《庇護のグリフィン》をチャンプブロックせざるを得なくなってしまう。

 その結果。

吉野「無理だよー……(泣)」

細川「azasita!」

 序盤の優位を手放さなかった細川が、そのままゴールまで走りきったのだった。

吉野 1-2 細川


 試合後、細川が約束通り《フェアリーの悪党》の枚数を明かす。

細川「なんと5フェアリーw」

吉野「デッキ強すぎぃ!」

 細川、トップ8が目前に見える11勝1敗ラインで2ndドラフトへ!

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST