EVENT COVERAGE

日本選手権2018

戦略記事

2ndドラフト:中島主税、怒涛の《狂気の一咬み》3枚ピック成功!

Moriyasu Genki

 日本選手権2018、2日目がはじまった。

 8戦を終え、残る予選ラウンドはドラフト3戦とスタンダード2戦のみ。とうに半分は過ぎているが、「百里を行く者は九十を半ばとす」の諺のように、ここからが正念場だ。

 7勝1敗のプレイヤーが集まった4番卓から、古豪にして現役の強豪、中島 主税のピックを追った。下家にはSuper Sunday Series Championship 2017(リンク先は英語)優勝の齋藤 慎也が座っており、互いに激励の声をかけながら、ドラフトが始まった。

nakachika_draft2.jpg
1パック目
nakachika1-2.jpg

 開封パックでは《電光吠えのドラゴン》《闇住まいの神託者》という強烈な赤いカードが見えたが、赤白という最人気色への参入を避け、《空乗りの巡回兵》というエンドカードから青緑デッキを狙う中島。

 「積極的にやりたい色ではない」と言いつつも、「緑は空いていれば強い」との確信をもってのピックだったようだ。特に初手級とも評される《狂気の一咬み》も拾えている。

 《茨隠れの狼》2枚という緑を主体に、青と赤に渡りをつけつつ4マナ域より後ろのカードに関してはしっかりとピック出来たようだ。特に緑に関しては参入出来そうなカードは下家のプレイヤーに流していない。2パック目のピックに期待できそうだ。

2パック目

 《呼び覚ます者イザレス》と《狂気の一咬み》という強烈な2択にいきなり迫られた中島。《呼び覚ます者イザレス》自身は色を変える理由にもなるほど強いカードだが、黒に関しては1パック目で《リッチの愛撫》以外触れていない。

 かなり悩んだようだが、現行の路線を維持するため《狂気の一咬み》を優先した。

 そこからは中島の期待通り、あるいは狙い通り、青緑のオンパレード・ピックだ。デッキの主体になる《逆毛の猪》がここまで遅い巡目で拾えているため、近隣のみならず卓自体に緑を選んだものは少ないだろう。少し打点力に欠ける《短刀背のバジリスク》も《狂気の一咬み》との組み合わせで簡単に2枚コンボとなる。どちらも複数枚取れていて、実戦で組み合わされることが多くなりそうだ。

3パック目
ピックを終えて

 緑はカラーパイの都合上、カードアドバンテージが確保しにくい。それを覆す役割を持つ1枚が、《緑探しのドライアド》だ。

nakachika3-1.jpg

 3枚目の《狂気の一咬み》という甘い誘惑に何度も迷いながら、開封パックからこれをピックした。だが悩みに悩んだのに9手目でこの《狂気の一咬み》が戻ってきて、中島は驚きながらも喜びをみせていた。

 《巨大な戦慄大口》、《空乗りの巡回兵》も押し寄せた。軽いクリーチャーが若干少なそうな気配もあったが、《緑林の歩哨》もあってしっかり埋まった。

 中島「青緑を推し進めた甲斐があったね」

 2パック目、3パック目で一気に完成度を高めた中島の青緑。

 中島「2手目の《道迷い》と(《神秘の考古学者》)の2択は、ミスだったかな。アドバンテージで選んじゃったけど、《道迷い》でテンポを取ってから、というデッキを見据えるべきだったかもね」

 そして中盤(2-2)、まだ軽いクリーチャーの数がそこまで担保されていないなかで《ケンタウルスの狩猟者》よりも《樫変化》を優先した理由について聞くと、彼は以下のように答えた。

 中島「その2枚は、同じくらいの点数(評価)なんだけど。ほら、僕『イージーウィン』できるのが好きなんだよね。エンチャント戦法を的確に触ってくるカードが少なくて、強いんだよ。これは平見(友徳)君に言われて、なるほどと思って。今回のドラフトではかなり《樫変化》推しです。《匪賊の斧》は逆にちょっとテンポが悪くて。細かいクリーチャーが盤面をこじあけるために採用するのかな、っていう話を平見君や藤村(和晃)君たちがしてたみたいなんだよね。だからしっかりしたサイズのクリーチャーを取れてる今回は、(2-6のタイミングなどで)優先度を落としました」

中島 主税
日本選手権2018 2ndドラフト/(『基本セット2019』ブースタードラフト(2018年9月9日)[MO]
10 《
7 《
-土地(17)-

1 《緑探しのドライアド
1 《緑林の歩哨
1 《神秘の考古学者
1 《前兆語り
1 《至高の幻影
2 《短刀背のバジリスク
1 《ケンタウルスの狩猟者
2 《空乗りの巡回兵
1 《逆毛の猪
1 《大蜘蛛
2 《茨隠れの狼
1 《ロウクスの神託者
1 《巨大な戦慄大口
-クリーチャー(16)-
3 《狂気の一咬み
1 《幽体化
1 《野生林の鉤爪
2 《樫変化
-呪文(7)-
1 《ゴブリンの激励者
1 《縫い師への供給者
1 《悪運尽きた造反者
1 《高地の獲物
1 《稲妻牝馬
1 《石臼
1 《波濤牝馬
1 《触媒の精霊
1 《エルフの再生者
1 《空中走査器
1 《ラッパの一吹き
1 《不快な冷気
1 《ふるい分け
1 《炎の精霊
1 《溶岩の斧
1 《リッチの愛撫
1 《電光吠えのドラゴン
1 《牙の騎士
2 《隕石ゴーレム
-サイドボード(20)-

 構築を終え、テーブルから離れて話をうかがっていると、同じく構築を終えた井川 良彦、三原 槙仁が集まり、互いのデッキの評論を始めた。

井川「《狂気の一咬み》3枚! すごいね! でも《幽体化》いる?《空中走査器》、サイドなんだ。《樫変化》付ける先として優秀だからあって良いと思うけど。でも3-0しそうだね」

三原「《ロウクスの神託者》と《幽体化》はパッと見、浮いてるね。でも強そうだね」

中島「(筆者に向けて)……だそうです(笑)。いやー、みんなのアドバイスもらって、ますますデッキ強くなっちゃうな!」

 中島は明るく笑うが、自らのピックと構築に対しては明確な意図があり、また強く組めているという自信も持っていた。1-1から徹底して主張した「緑」ポジショニングの成功、と言えるデッキになったようだ。

nakachika_draft4.jpg

 中島、青緑《狂気の一咬み》デッキをたずさえて「中島主税、ここに在り」を謳う!

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
最終
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST