EVENT COVERAGE

日本選手権11

読み物

Round 11: 今井 啓(東京) vs. 高尾 翔太(長崎)

By Takamasa Sato  日本選手権予選ラウンドも、残すところあと4戦。ここからはもう一度スタンダード構築戦となる。  初日と異なり、新環境のシークレット・テクも会場内のデッキ分布も判明。  多くのプレイヤーが情報収集を終えた状態であり、初日ほどの「わからん殺し」は見込めない。  つまり、ここから勝ち上がるのは「真に強いプレイヤー」と「真に強いデッキ」だけなのだ。  既に全勝者は姿を消しているため、ここでは1敗ラインから二人のプレイヤーをご紹介する。 Round 8  今井 啓(東京、写真左)は、GCCやLMC代々木、PWCなど関東の草の根大会を行脚するプレイヤー。本人によれば、特に「GCC」によく参加しているとのこと。  初のフィーチャー・マッチとなる高尾 翔太(長崎、写真右)は、福岡の大林氏主宰の大会で腕を磨いている。関東のプレイヤーである鈴木 大輝(千葉)ともネットを通じて交流があるという。プロツアー・フィラデルフィアの参加権利も保持している実力者だ。  ここで勝てば事実上のポール・ポジション。両者、試合前から気合が入る。
Game 1
今井 啓
今井 啓
 双方マリガンなく、先手の高尾が《定業》からのゲームスタート。  対する今井は《》からの《ゴブリンの先達》でビートダウン。  わずか1ターン目にして、双方のデッキが赤単と青黒であることが判明した。  《トゲ撃ちの古老》も追加して、調子よくビートを続ける今井。  高尾は《定業》を3連打して手札を作り上げていき、3ターン目には無事、《漸増爆弾》を設置。  これを見て今井の手が止まる。それでもビートは続け、《トゲ撃ちの古老》の起動と合わせて、高尾のライフは13。  さらに《ゴブリンの手投げ弾》で《トゲ撃ちの古老》が自爆して8。  こうなると高尾としてはわずか1体の《ゴブリンの先達》に《漸増爆弾》を起動せざるを得ない。  高尾は、手札こそ《ゴブリンの先達》と《ジェイス・ベレレン》で豊富になっているものの、抱えているのはカウンターばかり。  今井の設置した《トゲ撃ちの古老》も《破滅の刃》して、ライフを守ろうとする。  次なるターン、ついに高尾は6マナ目に到達。「一回殴れば勝ち」のカード、《ワームとぐろエンジン》をプレイ。  今井は渋い表情で手札を眺め、《沸騰する小湖》を切って、ライブラリーを圧縮する。  今井は《ゴブリンの奇襲隊》を《ゴブリンの手投げ弾》して、ライフを2に追い詰めると、《》を4枚生贄に捧げての《壊滅的な召喚》。  高尾の場には《ワームとぐろエンジン》しかいないため、これがアタックしたとしても返しで削りきれる。  しかし、高尾は涼しい顔で《ワームとぐろエンジン》のアタックを敢行すると、続けて手札から《墓所のタイタン》を送り出した。 今井 0-1 高尾
Game 2
高尾 翔太
高尾 翔太
 「赤単の先手=鬼に金棒」と言われるが、今井のファーストアクションは《渋面の溶岩使い》と、少々小さい。  対する高尾は《定業》で手札を整え、1ゲーム目の再現を目指す。  今井は2ターン目に《燃え上がる憤怒の祭殿》を設置。放っておけばカウンターはすぐに致死量に達することだろう。  高尾は《渋面の溶岩使い》を《破滅の刃》で処理し、ライフ損失を防ぐ。  自らのターンに《強迫》を撃ち込むと、公開された手札は《ゴブリンの奇襲隊》《ゴブリンの手投げ弾》《四肢切断》《》。  ここから《ゴブリンの手投げ弾》を捨てさせる。これだけで事実上の5点ライフゲインである。  しかし、今井も負けていない。《燃え上がる憤怒の祭殿》をトップデッキ。  即設置すると《ゴブリンの奇襲隊》をキッカーで唱えてカウンターを増やす。  高尾はこれを《見栄え損ない》で潰し、次のターンに《真面目な身代わり》。  土地を伸ばし、「あのカード」に繋ぐ。  5ターン目。今井が何も出来ずにターンを返すと、高尾の場に「あのカード」が降臨した。
 今井の《燃え上がる憤怒の祭殿》、届かず。 今井 0-2 高尾
  • この記事をシェアする