EVENT COVERAGE

日本選手権11

読み物

Round 3: 原野 誉大(東京) vs. 諸藤 拓馬(福岡)

By Takamasa Sato  諸藤は、もはや伝説とされる世界選手権2005で、日本代表としてチームを優勝に導いた選手権王者。  対する原野はまだマジックをはじめて2年ながら、関東の草の根大会であるPWCCトップ8、The Finals 2010トップ8と順調に成績を上げている若手である。  普段は松浦宏之、武藤靖秀、大橋俊也ら友人たちと毎日スカイプで調整。この一年間、毎日ヴァラクートだけを回し続けているという。 Round 3  シャッフルしつつ出身地や交通費などの世間話をしていた二人も、試合が始まると真剣な表情に。
Game 1
諸藤 拓馬
諸藤 拓馬
 先手は諸藤。後手の原野は1マリガン。  諸藤はセット《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》。  原野のセットは《広漠なる変幻地》であることから、諸藤は同型と判断。  「ヴァラクート同士は先手が強いですよ」と一言。  2ターン目、諸藤は《新緑の地下墓地》を切って《》をセット。  《不屈の自然》《探検》《草茂る胸壁》とならぶ手札から、《不屈の自然》でやはり《》をサーチする。  原野は《カルニの心臓の探検》をプレイ。うまく土地が伸びない。  諸藤は《探検》から《草茂る胸壁》をプレイし、わずか3ターン目で6マナに到達。  原野は2枚目となる《カルニの心臓の探検》を置き、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》を置いてカウンターを溜める。  諸藤は、4ターン目《原始のタイタン》とヴァラクートらしいブン回り。 2枚の《》をサーチして、戦場にはこれで《》が4枚。  原野は土地を置き、2枚の《カルニの心臓の探検》にカウンターを溜める。  こちらの場にも《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》があるため、手札によっては諸藤のタイタンは失われる結果となる。  次なるターン、諸藤は少考。《探検》を撃って手札を整えつつ、《原始のタイタン》で攻撃。  サーチされたのは《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》と山であり、本体火力を次のターンに持ち越した。  原野は「死ななかった!」と叫びつつ自分のターン。気合を入れてドロー。  息を吐きつつ、手札から二枚目となる《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》。  戦場は《》、《》2枚、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》2枚という構成となり、カウンターの乗った2枚の《カルニの心臓の探検》を起動して、《》が4枚→6枚となるところで12点。  さらに、先ほどトップデッキした《砕土》から、もう2枚の《》をサーチし、プラス12点。  まさに瞬殺。 原野 1-0 諸藤
原野 誉大
原野 誉大
Game 2
 諸藤は再び先手を選択。「負けそう」と叫びつつ1マリガン。  震える声で諸藤が置いたのは《怒り狂う山峡》。  対する原野も《怒り狂う山峡》。  しかし、諸藤は二枚目の土地がおけない。  その隙に原野は《不屈の自然》。  諸藤は3ターン目に《》を引き込み、《草茂る胸壁》を置くものの、「先手後手が入れ替わったわ」と一言。  原野は《水蓮のコブラ》からの《耕作》で一気に加速。  諸藤も《耕作》するが、完全に追いついていない。  次のターン、原野は《原始のタイタン》に辿りつき、《砕土》までプレイ。  これで《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》が誘発し、諸藤の《草茂る胸壁》を焼きつつ諸藤に6点を叩きこむ。  諸藤、何もできず。 原野 2-0 諸藤
  • この記事をシェアする