EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2018(スタンダード)

戦略記事

デッキテク:岡田 尚也の「かだしスペシャル」(グリクシス・ドレイク)

Moriyasu Genki

 『ラヴニカのギルド』発売以降のスタンダードはショックランドが5種類のみしか再録されていない都合上、ゴルガリ(緑黒)・ボロス(赤白)・イゼット(青赤)・セレズニア(緑白)・ディミーア(青黒)を軸にしたデッキの数が多い。

 今回のグランプリ・静岡2018においても特にゴルガリ・ミッドレンジとイゼット・ドレイクのふたつは支配的ともいえる使用率のようだ。

 そのなかでデッキビルダー・岡田 尚也は、イゼット・ドレイクをチューンナップすることでアレンジの域を超えたオリジナル・デッキを持ち込んだ。

岡田 尚也
グランプリ・静岡2018(スタンダード) (2018年12月1日〜12月2日)[MO]
4 《
4 《蒸気孔
4 《硫黄の滝
3 《竜髑髏の山頂
3 《湿った墓
2 《水没した地下墓地
2 《
-土地(22)-

4 《奇怪なドレイク
3 《弾けるドレイク
2 《人質取り
-クリーチャー(9)-
4 《発見+発散
4 《潜水
4 《選択
3 《強迫
3 《ショック
4 《航路の作成
2 《溶岩コイル
2 《アズカンタの探索
1 《喪心
1 《標の稲妻
1 《模写
-呪文(29)-
1 《強迫
2 《渇望の時
2 《思考消去
1 《魔術遠眼鏡
2 《焦熱の連続砲撃
1 《標の稲妻
1 《幻惑の旋律
1 《人質取り
2 《最古再誕
2 《パルン、ニヴ=ミゼット
-サイドボード(15)-

岡田「ドレイクを1匹残すことが一番だと思いました」

 デッキ最大の勝ち筋をより強調するため、岡田はその目的を果たすための構築をしたという。

 スタンダードを象徴する2種類のドレイクを生き残らせるために岡田が選んだ手段は、青赤黒(グリクシス・カラー)への3色化だった。

 命名「かだしスペシャル」。(かだしは岡田のハンドルネーム)

 岡田は採用カードの理由を以下のように語る。

岡田「やはり《強迫》、ですね。すごく効く相手と、ほどほどに効く相手しかいないのでメインで良いだろうと思って」

 黒を採用した一番の理由は、やはり手札破壊カードの存在が大きいと話す。メインに《強迫》、サイドボードにも《思考消去》を採用しており、ドレイクを着地させる前に除去を弾き落とせれば、ドレイクが生き残る確率はより高まるというものだ。

岡田「中途半端にライフを削っても勝てないのでフェニックス(《弧光のフェニックス》)は採用していません」

 膨大なパワーを誇るドレイクのパンチで勝つ。勝ち筋はハッキリ、そこだ。

 メインで採用しているクリーチャーは他に《人質取り》もいるが、これは勝ち筋というより除去枠としての採用だ。

岡田「《発散》も撃ちやすいですね。逆に普通のイゼット・スペル(《弧光のフェニックス》採用型)に入っていて採用してないカードとしては、《急進思想》ですね。《弧光のフェニックス》がないので1ターン中のスペル・カウントや再活の利用の必要性がそこまで高くないです。普通に使う分には4マナ使って1枚捨てて2ドローですしね」

岡田「サイドプランとして《最古再誕》と《パルン、ニヴ=ミゼット》っていう違うゲーム展開に出来るのも良いところです。イゼット・スペルの《溶岩コイル》などにドレイクが弱いので、コンセプトを変えられるカードは強いですね」

 《最古再誕》は《発散》、《思考消去》とあわせてゴルガリの《殺戮の暴君》を対処できるカードだ。

 このようにイゼット・ドレイクと双璧をなすゴルガリ・ミッドレンジにもしっかりと対策を講じてきたが……

岡田「《殺戮の暴君》はやっぱり負け筋ですね。対応できるカードはあっても、《強迫》を合わせられたり、横並びと合わせられたりで負けます。赤単、白単系にはトントンというイメージですね。サイドは《焦熱の連続砲撃》がありますし。メインは、ドレイクのタフ4が硬いので序盤におけるかどうかというところが結構あります。ドレイクを《模写》して、片方をアタッカーにするような展開ですね」

 《模写》は、タフネス4のドレイクを落とせるインスタント・呪文が少ないことに着目し採用されているカードだ。

 《ヴラスカの侮辱》などを擁するゴルガリには使いづらい部分もあるようだが、全体として使い勝手が良いと岡田は話す。これによりこのデッキは、「ドレイクを1匹残す」というコンセプトにおいて《強迫》による手札破壊、《潜水》による呪禁付与とは別の、コピートークンの生成という第三の手法を身につけたのだ。

 岡田 尚也の「かだしスペシャル」(グリクシス・ドレイク)。三色にして三つの爪で相手を奇襲する、新たなドレイク・デッキの登場だ。

okada1.jpg
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST