EVENT COVERAGE

グランプリ・北京2016

観戦記事

準決勝:Gao Zhen Xing(中国) vs. 菅谷 裕信(千葉)

By Masashi Koyama

 疲れは時にミスを生む。

 準々決勝でプラチナ・プロの山本賢太郎を下し勝ち上がってきたガオ・ゼン=ジン/Gao Zhen Xingは決勝ドラフトのデッキ登録ミスが発覚し、第1ゲームを落とした状態でこの準決勝に臨むこととなってしまった。

 過酷な2日間15ラウンドを戦い抜いてきたガオを誰が責めることができるだろうか。

 だが、ミスはミス。ガオはこの準決勝で強力なデッキを操る菅谷を相手に2ゲームを連取しなければ決勝へと進むことができない。

 一方、思わぬ形で有利を得た菅谷だが、その眼には微塵も油断の気が感じられず、手負いの虎と相対するかのごとく気合を充満させている。それはそうだ。1つゲームを取られてしまえばすぐに五分。むしろガオに流れを渡しての最終ゲームは避けたいに違いない。

 ガオにとっては窮地の、菅谷にとっては勝負の一本が始まった。


ガオ(写真左)vs菅谷(同右)は気合充分に準決勝を開始した
ゲーム2

 菅谷が《腐臭ネズミ》《血狂いの吸血鬼》《ヴォルダーレンの決闘者》と軽快なビートダウンを見せる序盤。

sf_battlefield.jpg

 一方のガオは《ナッターノールズの隠遁者》《裏道の急使》と並べ防御網を構築しつつ《剛胆な補給兵》でダメージレースを挑むが、菅谷は《ステンシア仮面舞踏会》を置いて攻勢を続け、《血狂いの吸血鬼》が巨大に成長していく。

 ガオは《ナッターノールズの隠遁者》を《ナッターノールズの一匹狼》へと変身させ、《裏道の急使》とダブルブロック。ライフはすでに一桁まで削られてしまったものの、《裏道の急使》に《未知との対決》をプレイすることで、7/4まで膨れ上がった《血狂いの吸血鬼》を何とか処理することに成功する。

 さらに《枝細工の魔女》をチャンプブロックに使い昂揚を達成すると、《倒し霊》で菅谷の追加戦力である《グール馬》を何とか押し止める。

 だが、ガオはあまりにライフを削られすぎていた。これまでブロッカーとしてガオのクリーチャーに立ちはだかっていた《腐臭ネズミ》が攻撃に向かい、1点ずつガオのライフを削り始める。

 5、4、3。まだ解答策は見つからない。2、1......。

 ガオは祈るようにラストターンのドローを見る......と同時に手札を広げ、この瞬間、菅谷のグランプリ決勝進出が決まったのだった。

ガオ 0-2 菅谷

菅谷 裕信 決勝戦進出!!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST