EVENT COVERAGE

2020プレイヤーズツアーファイナル

戦略記事

2020プレイヤーズツアーファイナル 2日目メタゲームブレイクダウン

Corbin Hosler

2020年7月26日

 

 145名で始まった「2020プレイヤーズツアーファイナル」初日の戦いが終わり、74名が2日目進出を果たした。「ティムール再生」の絶対的な支配の中で行われた7回戦を経て、2日目のメタゲームの様相はどのように変化したのか?

 初日から2日目にかけての変化を見ていこう。

Players_Tour_Finals_Metagame_Day_Two.jpg
アーキタイプ 初日使用者数 初日使用率 2日目使用者数 2日目使用率 進出率
ティムール再生 57 39.3% 29 39.2% 50.9%
4色再生 22 15.2% 16 21.6% 72.7%
バント・ランプ 17 11.7% 9 12.2% 52.9%
緑単アグロ 9 6.2% 3 4.1% 33.3%
白単アグロ 8 5.5% 4 5.4% 50.0%
ジャンド・サクリファイス 7 4.8% 3 4.1% 42.9%
ラクドス・サクリファイス 6 4.1% 2 2.7% 33.3%
アゾリウス・コントロール 3 2.1% 2 2.7% 66.7%
エスパー・ミッドレンジ 3 2.1% 1 1.4% 33.3%
赤単アグロ 2 1.4% 0 0.0% 0.0%
スゥルタイ・ランプ 2 1.4% 1 1.4% 50.0%
その他 9 6.2% 4 5.4% 44.4%

 特筆すべきは以下の点だ。

  • ハイレベルな舞台では、大きな変化は起こらなかった。緑や赤のアグロ・デッキを除き、2日目の環境は初日の数字とかなり似通っている。
  • 荒野の再生》の支配は続くが、少々予想と異なる部分もありそうだ。初日に最も成功したアーキタイプは、73%もの進出率を記録した「4色再生」だった。
  • 「サクリファイス」系は全体的に不調だった。プレイヤーたちは《魔女のかまど》と《大釜の使い魔》に備えていたのだ。
  • 「白単アグロ」が、現環境のアグロ戦略における筆頭の座を緑単や赤単から奪った。緑単と赤単が苦戦する一方で、白単は使用者8名中4名を2日目へ送り出している。
  • ローグ・デッキも渡り合える可能性を見せた。「再生」デッキに支配された環境でも、完全にメタ外のデッキで活躍したプレイヤーがいる。

同系戦への意識

 世界最高の《荒野の再生》使いが一堂に会した舞台で、「同系戦を制する者は誰か」という話題に行き着くのは当然のことだろう。初日の7回戦を終えて明らかになったのは、白をタッチして《時を解す者、テフェリー》や《ドビンの拒否権》のようなカードを採用できるようになった「4色再生」の優位性だった。

 2日目進出率73%という数字は、全体の半数ほどしか進出できない大会においてとりわけ目を引く。一方、「ティムール再生」の方はまさにその「半数ほど」が進出し、2日目も使用率39%を維持している。

Kristof Prinz - 「4色再生」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
1 《
2 《
1 《
1 《平地》 2 《繁殖池
2 《踏み鳴らされる地
4 《寺院の庭
2 《神聖なる泉
4 《寓話の小道
4 《ケトリアのトライオーム
4 《ラウグリンのトライオーム
2 《ヴァントレス城
-土地(29)-

3 《自然の怒りのタイタン、ウーロ
2 《厚かましい借り手
1 《帰還した王、ケンリス
-クリーチャー(6)-
4 《成長のらせん
1 《霊気の疾風
1 《ドビンの拒否権
1 《否認
1 《焦熱の竜火
3 《神秘の論争
4 《荒野の再生
4 《サメ台風
3 《発展+発破
3 《時を解す者、テフェリー
-呪文(25)-
2 《幽体の船乗り
1 《自然の怒りのタイタン、ウーロ
2 《帰還した王、ケンリス
2 《ドビンの拒否権
2 《ガラスの棺
2 《裁きの一撃
1 《霊気の疾風
1 《轟音のクラリオン
2 《陽光の輝き
-サイドボード(15)-

生皮収集家》が減り、《追われる証人》が増える?

 『基本セット2021』は、白単色のクリーチャー・デッキを好むプレイヤーにとって実に嬉しいセットだった。《無私の救助犬》、《歴戦の神聖刃》、《栄光の頌歌》が加わったことで、この伝統的なアーキタイプが一気に成立したのだ。「白単アグロ」は全体除去にも極めて強く、《栄光の頌歌》や《敬慕されるロクソドン》、《不敗の陣形》による全体強化でクリーチャーのサイズも素早く上がる。

 このデッキは使用者の半数を2日目へ送り出した。「緑単アグロ」も「赤単アグロ」も上回る結果だ。

Mike Sigrist - 「白単アグロ」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
17 《平地
4 《アーデンベイル城
-土地(21)-

4 《駐屯地の猫
4 《巨人落とし
4 《追われる証人
4 《石とぐろの海蛇
2 《無私の救助犬
4 《歴戦の神聖刃
2 《徴税人
4 《敬慕されるロクソドン
-クリーチャー(28)-
4 《急報
4 《栄光の頌歌
3 《不敗の陣形
-呪文(11)-
2 《徴税人
3 《一心同体
3 《敬虔な命令
2 《ガラスの棺
1 《不敗の陣形
4 《黒き剣のギデオン
-サイドボード(15)-

速さか大きさか

 ハイレベルな舞台において、スタンダードは2つの陣営に分かれている。1つは、手段はさまざまだが可能な限り早く対戦相手を倒すことを狙う「アグロ」。もう1つは、《荒野の再生》や《成長のらせん》、《世界を揺るがす者、ニッサ》などといったマナ加速手段を用いて、早い段階で強大な脅威を繰り出す「ビッグマナ」だ。

 その視点で見ると、「ジャンド・サクリファイス」と「ラクドス・サクリファイス」のようなミッドレンジ・デッキは比較的苦戦していると言えるだろう。「ジャンド・サクリファイス」は《ボーラスの城塞》を切り札に据えて環境に食らいつこうと試みたが、「サクリファイス」系を選択した13名のうち、2日目へ進出できたのは5名に留まった。

Christoffer Larsen - 「ジャンド・サクリファイス」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
3 《
3 《
1 《
4 《草むした墓
4 《血の墓所
4 《踏み鳴らされる地
1 《ロークスワイン城
4 《寓話の小道
-土地(24)-

4 《大釜の使い魔
4 《金のガチョウ
3 《忘れられた神々の僧侶
4 《波乱の悪魔
4 《悲哀の徘徊者
3 《真面目な身代わり
2 《フェイに呪われた王、コルヴォルド
-クリーチャー(24)-
4 《魔女のかまど
2 《初子さらい
4 《パンくずの道標
2 《ボーラスの城塞
-呪文(12)-
2 《初子さらい
1 《強迫
4 《苦悶の悔恨
2 《溶岩コイル
2 《害悪な掌握
2 《自然への回帰
1 《燃えがら蔦
1 《ボーラスの城塞
-サイドボード(15)-

 ランプ戦略の急先鋒たる「バント・ランプ」は平均的な成績を収め、使用率をわずかに上げた。「アゾリウス・コントロール」もまた、5勝2敗で初日を切り抜けた殿堂顕彰者ラファエル・レヴィ/Raphael Levyをはじめ、使用者3名中2名が2日目へ進出している。しかし同じくフランスが誇るスーパースターであり(コントロール使いとして有名な)殿堂顕彰者であるガブリエル・ナシフ/Gabriel Nassifは、初日の早い段階で敗退してしまった。これには、世界中のコントロール・ファンがため息を漏らしたことだろう。

Raphael Levy - 「アゾリウス・コントロール」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
9 《
7 《平地
4 《神聖なる泉
4 《啓蒙の神殿
2 《ラウグリンのトライオーム
2 《ヴァントレス城
1 《アーデンベイル城
2 《廃墟の地
4 《寓話の小道
-土地(35)-

2 《太陽の恵みの執政官
2 《空を放浪するもの、ヨーリオン
-クリーチャー(4)-
4 《海の神のお告げ
3 《ガラスの棺
3 《メレティス誕生
4 《ドビンの拒否権
2 《霊気の疾風
2 《神秘の論争
2 《太陽の神のお告げ
2 《意味の渇望
3 《空の粉砕
4 《エルズペス、死に打ち勝つ
4 《サメ台風
4 《覆いを割く者、ナーセット
4 《時を解す者、テフェリー
-呪文(41)-
1 《空を放浪するもの、ヨーリオン
-相棒(1)-

1 《巨人落とし
1 《幽体の船乗り
1 《厚かましい借り手
1 《太陽の恵みの執政官
1 《空を放浪するもの、ヨーリオン
2 《空の縛め
2 《霊気の疾風
1 《軽蔑的な一撃
1 《ガラスの棺
1 《ナーセットの逆転
1 《空の粉砕
1 《終局の始まり》 1 《ヘリオッドの介入
-サイドボード(14)-

「その他」の活躍

 普段注目されにくい「その他」のカテゴリーには、確立されたメタゲームのどこにも属さない一風変わったデッキや使用者1名の「専用機」などが含まれる。倒すべき上位デッキが明確な「2020プレイヤーズツアーファイナル」では、ローグ・デッキを手に成功を収めたプレイヤーも見受けられた。

 何といってもまずは、マイケル・ジェイコブ/Michael Jacobの名を挙げなくてはならないだろう。彼は今大会で唯一《軍団のまとめ役、ウィノータ》を使い、6勝1敗で初日を突破したのだ。配信者として長年活動している彼はリスクを恐れず今大会に挑み、その姿勢は大いに報われたのだった。

Michael Jacob - 「マルドゥ・ウィノータ」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
1 《
2 《平地
1 《
4 《聖なる鋳造所
1 《凱旋の神殿
4 《血の墓所
4 《神無き祭殿
1 《静寂の神殿
4 《サヴァイのトライオーム
1 《エンバレス城
2 《寓話の小道
-土地(25)-

4 《無私の救助犬
1 《漆黒軍の騎士
3 《帆凧の掠め盗り
3 《ラゾテプの肉裂き
1 《将軍の執行官
3 《災いの歌姫、ジュディス
3 《悲哀の徘徊者
1 《軍勢の切先、タージク
4 《バスリの副官
4 《軍団のまとめ役、ウィノータ
4 《敬慕されるロクソドン
-クリーチャー(31)-
4 《急報
-呪文(4)-
1 《湧き出る源、ジェガンサ
-相棒(1)-

1 《巨人落とし
2 《荒廃甲虫
1 《帆凧の掠め盗り
1 《将軍の執行官
2 《軍勢の戦親分
1 《ドラニスのクードロ将軍
1 《帰還した王、ケンリス
2 《敬虔な命令
1 《灯の燼滅
1 《取り除き
1 《害悪な掌握
-サイドボード(14)-

 もう少しコンボ寄りでないビートダウン・デッキはないかって? それなら、「黒単アグロ」で2日目進出を決めた熊谷 陸のデッキをご紹介しよう。

熊谷 陸 - 「黒単アグロ」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
19 《
4 《ロークスワイン城
2 《総動員地区
-土地(25)-

4 《どぶ骨
4 《漆黒軍の騎士
4 《帆凧の掠め盗り
2 《黒槍の模範
2 《死より選ばれしティマレット
4 《狩り立てられた悪夢
1 《残忍な騎士
4 《騒乱の落とし子
3 《悪ふざけの名人、ランクル
-クリーチャー(28)-
3 《強迫
4 《無情な行動
-呪文(7)-
1 《残忍な騎士
1 《悪意に満ちた者、ケアヴェク
3 《苦悶の悔恨
3 《闇の掌握
3 《害悪な掌握
4 《肉儀場の叫び
-サイドボード(15)-

 《龍神、ニコル・ボーラス》の姿もある。ボウルン・チャン/Bolun Zhangは多元宇宙の悪をも含めた「4色プレインズウォーカーズ」デッキで2日目へ歩を進めたのだ。

Bolun Zhang - 「4色プレインズウォーカーズ」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
4 《神聖なる泉
4 《神無き祭殿
2 《静寂の神殿
4 《湿った墓
4 《欺瞞の神殿
1 《血の墓所
2 《サヴァイのトライオーム
1 《ラウグリンのトライオーム
4 《次元間の標
-土地(26)-

4 《半真実の神託者、アトリス
-クリーチャー(4)-
2 《強迫
3 《思考消去
1 《取り除き
1 《無情な行動
1 《古呪
2 《肉儀場の叫び
2 《煤の儀式
1 《絶滅の契機
4 《エルズペス、死に打ち勝つ
4 《覆いを割く者、ナーセット
4 《時を解す者、テフェリー
4 《龍神、ニコル・ボーラス
1 《戦慄衆の将軍、リリアナ
-呪文(30)-
2 《悪斬の天使
2 《強迫
2 《取り除き
2 《害悪な掌握
1 《霊気の疾風
1 《苦悶の悔恨
1 《無情な行動
2 《肉儀場の叫び
2 《絶滅の契機
-サイドボード(15)-

 そしてもちろん、マジック・プロリーグ選手の行弘 賢も、彼の理想とする「誰も見たことのないデッキで勝つ」ことを実現して2日目へ進出した。まさか《朽ちゆくレギサウルス》と《時を解す者、テフェリー》を1つのデッキにまとめ上げるとは……まさに行弘の真骨頂と言えるだろう

 行弘と「エスパー・ミッドレンジ」の活躍については、「初日の注目の出来事」記事もご覧いただきたい。

行弘 賢 - 「エスパー・ミッドレンジ」
2020プレイヤーズツアーファイナル / スタンダード (2020年7月25~26日、8月1日)[MO] [ARENA]
2 《平地
2 《
1 《
4 《神聖なる泉
2 《啓蒙の神殿
4 《神無き祭殿
1 《静寂の神殿
4 《湿った墓
1 《欺瞞の神殿
4 《寓話の小道
-土地(25)-

4 《歴戦の神聖刃
4 《徴税人
4 《厚かましい借り手
4 《朽ちゆくレギサウルス
2 《エイスリオスの番犬、クノロス
4 《予見のスフィンクス
-クリーチャー(22)-
2 《霊気の疾風
2 《ドビンの拒否権
1 《不吉な戦術
4 《神秘の論争
4 《時を解す者、テフェリー
-呪文(13)-
2 《巨人落とし
2 《軍団の最期
1 《霊気の疾風
1 《不吉な戦術
1 《ドビンの拒否権
1 《害悪な掌握
3 《赦免のアルコン
2 《絶滅の契機
2 《オルゾフの簒奪者、ケイヤ
-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
最終
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST