READING

広報室

週刊マジックニュース

2018年4月11日号

小山 和志(WotCコンテンツ・スペシャリスト)

 皆さんこんにちは! 先週末はレガシーとスタンダードによるダブルグランプリ、グランプリ・シアトル2018が開催されました! 日本からも多くのプレイヤーが参加した本グランプリの結果を中心に、今週のマジックニュースをお伝えします。



シアトルでレガシー&スタンダードのダブルグランプリが開催! グランプリ・シアトル2018(レガシー)を制したのはダニエル・ドゥテルテ選手!

 先週はアメリカ合衆国、ワシントン州シアトルでレガシーとスタンダードのダブルグランプリが開催されました! 4日間に渡って行われた両グランプリにはなんと3000人以上ものプレイヤーが参加しました!

 前半戦のレガシー(※リンク先は英語)ではサム・ブラック選手、スティーブ・ルービン選手、ジェレミー・デザーニ選手といったそうそうたるプロプレイヤーたちがトップ8に名を連ねました。

 そんな過酷な決勝ラウンドを勝ち抜いたのは準決勝でサム・ブラック選手を、決勝戦でジェレミー・デザーニ選手を下した地元シアトルのダニエル・ドゥテルテ選手でした!

gpsea18-legacy-trophy.jpg
グランプリ・シアトル2018(レガシー)優勝 ダニエル・ドゥテルテ/Daniel Duterte選手

 環境大本命の「グリクシス・デルバー」を手に強豪たちを打ち破りグランプリ王者まで上りつめました。おめでとうございます!


一方のスタンダードは歴史的な決勝戦に…!?

 グランプリ・シアトル2018(スタンダード)の決勝戦は歴史的なものになりました。予選ラウンドを15戦全勝で終え、前人未到の完全優勝を目指す中国のガン・ヤン選手と、15歳の若さでグランプリ決勝戦まで駆け上がってきたアメリカのグレイソン・ロバーツ選手が相まみえることとなったのです。

 最終ゲームまでもつれ込む熱戦は「赤単アグロ」で攻め切ったガン・ヤン選手が勝利をおさめ、18戦全勝 での優勝という快挙を成し遂げました!

gpsea18-standard-trophy.jpg
グランプリ・シアトル2018(レガシー)優勝 ガン・ヤン選手

 最近、リウ・ユーチェン選手を筆頭として活躍が著しい中国のプレイヤーがグランプリの歴史に名を刻むこととなりました。


「青赤王神」デッキがグランプリ・シアトル2018(スタンダード)を席巻!

 優勝こそ逃したものの、グランプリ・シアトル2018(スタンダード)では「青赤王神」デッキが目覚ましい活躍を見せました。

Grayson Roberts - 「青赤王神」
グランプリ・シアトル2018(スタンダード) 準優勝 / スタンダード (2018年4月7~8日)[MO]
5 《
3 《
4 《尖塔断の運河
4 《霊気拠点
4 《イプヌの細流
2 《廃墟の地
-土地(22)-

4 《ボーマットの急使
4 《狂信的扇動者
4 《査問長官
4 《戦凧の匪賊
4 《機知の勇者
4 《戦闘の祝賀者
2 《戦利品の魔道士
2 《多面相の侍臣
4 《歩行バリスタ
-クリーチャー(32)-
4 《来世への門
2 《王神の贈り物
-呪文(6)-
2 《発明の領事、パディーム
3 《沈黙の墓石
2 《呪文貫き
3 《削剥
2 《否認
1 《ジェイスの敗北
2 《焼けつく双陽
-サイドボード(15)-

 《戦闘の祝賀者》により戦闘を繰り返し行うギミックが搭載されておりプレイが非常に難しそうなデッキですが、本イベントではトップ8に3名を送り込んでいます。スタンダードに突如として現れた新デッキは今後流行するのでしょうか。4月27日(金)には新セット『ドミナリア』も発売され、スタンダードの変化からは目が離せない状況ですね!


『ドミナリア』情報が続々登場!

ja_mtgdom_logo.png

 『ドミナリア』発売まであと2週間ほどとなり、続々と新たなカードが発表されています!

 『ドミナリア』カードイメージギャラリーでは日々収録カード情報が更新されていますので、ぜひご覧ください!


「ユース アンバサダー プログラム」第2期募集スタート!

yap_info.jpg

 マジックを通して国際交流する次世代プレイヤーを育成支援する「ユース アンバサダー プログラム」の第2期生募集が始まりました!

 10歳~18歳を対象とし、応募締め切りは5月6日(日) 23:59となっています。以下の特設サイトより応募いただけますので、ぜひご覧ください!

 

今週のイベント情報

マジック25周年記念プロツアー予備予選(PPTQ)
スタンダード・ショーダウン

 今週のスタンダード・ショーダウン開催はありません。

 

 それでは、今週もよいマジックライフを!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER