READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

『エルドレインの王権』環境のデッキ案:クッキーと狩人と(新スタンダード)

岩SHOW

 『エルドレインの王権』がMTGアリーナでリリース! そして今日からプレリリース! ということで今回もエルドレインの新カード・新メカニズムをふんだんに用いたデッキ案を紹介しよう。

 前回はエルドレインの主要部族である騎士に焦点を当てたデッキ作りに挑戦してみた。今回はマジック史上初の登場となった、あのトークンを用いたデッキを作ってみたぞ!

 早速リストを見ていただこう。

岩SHOW - 「スゥルタイ・キッチン」
スタンダード (『ラヴニカのギルド』~『エルドレインの王権』)[MO]
3 《
2 《
4 《草むした墓
3 《疾病の神殿
4 《繁殖池
2 《神秘の神殿
4 《湿った墓
2 《お菓子の小屋

-土地(24)-

4 《大釜の使い魔
4 《金のガチョウ
4 《楽園のドルイド
4 《抜け目ない狩人
2 《意地悪な狼
3 《貪るトロールの王

-クリーチャー(21)-
3 《魔女のかまど
1 《黄金の卵
4 《巨大な好機
2 《パイ包み
3 《王冠泥棒、オーコ
2 《呪われた狩人、ガラク

-呪文(15)-
2 《見栄え損ない
3 《死霊の金切り声
1 《雉狩り
2 《暗殺者の戦利品
2 《魔女の復讐
2 《漂流自我
2 《欲深い衝動
1 《死の味

-サイドボード(15)-

 新タイプである食物に関するカードを集めた青黒緑の3色デッキ、個人的には「スゥルタイ・キッチン」とでも呼びたい中速デッキだ!

 食物に関するカードはどれも魅力的だが、個人的に大いに注目しているカードは《大釜の使い魔》。

 1マナ1/1と最小クラスのクリーチャーだが、食物を生け贄に捧げると墓地から戦場に戻ってくる。マナを必要とせずに墓地から出てくるクリーチャーってのはそれだけ魅力的なものだ。

 さらに、これと組み合わせることでその真価を発揮しそうなのが《魔女のかまど》。

 使い魔を生け贄に捧げて食物・トークンを得て、その食物を生け贄に捧げて使い魔が出て……と、何度も戦場と墓地を往復させることができる。相手の攻撃を使い魔でブロックして生け贄&復活、これを繰り返しているだけでライフは守れるし、かつ使い魔の能力で1点ずつちびちびライフを吸っていけるので攻めと守りを同時にこなしてくれる……強くね?と思って組んでみたデッキだ。

 他にも食物とシナジーを形成するカードを多数採用している。《巨大な好機》で7/7の巨人を呼び出して一気に勝負を決めたり、《抜け目ない狩人》でドローしたり、《意地悪な狼》を破壊不能にしたり、《貪るトロールの王》を何度も戻したり……

 これらのパワフルな食物アクションを起こすために、毎ターン食料を供給してくれる《王冠泥棒、オーコ》を使おう。

 これのために青が足されているが、この3色であれば2色土地のバリエーションも多いし、《金のガチョウ》《楽園のドルイド》も使えるし大丈夫だろう。

 サイドボードには『エルドレインの王権』からの新製品であるブロールデッキ「狂暴な狩人/Savage Hunter」に収録されている《死の味》を採用してみた。

 全体クリーチャー除去の一種であり、食物・トークンを3つも得ることができる。こっちの使い魔やトロールは墓地から帰ってくるのでノーリスク! ブロールデッキには他にも面白いカードが収録されているので要チェックだ!

 上記のリストには色も合うので《呪われた狩人、ガラク》を採用してみた。

 食物とは関係のないカードだが、狼をじゃんじゃん呼び出し、除去も任せろと言わんばかりのパワーカードとして活躍してくれることだろう。何より僕はガラクというキャラクターが大好きなので、エルドレインで彼を捕らえて従えているオーコと共演するデッキを作りたかったというのもある。

 このガラクを主役としたデッキも考えてみたので、良かったら見ていって頂戴!

岩SHOW - 「アブザン・レジェンズ」
スタンダード (『ラヴニカのギルド』~『エルドレインの王権』)[MO]
1 《平地
1 《
1 《
4 《神無き祭殿
4 《静寂の神殿
4 《寺院の庭
4 《草むした墓
4 《疾病の神殿
2 《寓話の小道

-土地(25)-

4 《隠された手、ケシス
4 《探索する獣
2 《悪ふざけの名人、ランクル
1 《帰還した王、ケンリス
1 《厳格な者、コンラッド卿
2 《不和のトロスターニ
4 《狼の友、トルシミール

-クリーチャー(18)-
4 《むかしむかし
4 《ケイヤの誓い
2 《グレートヘンジ
2 《ゴルガリの女王、ヴラスカ
1 《群れの声、アーリン
4 《呪われた狩人、ガラク

-呪文(17)-
2 《残忍な騎士
2 《虐殺少女
1 《王国まといの巨人
3 《石とぐろの海蛇
2 《自然への回帰
1 《魔術遠眼鏡
1 《魔女の復讐
2 《夢を引き裂く者、アショク
1 《人知を超えるもの、ウギン

-サイドボード(15)-

 アブザン(白黒緑)の伝説・狼デッキだ。

 《狼の友、トルシミール》がいる状態で《呪われた狩人、ガラク》で狼・トークンを2体出すと、これらが相手のクリーチャーと格闘し、6点回復して、狼が死亡すればガラクの忠誠度もモリモリ上がって[-6]能力起動もイージーに……

 という夢のブン回りを狙った、僕の貪欲さを形にしたデッキだ。

 トルシミールもガラクも伝説のカードなので、色の合う《隠された手、ケシス》を採用してこの動きをより早いターンに決めることを狙ってみた。

 その他にも《探索する獣》《悪ふざけの名人、ランクル》などの新しい伝説のカードを採用し、これらのパワーを味わってみたいなと。

 ゲーム終盤はあらゆるカードをケシスで使いまわせるので、アドバンテージ勝負に持ち込めばこっちのもんだ。

 このデッキも3色にしては神殿サイクルが2種類使えると恵まれているのだが、それでも少々都合の良いドローに恵まれなければ円滑に回らない可能性がある。それにケシスというキーカードも引き込みたい……ので、《むかしむかし》を採用してみた。

 1ターン目に0マナで唱えられるか、ドキドキしながら初手を確認したいね。クリーチャー or 土地サーチでありながら、《虐殺少女》《王国まといの巨人》といった全体除去を見つけられる点もGood。

 ちょっと前のスタンダードとは全く違ったデッキを組める、これぞローテーション後の構築の醍醐味! マジックで一番楽しい期間だと思うね。とにかくあらゆるカードを試してみて、その可能性を追求してほしい。新しいスタンダードの主役となるデッキ、その手で作っちゃおうぜ!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER