READING

読み物

ガフ提督の「ためになる」今日の1枚

テヴェシュ・ザットのオールナイトヤバナリア! 今日の1枚:トーラックへの賛歌

浅原 晃
tevesh_banner.png

「Ssssssssssssssillence!」 待たせたな、久しぶりのオールナイトヤバナリアだ! 今日、紹介するのは1994年の11月15日に発売された『フォールン・エンパイア』だ! マジックは歴史と伝統のゲーム、ならば、この25年前のヤバいセットを取り上げないわけにはいかないだろう!

 『フォールン・エンパイア』なんて全然知らねぇし、そもそも、その時に生まれてもねぇだと? しゃらくせぇ! こちとら、黒マナ吸って数千年だ! よしっ、そんなところで、今日は『フォールン・エンパイア』のヤバさをトップ3で紹介していくぜ!

 第3位! 《ゴブリンの手投げ弾》!

 1マナ5点の瞬発力! ゴブリンの価値を飛躍的に上昇させた1枚だな! だが、逆にゴブリンってやっぱりそういう役回りなんだ、ってのを定着させた1枚でもあるな! ゴブ道とは死ぬことと見つけたり……深い、いや、ゴブリンは特に何も考えてないだけだ!

 第2位! 《トーラックへの賛歌》!

 通称ヒム、最強の手札破壊と言われる1枚だ! たった、2マナで2枚の手札と交換も強いが、ランダムがヤバイ! 初手の土地が落とされようもんなら、そのまま事故って、王大人、死亡確認だ! 土地2枚落ちたわ、もう、そんなんeスポーツやん! と当時は叫ばれたものだ! 当時、eスポーツなんて言葉あったかだと? しゃらくせぇ! こちとら黒マナ吸って数千年だ!

 そして、第1位! 強いカードが大体コモン!

 《ゴブリンの手投げ弾》も《トーラックへの賛歌》もコモンだった! すぐ揃う! だって、コモンだから! つまり、プレイヤーとしては嬉しかったが、パックが作りすぎたキャベツみたいになったわけだな! しかも、キャベツと違って腐らないから、結構余り続けた! 慎重にデザインされたセットあるあるだ!

 ということで、25年前のセットを紹介してみたぜ! 《High Tide》なんて、いいカードもあるが、これもコモンだ! しかし、こうした経験を積み重ねて、反省して、今のマジックがあるというわけだ! よし、勉強になった気がするな! それじゃあ、また次回な!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER