EVENT COVERAGE

プロツアー『ラヴニカのギルド』

戦略記事

デッキテク:レインボー・リッチ

Adam Styborski
authorpic_adamstyborski.jpg

2018年11月9日

 

ミラーリ予想》、《栄光の好機》、《首謀者の収得》、《ヴラスカの侮辱》、《残骸の漂着》、そして《リッチの熟達》があなたの目の前にあるとして、あなたはプロツアーのスタンダード・ラウンドとカオス・スタンダード・シールドのどちらでプレイしているのだろうか?

 その答えは、もちろん、スタンダードだ。彼のツイッターのフォロワー以外の誰しもが驚くであろうことに、ザック・エルシク/Zac Elsikがこれを持ち込んだ。モダンのランタン・コントロールの生みの親は、クールなコントロール・デッキを愛好している。

ptgrn_elsik_dt.jpg

「コントロールが好きなんですよ。特に、フィニッシュ手段にコンボがあるようなのがね」とエルシクは言う。確かにレインボー・リッチはコントロールデッキでありながら、勝負を決めるために無限ターンを採用している。そこに至るには時間を要したが、ゴルガリ・ミッドレンジと赤単アグロに満ちた世界でついにその準備を整えたのだ。

「プロツアーに来るときに、アリ・アイントラージ/Ali Aintraziが使っていたリストを手にとったんです。何度か試してみましたが、マナ・ベースに難があるようでした」と彼は言う。「色の組み合わせを3種類ほど試してみました。大半は《彩色の灯籠》を採用しているので、なんでもプレイすることができるんです。結局は《ミラーリ予想》のためにタッチ青、《栄光の好機》のためにタッチ赤したアブザンに落ち着きました」

 このデッキは《リッチの熟達》で動き始める。強力なのは「ライフを得るとドローする」効果だけでなく、「ゲームに敗北できない」という文は《栄光の好機》を代償なき追加ターンに変える。《ミラーリ予想》は《栄光の好機》を回収して繰り返し放つ助けになり、また必要なときに必要なものを探してくることができる《首謀者の収得》は、このデッキの可能性を広げてくれる。

 コンボを決めるには時間が必要だが、幸運にもこのデッキではライフを得ることがドローを進めることと保険を得ることの両方に働くのだ。

「《活力回復》、《楽園の贈り物》、そして《ヴラスカの侮辱》はアグロデッキからの圧力を軽減することができます」と彼は言う。「対戦相手はより多く戦場に展開する必要に駆られますが、今度は全体除去の餌食になります。《発見+発散》も良い働きをしてくれます。《発見》の方が素晴らしく、コンボ・コントロールとしてカードを探す助けになるだけでなく、《リッチの熟達》があるときは墓地にカードを置くことが『ライフを得る』ことになりますからね」

 ライフがメモ帳の上の数字から、手札や戦場、墓地にあるカードの枚数に切り替わると、カードの持つ意味も同時に変わってくるのだ。

 『ラヴニカのギルド』に収録された2色土地の《聖なる鋳造所》と《草むした墓》を指してエルシクは言う。「ショックランドは、《リッチの熟達》によってライフが単なる資源となってしまえば問題ではなくなります。この呪禁持ちのエンチャントは、独特な方法で安定性や回復性を増すことに強みを発揮するのです」

 では、なぜエルシクはメタゲームがゴルガリ・ミッドレンジとアグロに埋め尽くされたことを喜ぶのだろうか?

「緑や黒のカードでは《リッチの熟達》に対処できないからです」と彼は笑みを浮かべる。「盤面を片付けたら、対処される心配なく《リッチの熟達》を出せるんです。そうすれば、ライフゲインはドローに変わります。《ミラーリ予想》をプレイしてしまえば無限ターンは目の前です。《栄光の好機》、《首謀者の収得》、そしてサイドボードにある《自然のらせん》を探してくるんです。一度無限ターンに入ってしまえば、あとはどうとでもなります。アイントラージは《苦悩火》を試しました。私はMTG Arenaで《原初の災厄、ザカマ》も試しましたが、あれは本当に楽しかったです」

「《栄光の好機》がこのデッキを可能にしました」と彼は言う。「このカードがなければ、《リッチの熟達》をプレイして相手が対処してこないことを祈るしかなかったのです。今では、その時点で負かされるだけの脅威を持たれていない限り、相手の終了ステップに《栄光の好機》を唱えれば2ターン連続で動けます。《残骸の漂着》を構えているように見せながらこの動きをすることは、対戦相手にとって大きなプレッシャーです。もし相手が展開しすぎるようであれば、《浄化の輝き》の出番です。このデッキを相手にして、圧力をかけ続けるというのは難しいことです」

「ですが《実験の狂乱》と《遁走する蒸気族》のおかげで赤はこのデッキに有利ですね」と彼は言う。「それらのカードは火力呪文を序盤から使い切るよう促してきますが、《リッチの熟達》が出るまで待ってから火力を唱えた方が、こちらのリソースを一気に消費させることができて良いでしょう」

 苦手とするドラフトの成績が響いたところもあるが(「ドラフトは私にとって最悪です」と、エルシクは1勝2敗というスタートを嘆く)、それでも彼の今大会の敗退が決まった最後のターンは信じられないものだった。

「赤単の相手は私が《残骸の漂着》を構えていたところに2体の《遁走する蒸気族》でアタックしてきたんです。私は《残骸の漂着》を唱えましたが、対応して相手は《遁走する蒸気族》からマナを生み出して《稲妻の一撃》、《稲妻の一撃》、そして《魔術師の稲妻》と連打してきたんです。それでやられました」

 しかし彼は自分の選択には自信を持っており、今後の改良点について思いを巡らせていた。「3枚目の《渇望の時》を取るべきでしたね」

 もしあなたの行きつけのお店でコントロールをあまり見ず、ゴルガリに征服されているならば、この改良をおすすめしよう。

(Tr. Keiichi Kawazoe)

Zac Elsik - 「レインボー・リッチ」
プロツアー『ラヴニカのギルド』 / スタンダード (2018年11月9~11日)[MO]
1 《平地
1 《
4 《孤立した礼拝堂
2 《聖なる鋳造所
4 《寺院の庭
2 《陽花弁の木立ち
4 《湿った墓
3 《草むした墓
4 《森林の墓地
1 《根縛りの岩山

-土地(26)-


-クリーチャー(0)-
4 《活力回復
2 《渇望の時
1 《暗殺者の戦利品
4 《楽園の贈り物
2 《栄光の好機
4 《ヴラスカの侮辱
2 《首謀者の収得
2 《残骸の漂着
3 《浄化の輝き
3 《ミラーリ予想
3 《リッチの熟達
4 《発見+発散

-呪文(34)-
2 《黎明をもたらす者ライラ
1 《地底王国のリッチ
2 《殺戮の暴君
1 《変遷の龍、クロミウム
3 《強迫
1 《暗殺者の戦利品
1 《自然のらせん
1 《否認
1 《漂流自我
1 《不滅の太陽
1 《苦悩火

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
最終
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST