EVENT COVERAGE

プロツアー『タルキール龍紀伝』

観戦記事

決勝:Martin Dang(デンマーク) vs. 八十岡翔太(日本)

By Masami Kaneko

2015年4月12日

 プロツアーの決勝戦。全マジックプレイヤーにとっての憧れの舞台。その舞台に、今、2人のプレイヤーがたどり着いた。

final_yasooka_face.jpg

 1人は、日本の八十岡翔太。広く名前の知られたプロプレイヤーであり、デッキビルダーでもある。今回もオリジナルの「青黒ドラゴンコントロール」を使用し、準々決勝で「緑赤ドラゴン」を、準決勝で「緑赤信心」を打ち倒し、この席についた。

 プロツアー・チャールストン2006で鍛冶友浩・斎藤友晴らとチームを組んでプロツアーを優勝し、プレイヤー・オブ・ザ・イヤーおよびMagic Onlineプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得。個人タイトルもグランプリ・神戸2011で手にし、2012年のプレイヤー選手権では準優勝という輝かしい成績を残した。八十岡翔太の実績は疑いようのないものであり、毎年「マジック・プロツアー殿堂」の候補にノミネートされている。

 その八十岡には、実際に殿堂に入るためにはどうしても足りていない、と言われる戦績があった。それが、「個人戦でのプロツアートップ8」だ。
 そして今、八十岡翔太が座っているのは、プロツアーの決勝戦だ。

final_dang_face.jpg

 もう1人は、チーム「Thommo Thommo Thommo」に所属しているというデンマークのプレイヤー、マーティン・ダン/Martin Dangだ。友人のイマニュエル・ゲルシェンソン/Immanuel Gerschenson作成の「赤単タッチ《アタルカの命令》」を手に、このプロツアーの決勝戦という場に上り詰めた。

 なんとここでダン、衝撃の告白。「今日の帰りの飛行機、19時なんだよね。」

 このプロツアーの決勝を戦っている現在の時間は15時。......ダンのデッキ選択は、スケジュール的な意味でも正しかったのかもしれない。

 もちろん、今この場で決勝戦を戦っていること。それが一番の正しさの証明だ。

final_dang_yasooka.jpg

 名誉。賞金。プラチナレベル。世界選手権への出場権。
 様々な想いを胸に、2人はこのプロツアー『タルキール龍紀伝』最後のマッチを開始した。

ゲーム1

 事前に「1ゲーム目はほぼ勝てない。相手先手だし。」と話していた八十岡。なんとここでトリプルマリガン。

 ゲームこそ始まってみるものの、土地も手札も不十分。

 そのうえ、相手のダンは《僧院の速槍》から、《鐘突きのズルゴ》、《僧院の速槍》2体目という怒涛の展開。

 なんとか《胆汁病》で《僧院の速槍》を2体排除してみるものの、《稲妻の狂戦士》が「疾駆」され、4点のダメージを受ける。そしてその状況に対処するカードを引くことのできなかった八十岡。最後は《乱撃斬》でとどめを刺された。

ダン 1-0 八十岡

 トップ8が決まったあと、八十岡翔太が、友人たちに祝福され、それにいつもの「ヤソカッコイイ」飄々とした返答をしている中、たった一言、誰に対してでもなく漏らした言葉があった。

「......長かった。」

 八十岡翔太という男は面白い男だ。練習量を訊けば、「いや、全然?」と解答し、初日を7-0-1で終えた翌日に今日の目標を尋ねれば「まあ普通に5-3」と解答する。デッキについてインタビューしてみれば、「前日の夜に組んだんですけど」から始まる答えが帰ってくる。

 しかし現実はどうだ。「自分のデッキを回す」という練習はしていないかもしれないが、ずっと環境に存在する様々なデッキを練習していた。「普通に5-3」がまさにトップ8に入賞するラインであり、目標を達成した。準々決勝の対戦を待つ間には、ひたすらデッキレシピを読み込む姿もあった。

 そして今、八十岡翔太はこの場に、プロツアーの決勝という舞台に立っている。

final_yasooka1.jpg

 切望した、最大級の個人タイトル。その「長かった」待機時間を思い返しながら、八十岡翔太はゲーム2の準備を開始した。

ゲーム2

 《忌呪の発動》からスタートという重めの手札をキープした八十岡。とはいえ、《氷瀑の執政》《ジェイスの創意》《龍王シルムガル》が控えており、今後の展望は十分だ。先手ならば《忌呪の発動》でライフが回復できる点も含めて大丈夫だと判断したのだろう。

 そして、土地が1枚で止まって《鐘突きのズルゴ》といったクリーチャーを展開するダンに対して、八十岡のドローは100点満点の《悲哀まみれ》!

 まだ土地が引けないダンに対して、《忌呪の発動》から《氷瀑の執政》を普通に展開し、攻撃しきって勝つモードに。

 ダンも《ドラゴンの餌》などを唱えるも、八十岡が落ち着いて《龍王シルムガル》を追加し、ビートダウンしきった。

ダン 1-1 八十岡

 あまりの対戦時間の短さに、サイドボードがスタッフのチェックから戻ってきていない。笑いながらサイドボードを請求する八十岡。一緒に笑うダン。同じゲームが好きな、真剣勝負をしている仲間。しかし今、この瞬間は最大のライバルでもある。次のゲームでのお互いの健闘を祈り、第3ゲームに進んだ。

final_yasooka2.jpg

ゲーム3

 後手で始まる八十岡、後手にしては除去が3マナ域からという不安な手札だったが、最初のドローが値千金の《悲哀まみれ》! 3ターン目にこれを炸裂させ、《僧院の速槍》2体をなぎ払う。

 が、この返しにダンが展開したのは《ゴブリンの熟練扇動者》。手札の除去が《忌呪の発動》しかない八十岡にとっては、悪夢のようなクリーチャーだ。《ゴブリンの熟練扇動者》に触れず仕方なくターンを返した八十岡に足しいて、追い打ちの《鐘突きのズルゴ》が「疾駆」で走ってくる。この攻撃により八十岡のライフはわずか6。

 《氷瀑の執政》で盤面に対処しようとするも、《鐘突きのズルゴ》《僧院の速槍》と走ってきたため、八十岡のライフはわずか3。風前の灯だ。結局、《氷瀑の執政》だけでは場を抑えきれず、八十岡のライフは尽きてしまった。

ダン 2-1 八十岡

 2ゲーム目はあっという間に落としたダンだったが、3ゲーム目を奪い取り、その目には闘志が宿っている。

 ダンもまた、「長かった」男だ。
 2002年のプロツアー・ニースでプロデビューし、10回のプロツアーや世界選手権出場の経験があり、しかし残念ながらこれまで大きなタイトルには恵まれなかった。

final_dang1.jpg

 そのダンが13年の時を経て、グランプリ・リバプール2015で優勝を飾り、そして、このプロツアー『タルキール龍紀伝』決勝戦の席に座っているのだ。

ゲーム4

 《悲哀まみれ》はある。《シルムガルの嘲笑》2枚がある。《龍王シルムガル》がある。《時を越えた探索》がある。何が無いのか? そう、土地が、《》2枚しか無いのだ。
 これがゲーム4の八十岡のオープニングハンドだった。

 熟考した八十岡が選択したのは、「マリガン」。呪文を唱えられないのでは、マジックは勝てない。それがストイックな八十岡の選択。

 マリガン後は、土地が5枚と《究極の価格》という満足ではない手札。しかし始めるしかない八十岡。まずはこの《究極の価格》が、ダンの《大歓楽の幻霊》に対処する。そしてこれで、八十岡の手札の呪文は尽きてしまった。

final_yasooka3.jpg

 《軍族童の突発》でゴブリントークンを3体追加したダンに対して《悪性の疫病》を引くという噛み合いこそ見せるも、その後のダンの展開に対処しきることができない。追加の《大歓楽の幻霊》はなんとか《英雄の破滅》するが、《僧院の速槍》が止まっていない。手札が土地だけとなってしまった八十岡、トークンの出ない《ゴブリンの熟練扇動者》でさえも脅威だ。

 《層雲の踊り手》を「変異」で出すものの、攻勢を止めているわけではない八十岡。これが《ゴブリンの熟練扇動者》と相打ちをするが、ダンの赤い軍勢はさらに追加されていく。

 そして、ダンの赤い軍勢の前に、対処手段を引けなかった八十岡は、プロツアー『タルキール龍紀伝』チャンピオンを称えるために、右手を差し出した。

ダン 3-1 八十岡

final_shakehands.jpg

 プロツアーにはドラマがある。人には物語がある。今、この場で、このプロツアーというストーリーの最後の結果を刻んだ2人。

 そして彼らのマジックプレイヤーとしての、人としての物語は、まだこれからも刻まれていく。
 しかし今この瞬間は、物語を語るのではなく、祝福を語る瞬間だ。

 おめでとうマーティン・ダン、プロツアー『タルキール龍紀伝』チャンピオン!

final_dang_trophy.jpg
Martin Dang - 「赤単アグロ」
プロツアー『タルキール龍紀伝』 優勝 / スタンダード[MO]
10 《
1 《
4 《樹木茂る山麓
1 《奔放の神殿
4 《マナの合流点

-土地(20)-

4 《鋳造所通りの住人
4 《僧院の速槍
3 《鐘突きのズルゴ
1 《激情のゴブリン
1 《稲妻の狂戦士
2 《ゴブリンの熟練扇動者

-クリーチャー(15)-
4 《乱撃斬
4 《アタルカの命令
4 《ドラゴンの餌
4 《稲妻の一撃
4 《軍族童の突発
4 《かき立てる炎
1 《強大化

-呪文(25)-
4 《大歓楽の幻霊
2 《ゴブリンの熟練扇動者
1 《ゴブリンの踵裂き
4 《焙り焼き
1 《破壊的な享楽
1 《洗い流す砂
2 《凱旋の間

-サイドボード(15)-
八十岡 翔太 - 「青黒コントロール」
プロツアー『タルキール龍紀伝』 準優勝 / スタンダード[MO]
6 《
3 《
4 《汚染された三角州
4 《陰鬱な僻地
4 《欺瞞の神殿
2 《華やかな宮殿
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ
1 《精霊龍の安息地

-土地(26)-

3 《氷瀑の執政
2 《龍王シルムガル
1 《漂う死、シルムガル

-クリーチャー(6)-
2 《思考囲い
4 《シルムガルの嘲笑
2 《胆汁病
2 《究極の価格
3 《英雄の破滅
2 《解消
2 《忌呪の発動
3 《命運の核心
3 《ジェイスの創意
1 《残忍な切断
3 《時を越えた探索
1 《精霊龍、ウギン

-呪文(28)-
2 《層雲の踊り手
3 《強迫
2 《軽蔑的な一撃
1 《胆汁病
1 《否認
1 《究極の価格
3 《悲哀まみれ
1 《悪性の疫病
1 《龍王の大権

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST