EVENT COVERAGE

プロツアー『タルキール龍紀伝』

観戦記事

準々決勝:八十岡 翔太(日本) vs. Jason Chung(ニュージーランド)

By Masami Kaneko

2015年4月12日

 プロツアートップ8。八十岡の求めていた、最上級の個人タイトルが、そこにある。

 八十岡翔太という男のことはご存知だろう。日本を代表するプロプレイヤーであり、独創的なデッキビルダー。八十岡の作成したデッキはときに「ヤソコン」などと呼ばれ、他のアーキタイプとは別のものとして扱われたりする。その独特のプレイとデッキ構築スタイルにはファンも多い。

 本人曰く「前日の夜に組んだ」という、《氷瀑の執政》《龍王シルムガル》など『タルキール龍紀伝』らしく「龍」に焦点を当てた「青黒ドラゴンコントロール」を駆って、プロツアートップ8という高みまで登ってきた。その構築センスには驚かされるばかりだ。

 しかし「前日の夜に組んだ」という言葉を鵜呑みにしてはいけない。八十岡は、これまで確かに使用デッキを組んではいないものの、スタンダードの多くのデッキを回してきたという。また、今回の会場では、トップ8のデッキリストを片手にひたすら対戦を想像する八十岡の姿もあった。

「想像する。」八十岡にとって、これが自分の練習のスタイルなのだろう。普通は実践を積む。それが練習だ。が、八十岡にとっては、実践ではなく、想像すること。それだけ、八十岡の想像する「マジック」と、実際の「マジック」にブレが無いということだ。

 一方のジェイソン・チャン/Jason Chungは、ニュージーランドのプレイヤー。複数回のプロツアー出場経験があり、前回のプロツアー『運命再編』では、11位に入賞している。その勢いのまま、今回はついにトップ8にまで上り詰めた。

 使用するデッキは「赤緑ドラゴン」。こちらもまた、『タルキール龍紀伝』らしい「龍」だらけのデッキだ。

 お互い、負けたくない、負けられない戦い。静かにシャッフルを続ける。スイスラウンド上位のチャンが「先攻だよ」と話せば、八十岡も「まあ当然だよね」と軽く応える。お互いに「Good Luck」と声をかけあい、手札を確認。双方7枚をキープし、ゲームを開始した。


八十岡翔太 vs. Jason Chung
ゲーム1

 お互い静かに土地を置く立ち上がり。チャンは2ターン目に《荒野の後継者》を展開、さらに《加護のサテュロス》を3ターン目に展開し、さっそく7点分のクロックを用意する。後手でこれに対処できない八十岡、ともあれ3ターン目には《英雄の破滅》を構えてターンを終える。

 が、ここで出てきたのは《雷破の執政》。この対処するのにもライフが必要な強烈なドラゴンの登場を許すわけにもいかず、仕方なくこれを《解消》。このターンは7点のダメージを甘んじて受ける。

 さらに次のターンには《狩猟の統率者、スーラク》という強烈な展開のチャン。しかしそこはさすが八十岡、《英雄の破滅》で《加護のサテュロス》を退場させ、このターンのライフ損失を最小限に抑えたうえで、《命運の核心》!

 しかしチャンもさるもの、力強く《嵐の息吹のドラゴン》! この4点を受けて、八十岡のライフはわずか4。どうにかこれも《英雄の破滅》するが、《汚染された三角州》を起動してライフ3。チャンが展開した《爪鳴らしの神秘家》も十分な脅威だ。

 《時を越えた探索》で解答を探しに行く八十岡。《氷瀑の執政》を展開、さらに《加護のサテュロス》をきっちり《シルムガルの嘲笑》! 盤面を落ち着け、逆転への一歩を進む。しかしライフは心もとない。考えた末、八十岡は《氷瀑の執政》を攻撃させずにターンを返す。既に《加護のサテュロス》を2枚見ているのに、だ。

qf_yasooka.jpg

 そして八十岡の眼識は正しかった。三度現れた《加護のサテュロス》。《氷瀑の執政》はこれをブロックして役目を終え、《時を越えた探索》でカードをさらに追加。《命運の核心》で《爪鳴らしの神秘家》に対処する。四度目の登場となった《加護のサテュロス》に対しても、きっちりと《胆汁病》。インスタントタイミングでのクリーチャーの脅威には対処しきった八十岡。次の脅威、《嵐の息吹のドラゴン》もきっちりと《究極の価格》したうえ、《漂う死、シルムガル》を展開!

 ゆっくりと、逆転への道を進んでいく八十岡。心もとないのはライフだけだ。

 《精霊龍の安息地》から《氷瀑の執政》を回収し、単にダメージクロックとして追加した八十岡。その目には既にゲームの終了図が見えているのだろう。

 《シルムガルの嘲笑》を構え、さらに《陰鬱な僻地》でライフを4に戻した八十岡。《ゴブリンの熟練扇動者》も《忌呪の発動》で対処し、盤石の体制からチャンのライフを削りきった。

八十岡 1-0 チャン

 静かに次のゲームのためにサイドボードを開始する八十岡。と、ここでジャッジがお互いのデッキリストを持ってきた。ゲームの間には、お互いのデッキリストが確認できる。しかし八十岡は見向きもしない。淡々と、予定していた通りのサイドボードを行って、すぐさま次のゲームの準備を始めた。

ゲーム2

 八十岡は7枚の手札を見てマリガン。6枚をキープしてゲームが開始された。

 チャンは先手でゲームを始めたはいいものの、2ターン目までに場に脅威を用意することができない。3ターン目もターンを終了、《加護のサテュロス》からゲームを組み立てていくが、次の《雷破の執政》は《シルムガルの嘲笑》で対処されてしまう。さらには《加護のサテュロス》は《胆汁病》。ともに2マナのカードで、3マナと4マナのクリーチャーを対処されてしまった。

 チャンは、次の脅威として2枚目の《雷破の執政》を展開。そして八十岡は......これに対処することができない。いわゆる「弾切れ」状態だ。マリガンの弊害か。

qf_chung.jpg

 どうにか6ターン目に《龍王シルムガル》で対処しようとするも、これは《垂直落下》。さらに《加護のサテュロス》、《嵐の息吹のドラゴン》と追加したチャン、龍の群れによる猛攻でゲームカウントを1-1に戻した。

八十岡 1-1 チャン

「先手だよね?」という声掛けに、「もちろん」と解答する八十岡。7枚を見て、即座に「キープ」を宣言した。一方のチャン、7枚の手札を見て少し考えてから「キープ」を宣言した。

 このゲームで、今日もう少し、この「プロツアーサンデー」という場に居られるのかが、決まるのだ。

ゲーム3

 タップインの土地を2枚展開するところから入った八十岡に対して、1ターン目に《エルフの神秘家》、さらに《荒野の後継者》と展開してくチャン。しかしここに刺さるのは、八十岡の《悲哀まみれ》!

 一挙に2枚のカードに対処されたチャン、しかし負けじと「変異」を展開。この変異は《胆汁病》されるが、チャンもきっちり《歓楽者ゼナゴス》を展開していく。

 このプレインズウォーカーに対処しなくてはならない八十岡、《時を越えた探索》から解答を探していくが、さらに追加された脅威《雷破の執政》までも放置している状態だ。

 《胆汁病》と《究極の価格》でクリーチャーは対処できたが、《歓楽者ゼナゴス》への根本的な解答は用意できていない。

 とはいえここはチャンも考えどころ。悩んだ末、追加の脅威として《爪鳴らしの神秘家》と《荒野の後継者》を展開。

 そこで降臨したのは、八十岡の《龍王シルムガル》!

 この龍王がチャンの《歓楽者ゼナゴス》を奪い、生み出した2/2サテュロス・トークンと合わせ一気に盤面を有利にしていく。後続として出てきた《雷破の執政》も、《龍王シルムガル》の前にはたじたじだ。

 これで一息つけた八十岡。《ジェイスの創意》を構えターンを終える。引いてきた3枚はなんと《龍王シルムガル》、《漂う死、シルムガル》、《忌呪の発動》という強烈なもの。重ねてプレイした《忌呪の発動》がチャンの《爪鳴らしの神秘家》を奪うとともに、八十岡に貴重なライフをもたらす。

 ついには、過去のシルムガルと、龍王となったシルムガルが攻撃を開始した。この攻撃によりチャンの《荒野の後継者》は墓地に送られ、さらには《歓楽者ゼナゴス》の[+1]能力からマナを得て《英雄の破滅》を《雷破の執政》に! たとえ《歓楽者ゼナゴス》に《雷破の執政》の能力による3点が当たっても生き残るという、素晴らしいプレイだ。

 これによりチャンの場に脅威は何も無くなり、無人の荒野を、時代の違う2体の龍が駆け抜けたのだった。

八十岡 2-1 チャン

八十岡翔太、オリジナルの「青黒ドラゴンコントロール」を携え、準決勝進出!

  • この記事をシェアする