EVENT COVERAGE

日本選手権11

読み物

3位決定戦: 井川 良彦(東京) vs. 三原 槙仁(千葉)

By 金民守 3位決定戦
Game 1
 先手は三原、《稲妻》《不屈の自然》《原始のタイタン》という、まさに三拍子そろったハンドを満足げにキープ。  対する井川も1ターン目からクロックを設置しつつ《鍛えられた鋼》に繋げられるハンドを文句なくキープ。
井川 良彦
井川 良彦
 先行してゲームを動かしたのはもちろん井川。1ターン目に《メムナイト》《起源の呪文爆弾》と並べ、《草茂る胸壁》の返しでは《鋼の監視者》《呪文滑り》《大霊堂のスカージ》の3択でじっくりと考える。  《稲妻》をケアするなら《呪文滑り》、ケアしない場合、トップデッキが土地でない場合は《鋼の監視者》が、土地であった場合は《大霊堂のスカージ》をキャストしつつ《起源の呪文爆弾》起動が最適行動。さらには3枚目の土地を引くために《大霊堂のスカージ》をキャストせず《起源の呪文爆弾》をドロー付で起動する選択まで、確定的な答えの見えない難問に立ち向かう井川。その姿はまさにこのゲームのプロフェッショナルのそれだ。  序盤の一手の選択が勝敗に直結するこのタイトなマッチアップで、たっぷりと時間をかけて井川が意を決する。  ギャラリーが固唾をのんで見守る中、井川がとった選択は《大霊堂のスカージ》キャスト。そしてこのリスクテイクしながらも条件がそろった際の最大ダメージを選択するこの攻撃的な井川のプレイングにライブラリーが応えた。  しかも返しのターンで三原は盤面の打点の低さから《稲妻》を構えるよりもこの隙に《ムル・ダヤの巫女》を展開して盤面を掌握しようと《草茂る胸壁》まで含むすべてのマナソースをタップしてしたので、マイア・トークン、《メムナイト》《大霊堂のスカージ》の3体のアタック合計9点を全て本体で受けとめ、フェッチ起動によるライフ損失を含めこのターンのワンアタックで一気にライフが10まで落ち込んでしまう。  しかし三原は取り乱さない。たしかに考えうる最大ダメージではあったが、それでも想定内の現象だ。返すターン待望の6マナを得て魔王が召喚するは《原始のタイタン》。たった一枚のカードで場の趨勢を一気に五分以上に押し返す。  こうなってしまうと井川は苦しい。現状アタックが通るのは《大霊堂のスカージ》の3点のみ。残り10点を削るにはそのままだと4ターンかかってしまうが《原始のタイタン》着地後に4ターンゲームが続いた経験は井川にも、筆者にも、三原にもない。  救いを求めるようにライブラリーに手を伸ばす。そしてドローを確認した井川の目が輝く。そう!そこで井川を待っていたのは《急送》! はやる気持ちを落ち着かせ場を確認する。万が一にも金属術がとけないようまずは《呪文滑り》からキャストする。すると飛んでくる《稲妻》。貴重なフライングのクロックは失ったがこれで無事《原始のタイタン》の除去に成功し、場をイーブンに戻す。  しかしこのマッチアップでイーブンでターンが進行するということは、そのままビートダウン側の潜在的な不利を広げていくことと同義だ。  しかも場には《ムル・ダヤの巫女》が既に着地し、井川に不吉な未来を予見し続ける。  そして数ターン後、巫女が《緑の太陽の頂点》を予言して二人はサイドボーディングに移った。 井川 0-1 三原
Game 2
三原 槙仁
三原 槙仁
 先手で井川、ファーストハンドは《墨蛾の生息地》×2《激戦の戦域》《信号の邪魔者》という毒殺モードの7枚を熟考の後キープ。  後手の三原は《極楽鳥》《自然に帰れ》《転倒の磁石》に土地という防御的な7枚。渋い顔をしながらもデッキに1枚の《自然に帰れ》を引けたことを大きく見てこれをキープ。  井川が《墨蛾の生息地》から《信号の邪魔者》へつなぎゲームがスタートする。  三原は《極楽鳥》から2ターン目《転倒の磁石》につないで、場を構築するカードを引くまでの時間を稼ぐ。  《信号の邪魔者》《墨蛾の生息地》の双方を2枚ずつ並べる井川だが、3ターン目に三原が《ムル・ダヤの巫女》をキャストすると、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》を経由して《原始のタイタン》が公開される。  ハンドに《統一された意思》を抱えた井川だが、三原の場に鳥と巫女がいるためカウンター用に《墨蛾の生息地》を起動する必要があり、アタック用の起動は涙を呑んで自重せざるを得ない状況になってしまう。  練達のヴァラクート使いである三原は井川のこのアクションで全てを察する。軽く場を確認すると当然のごとくゲームエンドの一手は保留。《草茂る胸壁》を追加するのみでターンを返そうとするが、これに井川が待ったをかける。  《ムル・ダヤの巫女》によって公開された三原のライブラリートップが《稲妻》であるため、今後《統一された意思》のカウンター成立条件を満たすことは益々難しくなるとの判断だ。  井川のターン、勝負をかけた井川のドロー。カードを確認し《墨蛾の生息地》が三原に毒を5つ貯めた後、そのままターンを返す。  そして三原はほんの数瞬だけ考え、《原始のタイタン》のプレイを宣言し、井川に許可を求める。 井川 「・・・投了します。」  魔王が日本代表に王手をかけた瞬間だった。 井川 0-2 三原
Game 3
 両者1マリガンではじまった3戦目。  《信号の邪魔者》→《呪文滑り》→《信号の邪魔者》とパワー0ながら何かの爆発を予感させる順調な展開の井川。  それに対してマナブースとすることもなく《進化する未開地》を連続して設置するのみの受けの三原。  静かな序盤が過ぎ去り、そして迎える終わりの始まりは4ターン目だった。井川は三原の場のあまりの静寂に違和感を感じて一瞬逡巡する。  しかし既にレシピを知っている以上その確率わずか1.66%。ここで攻めないマジックなどありえない。怯える自分を鼓舞しながら力強く《鍛えられた鋼》をキャストしアタック宣言をする井川!  ・・・しかし、相手は三原。世界王者三原槙仁!!その1.66%をこの大一番で持っているのが魔王の魔王たる所以なのだ!  無情にも公開される《自然に帰れ》。天を仰ぐ井川。2%に満たないわずかな確率、しかし何故か「やはり・・・」と思ってしまう。思わせてしまうその力はやはり三原の魔力なのだろうか。  井川が4点を与えるのみで力なくターンを返すと、そこからは魔王・三原の虐殺劇の始まりだった。  まずは《忍び寄る腐食》で盤面にいた井川の生物が全滅する。  その後も井川のキャストする生物をことごとく除去しながらマナを伸ばす三原。  その場を目撃した誰もがその圧倒的強者による蹂躙に、賞賛を通りこして諦めの念を抱きはじめたその頃、三原の前に7枚目の土地が並び《緑の太陽の頂点》によって三原の日本代表入りが確定した!! 井川 0-3 三原
  • この記事をシェアする