EVENT COVERAGE

日本選手権11

読み物

Round 4: 森田 雅彦(東京) vs. 三原 槙仁(千葉)

By 津村 健志  日本選手権もようやくここで折り返し地点を迎え、このラウンドが本日最後のスタンダードのマッチになる。  もちろんフィーチャーマッチに呼ばれるのは全勝をかけたプレイヤーたちだ。隣で行われている有田 隆一(千葉)vs八十岡 翔太(東京)も魅力的なマッチアップだが、独創的なデッキを持ち込んでいるという森田の試合に焦点を当てていきたい。 Round 4  森田:青黒コントロール  三原:赤緑《溶鉄の尖峰、ヴァラクート
Game 1
森田 雅彦
森田 雅彦
 後手の森田が不運にもダブルマリガン。渋々、《水没した地下墓地》《見栄え損ない》《漸増爆弾》《ジェイスの創意》2枚というハンドをsiキープせざるをえない。  先手の三原は《怒り狂う山峡》→《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》と比較的遅めのスタートだったが、森田が《漸増爆弾》を唱えた返しのターンで《不屈の自然》をキャストし、マナに差を付け始める。  森田はここまで順調に土地を引き続けたが、4枚目の土地までは引けず、苦しい戦いが続く。今のうちに攻め切ってしまいたい三原は、《ムル・ダヤの巫女》をキャストして森田の様子をうかがうが、これにはカウンターを使わずに、《見栄え損ない》で対処する構えの森田。  狙い通り《ムル・ダヤの巫女》を除去することに成功するが、その過程で《ムル・ダヤの巫女》の能力によりライブラリーのトップから土地がプレイされ、マナ差はさらに深刻なものへ変化した。  森田もようやく4枚目の土地である《水没した地下墓地》をドローし、手札の唯一の希望の光とも言える、《ジェイスの創意》まで残り1マナに迫る。さらに手札には《取り消し》と《冷静な反論》まであり、ダブルマリガンからの逆転勝利も見えてきた。  三原の《耕作》と《探検》はどちらも通し、《原始のタイタン》のような大物だけに狙いを定める森田。5枚目の土地もきちんと引いて、ゆっくりと反撃の態勢を整えていく。ここで三原が動かなければ《ジェイスの創意》でマリガン分の埋め合わせができたのだが、おもむろに《原始のタイタン》を唱える三原。これを通すわけにはいかない森田は《取り消し》を合わせる。  しかし「剛腕」で知られる男、三原槙仁は、ここでしっかりと《召喚の罠》を握っていた。もちろん、そのふたつ名に恥じぬようこの《召喚の罠》で《ゼンディカーの報復者》を導く三原。《》を置いてトークンをひとつサイズアップさせターンを終えた。  《カルニの心臓の探検》用に《漸増爆弾》のカウンターを2つにしていた森田には、今のところこれに対する解答がない。  《ジェイスの創意》から逆転を目論むも、三原がさらにセットランドをしてトークンを育てると、投了を宣言した。 三原 1-0 森田  森田は2本目に向けて大量のサイドボードを投入する。それを見た三原は「そんなに入れられると気になるな~。まあコガモがちゃんと記事にしてくれるでしょう。」と、筆者にまでプレッシャーをかけてくる世界王者。  軽快なトラッシュトークで知られる三原に対し、あの浅原晃などは「三原対策講座」を作るべきか真剣に悩んでいるそうだ。  そんな講座がいるかどうかはさておき、残念ながら本日(16日)の段階ではデッキリストの内容について言及してはいけないルールなので、森田のサイドボーディングは公開できない。驚きのその中身はゲームの中で確認していただきたい。
Game 2
三原 槙仁
三原 槙仁
 先手の森田も、後手の三原もマリガンはなく、三原の《不屈の自然》がファーストアクションになった。  これをカウンターできなかった森田ではあったが、3ターン目にデッキの顔と位置づける《方解石のカミツキガメ》をキャストし、所謂「クロック・パーミッション」の構えをとる。毎ターン「上陸」できれば、三原の命は残りたったの5ターンだ。  三原はこの間に《ムル・ダヤの巫女》を通し、ライブラリーのトップから追加の《》をセットする。  そして、返すターンの「上陸」を果たした《方解石のカミツキガメ》のアタックに対して考え込む。  一見、《方解石のカミツキガメ》と《ムル・ダヤの巫女》の交換は損なようにも思えるが、昨年末の世界選手権で森勝洋が使っていた「青黒"カメ"コントロール」と大量にスパーリングをしていた三原はこのカメの恐ろしさを知っているようだ。 三原 「さすがにテイクか?でもそいつほんとやばいんだよな~。《精神を刻む者、ジェイス》よりもやばい。」  結局、神をも超える《方解石のカミツキガメ》を葬ることにした三原。ターンが返ってくると、《探検》から《ムル・ダヤの巫女》おかわりへと繋ぐ。  ここで森田の必殺兵器第一弾、《精神壊しの罠》が炸裂!
 このカードの効果は「打ち消す」ではなく「追放する」なので、これならば《召喚の罠》の「罠コスト」を活用できない。  続くターンをセットランドだけで終えた森田に対し、三原は《原始のタイタン》と攻め手を休めない。  しかしこれをしっかりと《取り消し》で退け、今回はペースを渡さない森田。幸いにも三原の手札に《召喚の罠》はなく、ついに森田の時間が訪れる。  完全にガス欠に陥った三原を尻目に、《ジェイスの創意》を2連発したのだ!  三原の陣営にあった2枚の《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》も2枚の《地盤の際》で破壊し、完全にペースをつかんだ。森田が6枚もの手札を抱えていることもあって、半ばあきらめ顔の三原は、ダメ元で今トップデックした《緑の太陽の頂点》をX=6で唱えてみると、なんとこれが通る。  もちろん登場するのは《原始のタイタン》だ。サーチするカードに少し頭を抱えるものの、結局は《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》と《怒り狂う山峡》を戦場に加えた。  森田も必殺兵器第二弾である《ゲスの評決》で《原始のタイタン》を葬るが、この巨人が残した足跡はあまりにも大きい。  勢いを増す三原は続いてトップデックした《ムル・ダヤの巫女》までをも戦場に加えようとするが、これに対する森田のリアクションは無し。まだ手札は5枚あるのにも関わらず、である。  クリーチャー化して殴ってきた《怒り狂う山峡》こそ《破滅の刃》で対処した森田だったが、依然として《ムル・ダヤの巫女》を殺す術を持たない。  森田にとってさらに悪いことに、次のターンに《ムル・ダヤの巫女》でめくれたライブラリートップのカードは《ガイアの復讐者》!  1発殴られた後に、3枚目となる《ジェイスの創意》で解決策を求めにいった森田だったが、引いた3枚の中に有効牌がないのを確認すると、右手を差し出す他なかった。 三原 2-0 森田  残念ながらスタンダード最終戦を負けてしまった森田ではあるが、それでも3勝1敗と十分に良い位置につけている。  個性の強いカードも数多く取り入れられているし、4-0デッキだけに限らず、おそらく明日掲載されるであろう森田のデッキリストにもぜひ注目してみてほしい。  昨年の世界選手権の時に比べ、一皮も二皮もむけた《方解石のカミツキガメ》デッキに要注目だ。
  • この記事をシェアする