EVENT COVERAGE

グランプリ・シンガポール2015

観戦記事

準々決勝:人見 将亮(東京) vs. 高橋 優太(東京)

by 伊藤 敦

 シンガポールという異国の地で、しかもモダンのグランプリの準々決勝で、日本人対決が実現した。

 人見 将亮。もとは関西のプレイヤーで、このグランプリのためにMagic Onlineでモダンをやりこんだという。
 高橋 優太。言わずと知れたグランプリ・京都15チャンピオンだ。

 しかもこの2人の使っているデッキが、「ザ・モダン」とでも言いたくなるほどに、トップメタ同士なのだ。
 「親和」と「双子」。ともにモダンの黎明期から存在した、最古のアーキタイプだ。

 だが今に至るまでトップメタの最前線を走り続けることができたのは、時代が移り変わるにつれて、どちらのデッキもその形を変えてきたからだ。

 人見の「親和」は「Robots」と呼ばれる、《鋼の監視者》と《電結の荒廃者》を主軸にクリーチャーを横展開して圧倒する形。
 対する高橋の「双子」は青赤のコンボカラー2色に緑をタッチし、モダン最強の2マナ域クリーチャー《タルモゴイフ》をタッチした「タルモツイン」となっている。

 人見はMagic Onlineで「親和」を使い込んだ本格派。一方高橋は3日前にデッキを自作の「青単トロン」から井川 良彦(東京)が調整した「タルモツイン」に乗り換え、そこから我流の調整で18枚ほどを入れ替えて今に至るとのこと。

 「親和」と「双子」といえば「双子」側が有利なマッチとされるが、はたして人見の一念は高橋を打ち破ることができるか。


準々決勝 人見 将亮 vs. 高橋 優太
ゲーム1

 スイスラウンドの順位で人見が先手。《墨蛾の生息地》《オパールのモックス》《バネ葉の太鼓》で0マナ・1マナクリーチャーなしという危険な手札をキープした人見。その理由は2ターン目に明らかになる。

 無事一発で《ちらつき蛾の生息地》を引き込んだ人見が送り出したのは、《呪文滑り》!

 勝ち手段である《欠片の双子》コンボを封じられた格好となった高橋は、セカンドプランとして《タルモゴイフ》を送り出すが、人見はさらに《刻まれた勇者》、《信号の邪魔者》、《電結の荒廃者》と立て続けに展開し、ダメージレースになることすら許さない。

 ここで《呪文滑り》をどうにかしない限りコンボが決まらない高橋は、ひとまず《詐欺師の総督》をプレイしておいて《タルモゴイフ》を防御に立たせるが、人見はさらに2体目の《刻まれた勇者》を追加。残された猶予は少ない。

 それでも、《稲妻》→《瞬唱の魔道士》からの《稲妻》フラッシュバックで《呪文滑り》を排除しにいく高橋だったが。

qf_hitomi.jpg

 フルタップとなった隙に、《詐欺師の総督》に人見の《感電破》が飛ぶと、潔くカードを畳んだ。

人見 1-0 高橋


ゲーム2

 人見の勢いは止まらない。先手マリガンの高橋に対し、後手1ターン目に《オパールのモックス》プレイ→《羽ばたき飛行機械》→《大霊堂のスカージ》→《思考囲い》!

高橋 「ドブンじゃん!」

 言いながら見せた手札は《タルモゴイフ》《詐欺師の総督》《瞬唱の魔道士》に土地が2枚。ここから《タルモゴイフ》が落とされると、フラッシュバックできるスペルも引き込んでいないため、高橋は土地を置いてターンを返すことしかできない。

 それでも人見が《刻まれた勇者》を送り出した返しで《古えの遺恨》をトップし、《大霊堂のスカージ》と続く《鋼の監視者》を破壊することに成功した高橋だが、それらは囮だと言わんばかりに人見がキャストした《頭蓋囲い》を見て表情が曇る。

qf_takahashi.jpg

 もはや一刻の猶予もない。《刻まれた勇者》に装備アタックでエンドした人見の最後の1マナ、《空僻地》をエンド前の《詐欺師の総督》でタップしにいく高橋。

 しかし。

 そこには無情にも人見の《四肢切断》が飛ぶのだった。

人見 2-0 高橋

人見 将亮 - 「親和」
グランプリ・シンガポール2015 トップ8 / モダン[MO]
4 《ちらつき蛾の生息地
4 《ダークスティールの城塞
4 《墨蛾の生息地
3 《空僻地
1 《

-土地(16)-

4 《羽ばたき飛行機械
2 《メムナイト
4 《信号の邪魔者
4 《電結の荒廃者
4 《大霊堂のスカージ
3 《鋼の監視者
2 《呪文滑り
4 《刻まれた勇者

-クリーチャー(27)-
4 《オパールのモックス
1 《溶接の壺
4 《感電破
4 《バネ葉の太鼓
4 《頭蓋囲い

-呪文(17)-
2 《呪文貫き
2 《思考囲い
1 《墓掘りの檻
1 《大祖始の遺産
3 《古えの遺恨
2 《鞭打ち炎
1 《倦怠の宝珠
2 《血染めの月
1 《四肢切断

-サイドボード(15)-
高橋 優太 - 「タルモツイン」
グランプリ・シンガポール2015 トップ8 / モダン[MO]
4 《
4 《霧深い雨林
4 《沸騰する小湖
3 《硫黄の滝
2 《蒸気孔
1 《繁殖池
1 《僻地の灯台
1 《
1 《
1 《踏み鳴らされる地
1 《樹木茂る山麓

-土地(23)-

4 《瞬唱の魔道士
4 《タルモゴイフ
4 《詐欺師の総督
2 《高原の狩りの達人

-クリーチャー(14)-
4 《稲妻
4 《血清の幻視
2 《呪文貫き
2 《呪文嵌め
4 《差し戻し
1 《焙り焼き
4 《欠片の双子
2 《謎めいた命令

-呪文(23)-
2 《払拭
2 《渋面の溶岩使い
2 《古えの遺恨
2 《否認
1 《焙り焼き
1 《呪文滑り
2 《血染めの月
2 《嵐の神、ケラノス
1 《スラーグ牙

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST