EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2018(スタンダード)

観戦記事

準々決勝:夏目 拓哉(神奈川) vs. 横田 一弥(東京)

小山 和志

 予選ラウンドが終わり、準々決勝が始まるまでの束の間。トップ8進出とプロツアー権利を懸けた第15回戦、つまり最大の山場に満ちていた緊張した空気は、それを乗り越えたプレイヤーたちの安堵感と達成感で緩んだ。

 そして、その空気感のままデッキリスト交換に入り、雑談を交わしながら徐々に対戦へと気持ちを切り替えていくのが決勝ラウンド進出者たちの間でよく見る光景だ。

 ところが、ともに初めてのグランプリ決勝ラウンド進出を果たした夏目 拓哉(使用デッキ:セレズニア・トークン)と横田 一弥(ゴルガリ・ミッドレンジ)は、デッキリストの交換中も静かに、ほとんど言葉を発することなく対戦相手のデッキの委細が記された紙に目を通していく。

 夏目 拓哉は1999年にマジックを始めたといい、かつては首都圏周辺で、その後はChagamo Fireball総帥として山梨で、そして現在は神奈川でと場所を変えながらもマジックに親しんできた。その20年選手がついに手にした大舞台。その心中に去来する思いと緊張感は測り知れない。

 夏目がじっくりとデッキリストを目に通していく中、対する横田は初めてのプロツアー権利獲得、初めてのグランプリトップ8という状況にもかかわらず、1分以上の閲覧時間を残して「うん」と頷き、紙を裏に伏せた。他のテーブルのプレイヤーたちが雑談もそこそこに押し黙っていく中、横田が静かに「厳しいなあ〜」と呟き、それを皮切りに徐々に両者に笑顔が見え始める。

 はしゃぎすぎることはなく、熱くなり過ぎることもない。互いに大人な、紳士的なやり取りを交わし試合への準備を進めていく。

 そうして、グランプリ・静岡2018(スタンダード)準々決勝が開始された。

 
夏目 拓哉(写真左) vs. 横田 一弥(写真右)
ゲーム1

 夏目は《苗木の移牧》《協約の魂、イマーラ》《不和のトロスターニ》《大集団の行進》と土地が2枚と、マナさえ並べば短期決戦でも長期戦でも戦える7枚をキープ。

 一方、マリガン後の横田は土地4枚に《採取+最終》《ウルザの後継、カーン》という手札をキープ。序盤は心もとないながらも対トークンデッキに抜群の強さを誇る《最終》まで辿り着ける展開となれば間に合うだろうか。

 先手の夏目が《協約の魂、イマーラ》で殴り始め、《苗木の移牧》と横に並べ、まずはマウントを取りに行く。

 一方、受ける横田は3、4ターン目に《ラノワールのエルフ》を召喚するのみに留まっており、焦点は《最終》が間に合うかどうかだ。

 加速する夏目は《敬慕されるロクソドン》! これでトークンが全て2/2のサイズとなり、一気に勝負を決めにかかる。耐える展開が続く横田は《貪欲なチュパカブラ》で時間を稼ぐが、早くもライフは8まで落ち込んでしまう。

 
最終》プレイの機を伺う横田

 さらに夏目は5枚目の土地を置けなかったものの《ベナリア史》を盤面に追加し、横田に対処を迫る。

 結果、横田は《最終》で自らの《ラノワールのエルフ》ごと盤面を流すしかないのだが、返すターンに夏目は《暴君への敵対者、アジャニ》で《協約の魂、イマーラ》を戦場に戻し、戦線を再構築する。

 横田は《ウルザの後継、カーン》でトークンを生成し粘る構えだが、ここで待望の5マナに達した夏目が《不和のトロスターニ》!

 さらに《暴君への敵対者、アジャニ》で騎士・トークンと《協約の魂、イマーラ》を強化し、《ウルザの後継、カーン》には目もくれず横田本体を攻撃。

 《ウルザの後継、カーン》で《ヴラスカの侮辱》を手に入れた横田だが、夏目が再構築した盤面をそれ1枚では覆すことができない。

夏目 1-0 横田

ゲーム2

 夏目が《軍団の上陸》でスタート。横田は《マーフォークの枝渡り》で吸血鬼・トークンを止められる体制を作ったものの、夏目が展開した《アダントの先兵》を放置できないと判断し、《黄金の死》で一旦戦場をリセットする。

 仕切り直しとなった夏目は《開花》で土地を調達し、《苗木の移牧》から再展開。横田は《ゴルガリの女王、ヴラスカ》で対抗するが、夏目は《協約の魂、イマーラ》《軍団の上陸》の2枚目で《ゴルガリの女王、ヴラスカ》を落としにかかる。

 
全体除去1枚では夏目を止められない

 手札に《最終》こそ抱えるものの、有効牌がそれ1枚のみの横田。《軍団の上陸》が《一番砦、アダント》に変身するのを止めることができず、そして《ゴルガリの女王、ヴラスカ》も失ってしまう。

 6ターン目に《最終》で再度夏目の軍団を流すものの、キッカーでの《苗木の移牧》《アダントの先兵》、そして《一番砦、アダント》で再加速する夏目に追いつけない。

 ようやく《真夜中の死神》を引き込むが、全体除去を引き込むしか打開策はなく、引き込んだとしても《一番砦、アダント》は止まらない。

 横田はドローを確認すると悔しそうに天を仰いだのだった。

夏目 2-0 横田

 試合後、悔しさを隠しきれない横田だったが、余韻もそこそこに夏目に「頑張ってください!」と声をかけ、前を向いて颯爽とフィーチャーマッチを去っていった。

 このグランプリでは横田の戦いは終わったが、視線の先にはさらなる大舞台、プロツアーが待っている。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST