EVENT COVERAGE

グランプリ・香港2015

観戦記事

第10回戦:松本 郁弥(石川) vs. 内野 淳(東京)

By Masashi Koyama

 グランプリ・香港2015は2日目を迎え、最初のラウンドから日本勢ポールポジションである8勝1敗で初日を折り返した2人の日本人プレイヤー同士がいきなり激突することとなった。


松本 郁弥(写真左) vs. 内野 淳(写真右)

 松本はグランプリ・静岡2015グランプリ・千葉2015で初日全勝を果たし、ここ香港の地でも順調に初日を突破している。
 ドラフトしたのは青赤黒のビートダウンで、念願のトップ8入賞に向けて勝ち星を重ねたいところだ。

 対する内野は強力な緑白デッキを組み上げ、フィーチャーマッチエリアに現れた。
 「こんなところで日本人と当たらなくてもいいのに」とお互い苦笑いしながら雑談を交わすが、そんなことも言っていられない。

 シャッフルを終えるとお互いの表情が一気に引き締まり、戦いが始まった。

ゲーム1

 ダイスロールで先手は内野。松本が《ゴブリンの栄光追い》《ドラゴンの餌》で序盤から積極的に戦線を横に展開していくのに対し、内野は《前線の僧侶》と《戦乱の神託者》で守りに回る形。

 《戦乱の神託者》が高名になってしまっては厳しい松本は《分離主義者の虚空魔道士》で一度これを内野の手札に戻すと、《猛火のヘルハウンド》で戦線の維持に務め、続く《戦乱の神託者》のアタックには《ドラゴンの餌》のトークンでブロック後、《猛火のヘルハウンド》の能力で生け贄に捧げライフの回復と高名を防いでいく。

 だが、内野の手からは2体目の《戦乱の神託者》が。

 松本は1体の《戦乱の神託者》こそ《アクロスの兵長》でブロックし、先制攻撃のダメージを与えた後に《猛火のヘルハウンド》の能力でダメージを加算し、除去することに成功はする。しかし残るもう一方の《戦乱の神託者》が高名を達成、さらに内野の追加戦力は《議事会の自然主義者》と、盤面で完全に押されてしまう。

 何とかダメージを重ねたい松本は2体目の《猛火のヘルハウンド》を召喚し、《戦乱の神託者》と相打ちに持ち込むと、《チャンドラの憤怒》で《葉光らせ》を除去しながら総攻撃。内野のライフを一桁まで落とし込みダメージレースをリードする。

 だが、勝負が着いたのはその返すターン。内野の手札から飛び出したのは《ガイアの復讐者》。

 これが松本に殴りかかり、10以上あったライフを一瞬で削りきったのだった。

松本 0-1 内野


内野は強力な白緑デッキを手に1ゲームを先取
ゲーム2

 先手の松本が《金切り声のスカーブ》、内野が《葉光らせ》からのスタート。この《葉光らせ》を松本は《眼腐りの暗殺者》で葬り、内野の《絡み爪のイトグモ》は《投げナイフ》で乗り越えていく。

 この《眼腐りの暗殺者》は《森林群れの狼》と相打ちになるが、松本は《アクロスの兵長》を召喚し、《投げナイフ》を装備することで次ターンから4/2先制攻撃での攻勢を匂わせる。

 それを許すまいと内野の手札からは《議事会の自然主義者》が。

 これが《投げナイフ》を破壊したことで、土地ばかり引いている松本の戦線は一気に苦しいものになる。

 内野はここが攻めに転じる分水嶺と見て、《果樹園の霊魂》《ファリカの信奉者》《トーパの自由刃》を戦場に加え、松本を押しこんでいく。


松本にとっては苦しい展開となった

 松本は《議事会の自然主義者》こそ《金切り声のスカーブ》と《アクロスの兵長》で相打ちに取るが、さらなる《果樹園の霊魂》を見て、松本は土地だらけの手札を公開したのだった。

松本 0-2 内野

内野 Wins!
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST