EVENT COVERAGE

チャンピオンズカップファイナル サイクル1

トピック

チャンピオンズカップファイナル サイクル1を写真で振り返る

Asako Seo

 2日間にわたり行なわれた、久しぶりの大型イベント「プレイヤーズコンベンション愛知2022」。さまざまな催しが行なわれていた様子は、ぜひ「プレイヤーズコンベンション愛知2022」のカバレージページからご覧ください。

 ここでは、メインイベントの「チャンピオンズカップファイナル サイクル1」を中心に、写真で様子を振り返ってまいります。

cc22f1_day2matome_01.jpg

 土曜日の朝、会場であるAichi Sky ExpoのホールDに吸い込まれていくプレイヤーたちの列。

cc22f1_day2matome_02.jpg

 会場に入るとすぐに目に入るのがトロフィーと、ウルザとミシュラが描かれたバナー。記念撮影している人が大勢いました。

cc22f1_day2matome_03.jpg

 写真では広さがわかりにくいですが、会場全体でマジックが売られ、遊ばれ、トレードされています。

cc22f1_day2matome_04.jpg

 プロツアー『戦乱のゼンディカー』優勝などで知られ、先日亡くなられた瀧村和幸さんを偲ぶコーナーが、会場の中央付近に設けられました。獲得したトロフィーが飾られ、戦績なども展示されています。

cc22f1_day2matome_05.jpg

 瀧村さんの過去の写真やインタビュー、ゆかりのある人々からのメッセージが並んでいます。常に多くの人が足を止め、じっくりと読んでいました。

cc22f1_day2matome_06.jpg

 こちらがチャンピオンズカップファイナルの受付です。

cc22f1_day2matome_07.jpg

 試合中の様子。手前がチャンピオンズカップファイナル、奥にはプレイヤーズコンベンションオープンが行なわれているエリアが広がっています。

cc22f1_day2matome_08.jpg

 数えきれないほどさまざまなサイドイベントが開催されていますが、こちらは敷居の低さが売りの「2人チームスタンダード」。インフルエンサーのペアも参加しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

cc22f1_day2matome_09.jpg

 併催されているエターナル・ウィークエンドのエリア。土曜日のヴィンテージには100人超、日曜日のレガシーにはほぼ400人のプレイヤーが参加していました。

cc22f1_day2matome_10.jpg

 2日目、チャンピオンズカップファイナルの出場者は上位64人へと絞られました。

cc22f1_day2matome_11.jpg

 トップ8が決定し、名前を呼ばれて拍手とともに前へ。

cc22f1_day2matome_12.jpg

 表彰式で、準優勝の京極匡将選手に牧野ヘッドジャッジよりトロフィーが授与されます。

cc22f1_day2matome_13.jpg

 優勝こそなりませんでしたが、世界選手権出場を果たし、チームメイトと喜びを分かち合いました。

cc22f1_day2matome_14.jpg

 チャンピオンズカップファイナル サイクル1の優勝者、平山怜選手には賞金8800ドルが授与されます。

cc22f1_day2matome_15.jpg

 優勝の副賞として、日清食品様より「カレーメシ欧風カレー」1年分が贈られます。1食で33種類の栄養素がバランスよくとれる「完全メシ」なので、マジックの練習に明け暮れる時にもうってつけですね。

cc22f1_day2matome_16.jpg

 さらなる副賞は、アルティメットガード様からの「KATANAスリーブ」「KATANAインナースリーブ」1年分(各60個)で、BIG MAGIC伊藤様より授与されます。1週間に1セットのペースで使える計算で、色も10色の中から選べるそうです。

cc22f1_day2matome_17.jpg

 撤収が進む会場で、最後に残ったのがエターナル・ウィークエンド(レガシー)の決勝戦でした。こちらのレポートは、のちほどウェブサイトで公開予定です。


 なお、2023年3月4~5日には横浜市・パシフィコ横浜で「チャンピオンズカップファイナル サイクル2」が開催される予定で、まさに今、その予選を全国の各店舗にて実施中です。

 横浜も今回のように、さまざまなフォーマットのイベントが一堂に会するお祭りイベントとなる予定です。今週末会場にいらっしゃった方は次も必ず、「今回は行けなかった……」という方は今度こそ、ぜひご参加ください!

  • この記事をシェアする

サイト内検索