EVENT COVERAGE

2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)

トピック

2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)1日目の注目の出来事

Corbin Hosler

2019年12月6日


 

(編訳注:埋め込み動画は英語実況のものです。)

 今大会は初日のスタンダード8回戦を終え、トップ8を決める2日目へ移行する。多種多様なメタゲームにスリリングな瞬間、勝利の興奮、世界選手権2019についての発表……私たちは初日の出来事をすべて目撃してきた。

 ここでは、2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)初日の注目の出来事をお届けしよう。

世界選手権はホノルルへ

 およそ4年ぶりに、陽光きらめくハワイでマジックの大会が行われることになった。今シーズン最大のイベント「マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019」は、来年2月に16名限りの超限定招待で開催される。賞金総額は100万ドル――優勝賞金はマジック史上最高額の30万ドルだ。

 開催地は本日、2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)の場で発表された。選手たちが初日の終盤戦で激闘を繰り広げている最中のことだった。

祝福のレイをその手に。 #MTGWorldsがハワイにやって来ます!
2020年2月14~16日は、16人の世界最高のマジック・プレイヤーたちによる「世界王者」の座を懸けた戦いにご注目ください。
果たして #MythicChampionshipVII で出場枠を勝ち取るのは誰か?
http://Twitch.tv/Magicで戦いを見守りましょう!


 

 殿堂顕彰者であるブライアン・キブラー/Brian Kiblerや八十岡 翔太、それからデッキ構築の達人として名高いマーク・ハーバーホルツ/Mark Herberholzの優勝など、ホノルルの地にはマジックの歴史に残る最高の瞬間が刻まれている。史上最高のトップデッキの1つが生まれたのもこの場所だ(参考動画:英語)。

今年の #MTGWorlds はハワイか。ほら、ウチのチームはもう準備万端さ。


 

ハワイで #MTGWorlds とか最高だね! マハロ~


 

 ハワイはマジックにとって最高の舞台であり、今度の旅も素晴らしいものになるだろう。

世界選手権の出場枠を勝ち取るのは?

 2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)は今シーズン最後の大会であり、参加者にとって懸かっているものはこれまで以上に大きい。世界選手権2019の参加権利から来シーズンのマジック・プロリーグや新たに創設されるライバルズ・リーグの所属枠まで、今大会の最終日にはすべてのレースが決着するのだ。

 まずはポイント上位から確認しよう。直近に行われた2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド)での活躍により、ラファエル・レヴィ/Raphaël Lévyとセバスティアン・ポッツォ/Sebastian Pozzoが世界選手権2019の参加権利を確定させた。

 今大会での活躍で彼らに続いたのは、クリス・カヴァルテク/Chris Kvartekだ。彼はここロングビーチで見事2日目進出を果たし、2019年シーズンの獲得ミシック・ポイントで「挑戦者」の上位4名を確定させた。

クリス・カヴァルテク

 当落線上にいるのは、2日目進出を決めたもののトップ16以上の成績を収める必要があるガブリエル・ナシフ/Gabriel Nassifだ。彼は今大会のゆくえを固唾を呑んで見守るルイス・スコット=ヴァーガス/Luis Scott-Vargasを、獲得ポイントで上回らなければならないのだ。その一方で、スタニスフラフ・ツィフカ/Stanislav Cifkaは惜しくも今大会の最終ラウンドで初日敗退となり、世界選手権の枠を争うレースからも脱落した。

 MPLからは、ポイント・レースで競っていたライバルたちが今大会で初日敗退の結果になったことで、マルシオ・カルヴァリョ/Márcio CarvalhoがMPLの上位4名を確定させ、世界選手権の参加権利を手にした。2日目は残るMPLの3枠をめぐる戦いとなり、それも明日の7回戦で決着する。

マルシオ・カルヴァリョ

大きく開かれたスタンダードのメタゲーム

 今年のスタンダードは、起伏が激しかったと言わざるを得ないだろう。だがいくつかのカードが禁止されたことで、今大会におけるメタゲームは多様性にあふれたものになり、実に多彩な戦略が初日で成功を収めた。

 アグレッシブなデッキからコントロール、果ては《グレートヘンジ》や《戦争の犠牲》まで、一瞬統率者戦のゲームを見ているのかと錯覚してしまっても無理のないことだろう――《破滅の終焉》から《終末の祟りの先陣》という派手な勝ち方すら、目撃できたのだから。

 今大会に先がけて公開されたメタゲームの様相は、以下の通りだ。

MCVII-Metagame-Popular.jpg MCVII-Metagame-Rogue.jpg

 この新たなスタンダードの世界では、巨大なドラゴンから小さなネコ(もちろん横には《魔女のかまど》も)まで、本気であらゆるものが活躍し得るのだ。


 

 

その他のあれこれ

 明日は初日を突破した24名にMPLエルドレイン・スプリットにおける各ディビジョンの優勝者4名が加わり、2日目の競技に挑む。彼らはトップ8入賞を目指し、持てる力を尽くすだろう。だが新星クリス・カヴァルテクにとっては、他にも不安を感じる大仕事があるようだ。

 ミシックチャンピオンシップの舞台にあっても、「finals(期末試験)」からは逃れられない。


 

 「finals」といえば、以前「finals(決勝戦)」で見事な勝利を収めた王者たちも2日目に残っている。今年はじめのミシックインビテーショナルの王者アンドレア・メングッチ/Andrea Mengucciと現在の世界王者(にして2019ミシックチャンピオンシップⅤ王者)ハビエル・ドミンゲス/Javier Dominguezの活躍にも注目だ。

#MythicChampionshipVII 2日目進出!!! 明日も応援よろしく!


 

 そしてもちろん、ブラッド・ネルソンとマイク・シグリスト/Brad Nelson-Mike Sigristのコンビの話をせずには終われない。

@Savjzが「ブラッド、ブラッド! 俺たち当たったぞ……ブラッド!!」って大声出しながら@MSgrist83を追いかけていった。


 

(Tr. Tetsuya Yabuki)

  • この記事をシェアする