マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

津村健志の「先取り!」スタンダード・アナライズ

2018.01.26

津村健志の「先取り!」スタンダード・アナライズ 『イクサランの相克』発売! 新たな世界の探検

kenjitsumura.jpg

 こんにちは! 晴れる屋の津村です。

 『イクサランの相克』発売を前に、スタンダードで4種類のカードが禁止カードに指定されました。


 禁止カードに関する所感などは省略させていただきますが、『イクサランの相克』もあいまってスタンダード環境には大きな変化が訪れました。世界各地、そしてMagic Onlineで早速いくつかの大型イベントが開催されていたので、今週はその中から活躍が顕著だったデッキや、これからの活躍に期待できそうな新デッキをご紹介したいと思います。

マルドゥ機体

Julian John - 「マルドゥ機体」
StarCityGames.com Team Constructed Open Dallas 優勝 / スタンダード (2018年1月20日)
3 《山》
3 《平地》
4 《感動的な眺望所》
2 《泥濘の峡谷》
1 《竜髑髏の山頂》
4 《秘密の中庭》
4 《産業の塔》
2 《霊気拠点》

-土地(23)-

4 《ボーマットの急使》
4 《模範的な造り手》
4 《屑鉄場のたかり屋》
3 《経験豊富な操縦者》
2 《ピア・ナラー》
1 《アムムトの永遠衆》
3 《熱烈の神ハゾレト》

-クリーチャー(21)-
2 《致命的な一押し》
3 《稲妻の一撃》
4 《無許可の分解》
4 《キランの真意号》
2 《霊気圏の収集艇》
1 《反逆の先導者、チャンドラ》

-呪文(16)-
3 《強迫》
1 《マグマのしぶき》
2 《削剥》
1 《焼けつく双陽》
2 《残骸の漂着》
1 《排斥》
2 《燻蒸》
1 《反逆の先導者、チャンドラ》
1 《炎鎖のアングラス》
1 《屍肉あさりの地》

-サイドボード(15)-
StarCityGames.com より引用)

luciencool - 「マルドゥ機体」
Magic Online Standard PTQ #11113974 優勝 / スタンダード (2018年1月20日)
3 《山》
3 《平地》
1 《沼》
4 《感動的な眺望所》
2 《泥濘の峡谷》
2 《竜髑髏の山頂》
4 《秘密の中庭》
4 《産業の塔》
1 《霊気拠点》

-土地(24)-

4 《ボーマットの急使》
4 《模範的な造り手》
4 《屑鉄場のたかり屋》
4 《経験豊富な操縦者》
2 《ピア・ナラー》
4 《熱烈の神ハゾレト》

-クリーチャー(22)-
2 《マグマのしぶき》
2 《削剥》
4 《無許可の分解》
4 《キランの真意号》
2 《霊気圏の収集艇》

-呪文(14)-
1 《栄光をもたらすもの》
4 《強迫》
2 《領事の権限》
1 《削剥》
1 《没収》
2 《残骸の漂着》
1 《霊気圏の収集艇》
3 《反逆の先導者、チャンドラ》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Standard PTQ より)

 新環境1週目で、大きな成功を収めたデッキが「マルドゥ機体」です。StarCityGames.com Team Constructed Openと、Magic Onlineで開催されたプロツアー予選という、ふたつの大型大会で優勝を飾っており、「マルドゥ」強しを再び印象付ける結果となりました。

 このデッキの強みは初登場時からずっと変わることなく、 「環境屈指の最高速度」と「多角的な攻撃手段」のふたつを売りにしています。

 《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》から始まる一連の動きは現環境においても一級品です。もうひとつの強みである多角的な攻撃手段に関しても、ソーサリー除去呪文の効かない「機体」、何度でも蘇る《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》、そして破壊不能を持つ《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》と、一昔前のリストと比べても何ら遜色はありません。

 除去スロットは環境初期ということもあってか人によってばらつきが見られますが、現時点では《致命的な一押し/Fatal Push》と《削剥/Abrade》の組み合わせが最もミラーマッチに強く、それでいてバランスがいいように思います。《削剥/Abrade》は《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》対策も兼ねているので、サイドボードのスロットが空くという意味でも優秀です。

 サイドボードで注目のカードは《残骸の漂着/Settle the Wreckage》、《領事の権限/Authority of the Consuls》、《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》および《没収/Dispossess》でしょうか。

 《残骸の漂着/Settle the Wreckage》はクリーチャーデッキへの解答となりますが、《燻蒸/Fumigate》との違いは《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》や《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》を対処できる点です。今現在はビートダウン=赤いデッキと言っても過言ではないため、全体除去を採用するのであれば真っ先に検討されるのが《残骸の漂着/Settle the Wreckage》となっています。ただし黒緑系のデッキに対しては《燻蒸/Fumigate》もかなり使いやすいため、この辺りはメタゲーム次第での使い分け、または最初のリストのように併用するといいでしょう。

 《領事の権限/Authority of the Consuls》も見た目通りの赤いデッキ対策です。しかし、赤いデッキは「マルドゥ」のようなデッキと対峙する際にサイドボード後に除去を増量して重いカードで勝負する形になりやすいため、そのような状況で役に立たないという弱点があります。その場合は《領事の権限/Authority of the Consuls》に費やしたカード1枚分の差が重くのしかかってしまうので、赤いデッキがサイドボード後に重くシフトするのが一般的になるようであれば違うカードに変更してもいいと思います。

 これらは主に《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》対策です。《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》には《復元/Refurbish》を採用した「青白」型、さらには《来世への門/Gate to the Afterlife》を採用した「エスパー」型の二通りがあり、Magic Onlineでも結構な頻度で対戦するので、専用対策カードを用意する価値は十二分にあると思います。

 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》の方が汎用性に長けるものの《没収/Dispossess》の方がクリティカルなのは明白なので、個人的には《没収/Dispossess》の方が好みです。ただし、メインデッキの土地が23枚の場合はサイド後にデッキを重くする際に追加の土地を用意しておく方がいいので、そういった事情もあるのなら《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》を優先しましょう。


 先週末の結果としては、「マルドゥ機体」がビートダウンデッキの中で最も秀逸な結果を残しましたが、禁止カードの影響を色濃く受けたはずの「赤単」デッキも負けてはいません。

赤単

Tristen Loob - 「赤単アグロ」
StarCityGames.com Standard Classic Dallas 優勝 / スタンダード (2018年1月21日)
16 《山》
4 《陽焼けした砂漠》
2 《屍肉あさりの地》

-土地(22)-

4 《ボーマットの急使》
4 《損魂魔道士》
4 《地揺すりのケンラ》
2 《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》
4 《アン一門の壊し屋》
4 《熱烈の神ハゾレト》
2 《栄光をもたらすもの》

-クリーチャー(24)-
4 《ショック》
4 《暴力の激励》
4 《稲妻の一撃》
2 《削剥》

-呪文(14)-
4 《過酷な指導者》
3 《ピア・ナラー》
2 《チャンドラの敗北》
1 《削剥》
1 《ヴァンスの爆破砲》
2 《霊気圏の収集艇》
2 《反逆の先導者、チャンドラ》

-サイドボード(15)-
StarCityGames.com より引用)

 禁止カードによる弱体化もどこ吹く風。《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins》と《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon》を失ってなお、このデッキの輝きは色褪せていないようです。

 以前との大きな違いとしては、《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins》の退場に伴い、マナフラッド(土地ばかり引いてしまい何も行動できない状態)に陥りやすくなった点が挙げられます。現時点ではまだ土地が24枚の形が主流のようですが、このリストのように22枚のリストも散見されるようになってきたので、土地の総数や細部に関してはこれから要検討となりそうです。


グリクシス・ミッドレンジ

キムラ ケンタ - 「グリクシス・ミッドレンジ」
晴れる屋 『イクサランの相克』環境初陣戦 優勝 / スタンダード (2018年1月20日)
2 《島》
3 《沼》
2 《山》
4 《水没した地下墓地》
2 《異臭の池》
4 《尖塔断の運河》
3 《竜髑髏の山頂》
1 《泥濘の峡谷》
4 《霊気拠点》

-土地(25)-

4 《光袖会の収集者》
4 《つむじ風の巨匠》
2 《豪華の王、ゴンティ》
2 《再燃するフェニックス》
3 《スカラベの神》
2 《奔流の機械巨人》

-クリーチャー(17)-
3 《致命的な一押し》
4 《蓄霊稲妻》
3 《削剥》
2 《本質の散乱》
2 《至高の意志》
3 《ヴラスカの侮辱》
1 《反逆の先導者、チャンドラ》

-呪文(18)-
1 《多面相の侍臣》
1 《原初の死、テジマク》
3 《強迫》
1 《チャンドラの敗北》
1 《マグマのしぶき》
3 《否認》
1 《アズカンタの探索》
1 《不許可》
1 《黄金の死》
1 《天才の片鱗》
1 《炎鎖のアングラス》

-サイドボード(15)-
晴れる屋 より引用)

 「グリクシス・ミッドレンジ」は前環境のグランプリ・アトランタ2017で9位に入賞していたりと、実績が豊富なデッキです。新環境でもその力を遺憾なく発揮しており、現在ではMagic Onlineで最も対戦回数が多いデッキです。

 このデッキのキーカードは《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》です。大量の除去呪文にバックアップされた《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》を戦闘で迎え撃つことは容易ではありませんし、一度アドバンテージ差が広がり始めるとそれに追いつくことは非常に困難となります。

 また、《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》と《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》は「エネルギー」の供給源として《霊気拠点/Aether Hub》や《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》を使いやすくするという重要な役割も担っています。

 このリストならではの特徴としては、一般的に《栄光をもたらすもの/Glorybringer》が採用されることが多いスロットに《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》が起用されている点が挙げられます。《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》は攻守において活躍する新戦力で、《栄光をもたらすもの/Glorybringer》にはない除去耐性が魅力の1枚です。とりわけ《チャンドラの敗北/Chandra's Defeat》が飛び交うサイドボード後にこの違いは大きな差となりますし、今後赤系のデッキが隆盛して《チャンドラの敗北/Chandra's Defeat》の枚数が増えるようであれば、このリストのように赤いパーマネントを極限まで減らした構築は参考になると思います。

 サイドボードには対ミッドレンジやコントロールを見据え、《アズカンタの探索/Search for Azcanta》や《宝物の地図/Treasure Map》が採用されることがほとんどです。どちらも設置コストが軽く、それでいて「変身」後の能力が強力なところまでは同じですが、現状では環境全体として《削剥/Abrade》の使用率が高いため、「変身」前の壊れやすさには少し差があります。それでいて《廃墟の地/Field of Ruin》の採用率は低い傾向にあるため、どちらか片方を採用するのであれば《アズカンタの探索/Search for Azcanta》がお勧めです。


黒緑巻きつき蛇

ThePotatoKid - 「黒緑巻きつき蛇」
Magic Online Competitive Standard Constructed League 5勝0敗 / スタンダード (2018年1月22日)
7 《森》
4 《沼》
4 《花盛りの湿地》
3 《穢れた果樹園》
4 《霊気拠点》
2 《イフニルの死界》

-土地(24)-

4 《光袖会の収集者》
4 《導路の召使い》
4 《歩行バリスタ》
4 《巻きつき蛇》
4 《翡翠光のレインジャー》
1 《貪欲なチュパカブラ》
4 《新緑の機械巨人》

-クリーチャー(25)-
4 《致命的な一押し》
3 《ヴラスカの侮辱》
2 《霊気圏の収集艇》
2 《秘宝探究者、ヴラスカ》

-呪文(11)-
2 《貪る死肉あさり》
2 《巧射艦隊の追跡者》
2 《豪華の王、ゴンティ》
2 《強迫》
4 《造命師の動物記》
2 《失われた遺産》
1 《生命の力、ニッサ》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Competitive Standard Constructed League より)

 こちらも歴史の長いデッキである「黒緑巻きつき蛇」。「エネルギー」と「+1/+1カウンター」の力を増す《巻きつき蛇/Winding Constrictor》を軸に、《歩行バリスタ/Walking Ballista》や《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》で対戦相手を圧倒するアーキタイプです。

 このデッキのセールスポイントは、対クリーチャー戦にめっぽう強いことです。特に《歩行バリスタ/Walking Ballista》が効果的な、小型クリーチャーが多いデッキに対しては無類の強さを誇ります。その一方で、全体除去呪文が満載の「青白コントロール」系のデッキは苦手とするため、サイドボードにはかなりの枚数の対策カードが用意してあります。

 その筆頭が《造命師の動物記/Lifecrafter's Bestiary》。過去にも黒緑系のデッキで採用実績のあるカードで、これさえ設置できればコントロールデッキをアドバンテージで凌駕することができます。

 さらには黒いデッキで定番の《強迫/Duress》と《失われた遺産/Lost Legacy》もしっかりと完備してあります。どちらも《残骸の漂着/Settle the Wreckage》対策として最適で、《失われた遺産/Lost Legacy》は《副陽の接近/Approach of the Second Sun》を奪い去ることも可能です。

 また、《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》の加入により以前から問題視されていた「5マナに到達できず《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》を手札に抱えたまま負けてしまう」といった展開が大幅に緩和されています。《巻きつき蛇/Winding Constrictor》から繋げることで、3ターン目にして最高で6/5という驚異的なサイズになる可能性もありますし、「黒緑巻きつき蛇」は《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》を最大限に活用できるデッキと言えます。

 最後に、現在は以前よりも《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》の使用率が増えているので、《巻きつき蛇/Winding Constrictor》と《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》の相互関係には注意しておきましょう。《巻きつき蛇/Winding Constrictor》はクリーチャーに置かれるカウンターが「-1/-1カウンター」であってもそれをひとつ追加してしまいます。そのため、対戦相手が《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》をコントロールしている状況で《巻きつき蛇/Winding Constrictor》をトップデッキした場合、相手が《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》を起動するまで《巻きつき蛇/Winding Constrictor》を温存しておいた方が良い展開があったりします。


 ここまでは既存のデッキのアップデートをお届けしましたが、ここからは『イクサランの相克』リリース後に誕生したデッキをチェックしていきましょう。

白黒吸血鬼

Deburca - 「白黒吸血鬼」
Magic Online Competitive Standard Constructed League 5勝0敗 / スタンダード (2018年1月13日)
5 《平地》
6 《沼》
4 《秘密の中庭》
4 《手付かずの領土》
4 《イフニルの死界》

-土地(23)-

4 《空渡りの野心家》
2 《薄暮まといの空渡り》
4 《アダントの先兵》
4 《才気ある霊基体》
4 《軍団の副官》
3 《薄暮軍団の盲信者》
2 《薄暮の使徒、マーブレン・フェイン》
2 《不死の援護者、ヤヘンニ》
3 《聖域探究者》
2 《黄昏の預言者》

-クリーチャー(30)-
3 《軍団の上陸》
4 《致命的な一押し》

-呪文(7)-
2 《配分の領事、カンバール》
4 《強迫》
2 《領事の権限》
1 《沈黙の墓石》
2 《失われた遺産》
2 《イクサランの束縛》
2 《黄昏+払暁》

-サイドボード(15)-
MTGO Standings Competitive Standard Constructed League より)

 『イクサラン』ブロックでは「部族」がテーマに設定されていますが、その中でも「白黒吸血鬼」は現時点で最も完成度が高いと感じているアーキタイプです。短期戦も長期戦もそつなくこなすオールラウンダーで、他の部族デッキとの決定的な違いは除去耐性のあるカードが豊富なところ。

 「白黒吸血鬼」デッキはライフ回復能力にもクリーチャー生成能力にも長けているため、上記3種類のカードはその力を遺憾なく発揮することができます。サイドボードの《強迫/Duress》、《失われた遺産/Lost Legacy》と合わせて全体除去呪文の入ったデッキともしっかりと渡り合える構成に仕上がっていますし、事前の予想よりもはるかにデッキパワーが高くて苦手が少ない印象です。

 試行回数が少ないながら、実際に試合をしてみて唯一相性が悪そうだと感じたマッチアップは先ほどご紹介した「黒緑巻きつき蛇」だったので、サイドボードの全体除去呪文は《巻きつき蛇/Winding Constrictor》も《歩行バリスタ/Walking Ballista》も確実に対処できる《燻蒸/Fumigate》を優先してもいいかもしれません。《歩行バリスタ/Walking Ballista》対策としてはいささか心もとないものの、追加の軽量除去として《不可解な終焉/Baffling End》も検討に値すると思います。


青緑マーフォーク

Jim Forgus - 「青緑マーフォーク」
StarCityGames.com Team Constructed Open Dallas 9位 / スタンダード (2018年1月20日)
7 《島》
4 《森》
4 《植物の聖域》
4 《手付かずの領土》
3 《ハシェプのオアシス》

-土地(22)-

4 《クメーナの語り部》
4 《霧まといの川守り》
4 《深根の精鋭》
4 《マーフォークの霧縛り》
4 《金属ミミック》
4 《銀エラの達人》
4 《ジャングル生まれの開拓者》
4 《オラーズカの暴君、クメーナ》
2 《海底の神託者》

-クリーチャー(34)-
2 《送還》
2 《本質の散乱》

-呪文(4)-
2 《貪る死肉あさり》
2 《大嵐呼び》
1 《人生は続く》
4 《否認》
3 《帰化》
1 《本質の散乱》
2 《提督の命令》

-サイドボード(15)-
StarCityGames.com より引用)

 こちらは「白黒吸血鬼」以上にシナジーに特化した「青緑マーフォーク」。個々のカードが織りなすシナジー、そして展開力は環境随一と言っていいほどで、全体除去呪文以外でこの猛攻を止めるのは至難の業です。

 序盤から中盤にかけての圧倒的な爆発力を支えているのが《深根の精鋭/Deeproot Elite(RIX)》と《金属ミミック/Metallic Mimic(AER)》の2種類。放置してしまうとすぐにゲームが終わってしまうため、対戦相手に除去呪文を強制させる働きがあり、ゲーム運びが楽になる点も加点対象です。

 そして、「青緑マーフォーク」の強さの根源とも言えるカードが《オラーズカの暴君、クメーナ/Kumena, Tyrant of Orazca》さん。3つの能力全てが強力で、追加のカードが引ける状態になればすぐさま最後の能力に繋がりゲームを終わらせてくれます。

 問題点としては、全ての能力が強すぎるがゆえに起動の仕方が難しいことですね。特に5体のクリーチャーをコントロールしている際には 「《オラーズカの暴君、クメーナ/Kumena, Tyrant of Orazca》をブロック不能にして攻撃しつつ残った3体でカードを引く」「マーフォークに+1/+1カウンターを置く」など多くの選択肢が生まれるので、しっかりと経験を積んで正解を導き出せるようにしておきましょう。

 また、対戦相手が攻撃的なデッキを使用している場合には、戦闘前にクリーチャーを除去してきて「《オラーズカの暴君、クメーナ/Kumena, Tyrant of Orazca》の能力を起動するか、それともブロッカーを残すために能力を起動しないか」という二択を迫られることが多々あります。ある程度クリーチャー数に余裕があるのならば攻撃を控えることでこの二択を回避することができるので、対戦相手の揺さぶりに動じてしまわないように、あまり意味のない攻撃は控えるように意識しましょう。

 他の3マナ域には《ジャングル生まれの開拓者/Jungleborn Pioneer》が採用されています。見た目は地味なカードですが、《深根の精鋭/Deeproot Elite》や《金属ミミック/Metallic Mimic》、《オラーズカの暴君、クメーナ/Kumena, Tyrant of Orazca》との相性が抜群で、全体除去呪文が少ない白以外のコントロールデッキに対してはお供の「呪禁」つきトークンを強化する戦略も有効です。

 サイドボードはこのデッキが苦手とする全体除去呪文対策を中心に構築されています。青マナ源が11枚と少ないため《提督の命令/Admiral's Order》は基本的に《残骸の漂着/Settle the Wreckage》を狙い撃ちにするカードですが、{U}{U}が用意できた際に《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》などのフィニッシャーを打ち消せる点はこのカードならではの利点ですね。

 他にコントロール対策としてよく見かけるのは《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》です。まだお試し中ではありますが、青黒系のコントロールに対しては《ルクサの恵み/Bounty of the Luxa》も面白いかなと思います。前述の通りマナフラッドに弱いデッキなので、《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》はメインデッキに昇格する可能性があるかもしれません。


白青オーラ

Jim Davis - 「白青オーラ」
StarCityGames.com Standard Classic Dallas 3位 / スタンダード (2018年1月21日)
7 《平地》
4 《島》
3 《灌漑農地》
4 《氷河の城砦》
2 《シェフェトの砂丘》

-土地(20)-

4 《空渡りの野心家》
3 《聖なる猫》
4 《アダントの先兵》
4 《典雅な襲撃者》
4 《上級建設官、スラム》

-クリーチャー(19)-
4 《結束のカルトーシュ》
4 《執着的探訪》
3 《軍団の上陸》
2 《防護の光》
4 《知識のカルトーシュ》
3 《不可解な終焉》
1 《結束の試練》

-呪文(21)-
2 《領事の権限》
2 《断片化》
2 《鉤爪の切りつけ》
2 《呪文貫き》
1 《潜水》
4 《否認》
1 《不可解な終焉》
1 《従者の献身》

-サイドボード(15)-
StarCityGames.com より引用)

 在りし日の「白青英雄的」デッキ(参考)を彷彿とさせるのがこちらの「白青オーラ」です。クリーチャーに次々とオーラ呪文を装着していくのが基本戦略となりますが、スタンダード離れした手数の多さが魅力的なデッキとなっています。

 これらがこのデッキの主戦力となりますが、この中で抜群の存在感を放つのが《アダントの先兵/Adanto Vanguard》。《人質取り/Hostage Taker》、《排斥/Cast Out》、《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》といったクリーチャーを「追放」してしまうカード、または「破壊不能」を無効化する《破滅の刻/Hour of Devastation》など、ごく一部のカードでしか対処されることがありませんし、オーラを付ける際に最も安心できるカードです。

 ただし、《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》と火力呪文の組み合わせは「破壊不能」で防ぐことができないので、《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》を見かけたら即座に《不可解な終焉/Baffling End》で対処してしまいましょう。

 《上級建設官、スラム/Sram, Senior Edificer》も《アダントの先兵/Adanto Vanguard》と同様に重要な役割を担う1枚です。このデッキならば生き残った場合にゲームを決めてしまえるだけの力がありますが、その強力な能力ゆえに真っ先に除去されてしまうので、最低でも1枚はカードを引けるように《上級建設官、スラム/Sram, Senior Edificer》が解決したら優先権を渡さずにすぐにオーラを唱えるようにしましょう。

 クリーチャーを守るカードとして、メインデッキには《防護の光/Sheltering Light》が、サイドボードには《潜水/Dive Down》が採用されています。この2種類を比較すると性能面では圧倒的に《潜水/Dive Down》が勝るものの、青マナ源が少ない都合で構えづらいことから、メインデッキでは《防護の光/Sheltering Light》が優先されているのだと思います。

 しかしながら《潜水/Dive Down》ならば《アダントの先兵/Adanto Vanguard》が苦手とするカードを概ね弾くことができるので、環境次第では多少のリスクを考慮してでも《潜水/Dive Down》を優先した方がいいと思います。

 Magic Onlineのリーグでも早速全勝を記録(参考:MTGO Standings Competitive Standard Constructed League より Jahikoi のデッキ)していましたし、コンボデッキのようなビートダウンデッキがお好きな方はぜひお試しください。


おわりに

 今週の「スタンダード・アナライズ」は以上です。禁止改定の影響もあり、この度の新環境はいつも以上にフレッシュな印象を受けています。「青白/エスパー (青白黒) 《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》」や各種コントロールデッキなど、今週ご紹介できなかったデッキもまだまだたくさんありますし、部族デッキを筆頭に伸びしろ満載のデッキが今後どのように成長していくかも楽しみですね! みなさんもお気に入りのカードを見つけて、ぜひともいろいろなデッキに挑戦してみてください!

 それでは、また次回の連載で!

前の記事: 津村健志の「先取り!」スタンダード・アナライズ プロツアー『イクサラン』とその後の変化 | 津村健志の「先取り!」スタンダード・アナライズ一覧に戻る

トピックス