READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

硬化した鱗(スタンダード)

Melissa_DeTora.jpg

硬化した鱗(スタンダード)

Melissa DeTora

2015年8月11日


 プロツアー『マジック・オリジン』では、多くのプロ・プレイヤーが《搭載歩行機械》を用いるデッキを持ち込むことに決めました。ですがそのほとんどが、《アーティファクトの魂込め》か《飛行機械の諜報網》とともに使うものでした。そして行弘 賢もまた《搭載歩行機械》をプロツアーで使うことにしたのですが、しかし、彼のデッキは他とはまったく異なるアプローチでこのカードを扱っていました。彼はアーティファクトを満載するのではなく、+1/+1カウンターをテーマに据えたのです。

 『タルキール覇王譚』のレア、《硬化した鱗》は、今年のスタンダード・デッキを組む上で多くのプレイヤーが採用候補から外した1枚です。噛み合うデッキがあれば極めて強力なこのカードですが、登場した頃のスタンダードではその力を振るう機会がいまいち訪れませんでした。そんな中『マジック・オリジン』が、「硬化した鱗」デッキにぴったりなクリーチャーをいくつかもたらしてくれたのです。最も目立つのは先述した《搭載歩行機械》ですが、《マナ喰らいのハイドラ》もまた、《硬化した鱗》と組み合わせることで信じられないほどの力を発揮します。はじめは3マナ1/1ですが、《硬化した鱗》が戦場にあれば、呪文を唱えるたびに+1/+1カウンターが2個ずつ置かれていくのです。3ターン目にこの2枚を揃えれば、あっという間に火力や《胆汁病》では除去できないサイズになるでしょう。

 『マジック・オリジン』よりもうひとつ、《名誉ある教主》もまた、《硬化した鱗》と素晴らしいシナジーを生み出します。それらが揃えば《名誉ある教主》は2ターン目に3/3になり、さらに警戒を持つため攻撃とマナ加速を「同時に」こなすことができるのです。

 このデッキには、シナジー満載の楽しい動きがたくさんあります。《アブザンの鷹匠》は自軍に飛行を与え、《毅然さの化身》は2マナで巨大なサイズを持つことになり、そして《ドロモカの命令》はどのカードとも相性抜群です。このデッキには、クリーチャーを守るか+1/+1カウンターを与える呪文ばかりなのです。

 私から、このデッキにぜひ採用したいものがひとつあります。それは《鼓舞する呼び声》です。このカードはクリーチャーを守りつつ手札も補充できる優れものです。行弘はカード・アドバンテージを得る手段として《英雄の導師、アジャニ》を選択したようですが、《鼓舞する呼び声》の汎用性の高さは一考の価値がありますよ。

行弘 賢 - 「硬化した鱗」
プロツアー『マジック・オリジン』 / スタンダード[MO]
7 《
5 《平地
4 《吹きさらしの荒野
4 《豊潤の神殿
3 《マナの合流点

-土地(23)-

4 《名誉ある教主
2 《鱗の召使い
4 《毅然さの化身
4 《搭載歩行機械
4 《アブザンの鷹匠
4 《マナ喰らいのハイドラ

-クリーチャー(22)-
4 《硬化した鱗
2 《神々の思し召し
4 《ドロモカの命令
3 《城塞の包囲
2 《英雄の導師、アジャニ

-呪文(15)-
3 《巨森の予見者、ニッサ
3 《スズメバチの巣
3 《勇敢な姿勢
2 《神聖なる月光
1 《不動のアジャニ
1 《英雄の導師、アジャニ
2 《太陽の勇者、エルズペス

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER