READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

青信心(スタンダード)

Melissa_DeTora.jpg

青信心(スタンダード)

Melissa DeTora

2015年5月8日


 昨年《夜帷の死霊》と《凍結燃焼の奇魔》がスタンダードを去った後、《海の神、タッサ》や《波使い》を再びスリーブに入れる日が来るとは思いもしませんでした。{U}{U}をマナ・コストに持つ強固なクリーチャーなくして、青の信心で高い数値を得ることはほぼ不可能だったのです。『タルキール龍紀伝』の《岸砕きの精霊》は大いに助けになりましたが、このデッキにはまだ何かが欠けていました。ニック・ピーターネル/Nick Peternellは先週末、「SCG Open in Portland」にて欠けていたパズルのピースを《集合した中隊》に見つけてくれました。

 《集合した中隊》はこのデッキであらゆることを成し遂げてくれます。ほとんどの場合、このカードは単に2体のクリーチャーをライブラリーから引っ張ってくるだけですが、見過ごされがちなクールな相互作用がいくつかあります。まず、インスタントで《海の神、タッサ》の信心を満たすことができます。あなたの《海の神、タッサ》が信心を満たしていなければ、対戦相手は無邪気にも攻撃を仕掛けてくるでしょう。そこで《集合した中隊》をブロック前に唱えれば、突然5/5破壊不能のクリーチャーが現れるというわけです。《集合した中隊》でできる別のクールな技として、打ち消し呪文のように使うこともできます。《シルムガルの魔術師》は、戦場に出たときにクリーチャー呪文を打ち消すことができます。戦場に何もいない場合は自分自身を濫用しなければいけませんが、《集合した中隊》は追加の生け贄の餌を与えてくれます。

 《霜歩き》は青信心デッキには素晴らしい選択肢です。このフォーマットはタップインランドに大きく依存して非常に遅いものになっていて、対戦相手が態勢を整えるまでに数ターンかかるのが普通です。そこで第2ターンに《霜歩き》が出れば、対戦相手に対処されるまでに8~12点のダメージを与えることができるでしょう。

 青緑信心は、現在のどのスタンダード・デッキとも異なるものです。ニックがエレメンタル・トークンの大群で攻撃しているのを生放送で見るのは、とても楽しいものでした。このデッキを試してみるのが本当に楽しみです。

Nick Peternell - 「青緑信心」
スタンダード[MO]
12 《
4 《ヤヴィマヤの沿岸
4 《神秘の神殿
4 《茨森の滝

-土地(24)-

4 《惑乱のセイレーン
4 《霜歩き
4 《キオーラの追随者
4 《層雲の踊り手
4 《岸砕きの精霊
4 《シルムガルの魔術師
4 《海の神、タッサ
4 《波使い

-クリーチャー(32)-
4 《集合した中隊

-呪文(4)-
3 《シディシの信者
2 《霜の壁
4 《氷固め
2 《軽蔑的な一撃
2 《否認
2 《霊気渦竜巻

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER