READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

死せる双子(モダン)

Melissa_DeTora.jpg

死せる双子(モダン)

Melissa DeTora

2015年5月12日


 モダンではコンボデッキが広く使われています。禁止カードリストが広範囲にわたるにもかかわらず、モダンのカードプールはとても広いため、できることは非常にたくさんあります。今回ご紹介するデッキは、完全に異なる2つのコンボを両方運用するものです。「《欠片の双子》」と「《死せる生》」のことはご存知かと思いますが、「SCG Premier IQ in Portland」(リンク先は英語)で活躍したコルテン・アンデロン/Colten Anderonのデッキは両方をプレイする「死せる双子」なのです。

 異なる勝ち手段を2つ持つデッキをプレイすることにはさまざまなメリットがあります。主たる理由は、対戦相手に対応方法をわからなくさせることです。《詐欺師の総督》にクリーチャー除去をプレイすべきでしょうか? 《死せる生》に備えて墓地対策をすべき? どちらを選ばれたにせよ、両方のコンボをすべて止める方法はほぼありません。「プランB」を持つことは、コンボデッキにとって常にメリットとなるのです。

 「《死せる生》」デッキについて私が常に興味深く思うのは、点数で見たマナ・コストが3未満の呪文を1枚も入れることができないからです。軽い呪文を入れてしまうと、続唱を使った際に《死せる生》ではないものが引っかかる危険性を負うことになります。《詐欺師の総督》は3マナ、《欠片の双子》は4マナですから、このコンボをプレイすることは完璧な組み合わせのように思えます。ゲーム・プランは、序盤はクリーチャーをサイクリングして《欠片の双子》コンボを引き込むことです。対戦相手が《詐欺師の総督》に対する除去を持っているなら、《死せる生》を続唱すれば《詐欺師の総督》を戦場にすぐさま戻すことができるのです!

 私がモダンについて常にクールだと思うことのひとつは、マナ基盤がとても強固であるため、好きな数だけ色を加えることができる点です。土地1枚あたりライフ3点(フェッチランドで1点、ショックランドで2点)を失うことを気にしないなら、今回の例のように厳しい色拘束を持つ4色デッキでも実現は可能なのです。《よじれた嫌悪者》は土地を探すのに大いに役立ちます。《》である《血の墓所》や《湿った墓》を持ってくることができるのです。

Colten Anderson - 「死せる双子」
モダン[MO]
1 《
1 《
1 《血の墓所
2 《黒割れの崖
1 《踏み鳴らされる地
2 《燃え柳の木立ち
1 《蒸気孔
1 《湿った墓
1 《繁殖池
1 《草むした墓
4 《樹木茂る山麓
2 《血染めのぬかるみ

-土地(18)-

4 《詐欺師の総督
3 《大爆発の魔道士
3 《猿人の指導霊
1 《やっかい児
2 《意思切る者
4 《死の一撃のミノタウルス
4 《巨怪なオサムシ
4 《通りの悪霊
1 《鏡割りのキキジキ
1 《よじれた嫌悪者
1 《ジャングルの織り手

-クリーチャー(28)-
3 《死せる生
4 《暴力的な突発
3 《悪魔の戦慄
4 《欠片の双子

-呪文(14)-
1 《斑の猪
1 《フェアリーの忌み者
1 《大爆発の魔道士
2 《鋳塊かじり
2 《叫び大口
3 《骨までの齧りつき
1 《四肢切断
2 《跳ね返りの罠
2 《殺戮遊戯

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER