READING

読み物

翻訳記事その他

フィルターランド

authorpic_gabyspartz_0.jpg

フィルターランド

Gaby Spartz / Tr. Takuya Masuyama / TSV YONEMURA "Pao" Kaoru

2018年2月28日


 『マスターズ25th』は間近に迫ってきていて、その中には素敵な思い出のカードが詰まっています。それはいいのですが、あなたが5色「グッドスタッフ」をドラフトすることにした時や、構築フォーマットで贅沢なマナを要求するデッキをプレイする時に助けてくれる存在がいることを忘れてはいけません。よろしく、レアのフィルターランド・サイクル!

//
jp_Rxy6o8fmx6.jpg
//

 フィルターランドはとてもすごいのです。これら単体では無色マナしか生み出せませんが、これらの生み出せる色のうちどちらか1つが用意できれば準備完了です。これらの土地は生み出せる2色どちらかの1マナを使って、その2色の好きな組み合わせで2マナを出すことができます(例えば、《滝の断崖》は{U}か{R}を支払うと{U}{U}か{R}{R}か{U}{R}を生み出すことができます)。

 これはすごいことで、特にこれらの土地がアンタップ状態で戦場に出ることを考慮するとフィルターランドをデッキに入れるコストは比較的低く、非常に柔軟性の高いマナ基盤をもたらします。注意点としては、敵対色のフィルターランド・サイクルだけが印刷されたということです。友好色土地は収録されていません。

 『シャドウムーア』『イーブンタイド』の頃には、このフィルターランドは何枚かの本当に素敵なカードを唱えるための色マナの発生源の数を少なくしてくれていました。

 3色以上をプレイしているのであれば、これらを唱えるための色マナをが必要です。それは2色の、そして3色のカードさえも比較的簡単に唱えることを可能にするフィルターランドのおかげです。その気になれば《破滅裂け口》をタッチしようとすることもできました。

 これを7ターン目まで唱えないとしても......少しは楽しんでいきましょう。

 《滝の断崖》で唱えられる一番素敵なものは、《残酷な根本原理》でほぼ間違いないでしょう。

 『アラーラの断片』がスタンダードにあったころ、《残酷な根本原理》、《神の怒り》、《謎めいた命令》、《雲打ち》が並んで戦っているのがよく見かけられました。1枚の《》を2つの緑マナに変換するのは土地1枚として破格の強さの能力で、我々の仲間である《滝の断崖》《溢れかえる果樹園》の助けがなければそんなことはできませんでした。

 もちろん、《残酷な根本原理》は地球上から消え去ったわけではなく、モダンで健闘しています。ゆっくりと、しかし確実に、相手の夢と希望を打ち砕くことができるのなら、さっさとケリをつけてしまう理由なんてありますか?

どうしてそんなに残酷になるの
モダン[MO]
3 《
1 《
2 《湿った墓
2 《蒸気孔
1 《血の墓所
4 《汚染された三角州
3 《沸騰する小湖
2 《水没した地下墓地
1 《滝の断崖
1 《硫黄の滝
1 《沈んだ廃墟
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ

-土地(22)-

4 《瞬唱の魔道士

-クリーチャー(4)-
4 《致命的な一押し
4 《コジレックの審問
4 《選択
2 《稲妻
2 《血清の幻視
2 《思考囲い
2 《マナ漏出
2 《アズカンタの探索
2 《終止
2 《連合の秘宝
3 《謎めいた命令
3 《残酷な根本原理
2 《論理の結び目

-呪文(34)-
3 《祖先の幻視
1 《思考囲い
2 《ラクドスの魔除け
3 《大爆発の魔道士
2 《コラガンの命令
1 《神々の憤怒
1 《滅び
2 《殴打頭蓋

-サイドボード(15)-

 このデッキは《残酷な根本原理》を早く多く唱えることが狙いで、それを達成するまで生き延びるため適切に選ばれた除去が積まれています。これをプレイするのは楽しく、もしあなたがカードを3枚引いて相手にカードを3枚捨てさせる(加えて他にもおまけがついてきます)喜びをまだ味わったことがないのなら、実際にやってみるべきです。

 もちろん、これらの土地を使ってできることは《残酷な根本原理》の他にもたくさんあり、私はこれらが世界中の統率者戦やキッチンのテーブルでたくさんプレイされると思っています。マジックは皆が、できるだけ色を欲張った呪文を唱えられるともっと楽しくなり、フィルターランドはそうさせてくれます。

 あなたがこの土地で唱えてみたいものは何で、そしてそれは素敵なものですか?

 私のTwittertwitchの配信で(英語で)それを教えてください。では楽しい時を!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER