READING

戦略記事

鍛冶友浩の「プロツアー観戦ガイド」

世界選手権をシャハール・シェンハーが連覇! ワールド・マジック・カップは奇跡の逆転をみせたデンマークが優勝!!

世界選手権をシャハール・シェンハーが連覇! ワールド・マジック・カップは奇跡の逆転をみせたデンマークが優勝!!

by 鍛冶 友浩

 皆さんこんにちは! 12月2日(火)~7日(日)(現地時間)にフランスのニースで開催されたワールド・ウィークこと「世界選手権2014」と「ワールド・マジック・カップ2014」にて、ニコニコ生放送の司会を務めました鍛冶友浩です。2つのイベントが同時開催ということで、火曜日から始まったいつもの倍近い放送、皆さんは楽しんでいただけましたか?

 トーナメントの結果からお伝えしますと、「世界選手権2014」を制したのはシャハール・シェンハー選手(イスラエル)! 2013年に引き続き連覇を果たしました!

shenhar_trophy.jpg

 プロツアー『タルキール覇王譚』ではジェスカイの海を渡りきった「アブザン・ミッドレンジ」でしたが、そういった緑ベースのデッキをしっかりと対策した「シディシ・ウィップ」での勝利となりました。「世界選手権2014」 は参加プレイヤーのデッキリストが公開されていますよ!(スタンダードモダン『タルキール覇王譚』ドラフト『Vintage Masters』ドラフト

Shahar Shenhar - シディシ・ウィップ
世界選手権2014 優勝 / スタンダード[MO] [ARENA]
2 《
3 《
1 《
2 《汚染された三角州
1 《進化する未開地
4 《華やかな宮殿
4 《ラノワールの荒原
2 《疾病の神殿
2 《ヤヴィマヤの沿岸
1 《神秘の神殿
1 《マナの合流点

-土地(23)-

4 《サテュロスの道探し
4 《森の女人像
4 《クルフィックスの狩猟者
4 《血の暴君、シディシ
2 《破滅喚起の巨人
1 《イニストラードの魂
3 《女王スズメバチ

-クリーチャー(22)-
3 《思考囲い
3 《英雄の破滅
3 《エレボスの鞭
4 《残忍な切断
2 《悪夢の織り手、アショク

-呪文(15)-
2 《再利用の賢者
1 《苦悶の神、ファリカ
1 《イニストラードの魂
3 《胆汁病
3 《軽蔑的な一撃
2 《スゥルタイの魔除け
1 《悲哀まみれ
1 《時を越えた探索
1 《悪夢の織り手、アショク

-サイドボード(15)-

 そして、「ワールド・マジック・カップ2014」の決勝戦は試合を観ている誰もが負けたと思っていたところから劇的な逆転をした、チーム・デンマークでした!

denmark_trophy.jpg

 デッキに1枚だけの《砂塵破》をトップデッキして唱え、さらには《風番いのロック》を連続でトップデッキして叩きつけたのです! 「ワールド・マジック・カップ2014」トップ8チーム全デッキリストもご確認いただけます。

Lars Birch (デンマーク)
ワールド・マジック・カップ2014 優勝 / チーム共同デッキ構築・スタンダード[MO] [ARENA]
3 《
2 《平地
4 《吹きさらしの荒野
4 《砂草原の城塞
4 《ラノワールの荒原
2 《疾病の神殿
1 《コイロスの洞窟
2 《静寂の神殿
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ

-土地(23)-

4 《エルフの神秘家
4 《サテュロスの道探し
3 《森の女人像
4 《クルフィックスの狩猟者
4 《包囲サイ
4 《風番いのロック
2 《テーロスの魂
3 《女王スズメバチ

-クリーチャー(28)-
2 《神々との融和
2 《払拭の光
2 《エレボスの鞭
3 《残忍な切断

-呪文(9)-
2 《再利用の賢者
2 《破滅喚起の巨人
2 《思考囲い
2 《異端の輝き
1 《骨読み
1 《エレボスの鞭
2 《対立の終結
2 《世界を目覚めさせる者、ニッサ
1 《砂塵破

-サイドボード(15)-

 それではここまでの過程を振り返ってみましょう。まず、最初に行われたのは世界中から最高の24名のプレイヤーが集まり、世界王者の座を争う「世界選手権2014」。競技種目のひとつ、Magic Onlineから飛び出した『Vintage Masters』を使ったブースタードラフトは、《Black Lotus》をリミテッドで使える可能性がある唯一のフォーマットです。その他の種目としてモダンと『タルキール覇王譚』ブースタードラフトとスタンダード、あわせて14回戦が行われました。日本からは渡辺雄也選手、山本賢太郎選手がトップ4へ勝ち残り、決勝ラウンドへと駒を進めます。

mtgwc14_watanabe_yamamoto.jpg

 そして続く金曜日からは世界72カ国の代表が集まる国別対抗戦の「ワールド・マジック・カップ2014」。日本は「世界選手権2014」で日曜日の決勝ラウンドへ進出を確定させた渡辺選手がキャプテンとなり、予選を勝ち抜いたアリャビマ アウリア ラーマン選手、金川俊哉選手、清永翔選手が一丸となって戦いました

 『タルキール覇王譚』を使ったチーム・シールドと、チーム・スタンダードで戦ったのですが、結果はオポネント成績によるタイブレークに敗れ、上位32チームが2日目へと進むところを「33位」という悔しい結果となってしまいました。

wmc14_teamjapan.jpg

 しかし、個人戦をまだ残しているキャプテン・渡辺雄也選手らのためにチームの皆さんは調整に励み、「世界選手権2014」の決勝ラウンドには、チーム一同ニコニコ生放送のスタジオに駆けつけて下さり応援していましたね!

 ちなみに私としては5日間に渡る生放送は体力の限界への挑戦となったわけですが、イベント関係者のお疲れ様会で、『マジック・ザ・ギャザリング』のヘッドデザイナー、マーク・ローズウォーターさんの隣の席となりました!歓喜!! ニコニコ生放送にも出演して、先のセットのヒントなどを紹介してくれた彼。お疲れ様会の時も、とても分かりやすい英語で話してくれたので、つい写真をお願いしてしましました!

kaji_with_maro.jpg

 最後に会場が完全撤収になってから日本人関係者との食事に行った際の写真はこちらです! 参加されていた皆さん、ワールド・ウィーク大変お疲れ様でした!

ww2014_teamjapan_afterparty.jpg

 さて、次回のニコニコ生放送は1月10日(土)~11日(日)に行われる『タルキール覇王譚』リミテッドの「グランプリ・静岡2015」です! こちらはどなたでも参加できるイベントとなっていますので、グランプリ主催者様のウェブサイトより開催内容をチェックしてみてください!

 それでは皆さん、ありがとうございました!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER