READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

ツイスター・ストーム(レガシー)

岩SHOW

 憧れのカードってあるかい? 「やっぱりPower9!」って人は少なからずいるんじゃないかな。

 最近始めたプレイヤー、MTGアリーナから入った世代にはあまりなじみのない響きかもしれないので、「Power9」が何かについて説明させてもらおう。

 マジック最初の基本セットには、とてつもない強さを誇るカードがいくつか収録されている。どういったカードが強いのか、まだ漠然としていたころだからパワーバランスがおかしいのはしょうがないことだが、とにかく強いカードとそうでないカードの格差が激しい。強いものはとにかく突き抜けて強いものばかりで、特にどんなデッキにも入るアーティファクト6枚と、とてつもないアドバンテージを生み出す青い呪文3枚の計9枚は、パワーカードの王様として畏敬を込めて「Power9」と呼ばれるようになった。

 これら9枚のカードを使いたいと思うプレイヤーの思いに応えるために、これまでも数々の調整版カードが作られ続けてきた。だが、あまりにも強すぎるとスタンダードの環境を破壊してしまいかねないので、いずれもかなりブレーキを踏んで慎重にデザインされたものだった。

 この流れを打ち崩さんと現れたのが『モダンホライゾン』だ。スタンダードを経由せずにモダンやエターナル環境で使えるセットなので、細かいことは気にせずにパワーあふれるカードが作れる!

 Power9リメイクも、今までよりも極限まで本家に近い挙動ができるものを!という熱い思いがあふれた1枚が収録されている。《永劫のこだま》だ。

 このカードは6マナに調整された《Timetwister》、というだけでなく……墓地に落ちている状況であればフラッシュバックで本家と同じ3マナで全く同じ効果をもたらす、なかなかにとんでもないリメイクカードである。お互いのプレイヤーは手札と墓地をライブラリーに混ぜて切り直し、カードを7枚引く。さらりと書かれたテキストだが、とんでもないことだぞそれ。

 というわけで、このカードを墓地からフラッシュバックして《Timetwister》のパワーに酔いしれるデッキを今日は紹介しよう!

mis4tune - 「ツイスター・ストーム」
Magic Online Legacy League 5勝0敗 / レガシー (2019年6月14日)[MO]
2 《
1 《
1 《Underground Sea
1 《Tundra
4 《汚染された三角州
4 《沸騰する小湖

-土地(13)-

1 《僧院の導師

-クリーチャー(1)-
4 《金属モックス
4 《水蓮の花びら
4 《ライオンの瞳のダイアモンド
4 《暗黒の儀式
3 《納墓
4 《思考囲い
2 《強迫
4 《渦まく知識
4 《思案
2 《定業
3 《苦悶の触手
4 《永劫のこだま
4 《覆いを割く者、ナーセット

-呪文(46)-
3 《外科的摘出
2 《蒸気の連鎖
2 《裏切りの対価
1 《暗黒破
3 《防御の光網
2 《残響する真実
2 《虐殺

-サイドボード(15)-

 レガシーではPower9はすべて禁止カードになっているが、これからは《納墓》さえあれば《Timetwister》をいつでも唱えられる!

 ただ、手札を7枚お互いに引くだけだと、相手の手札に《意志の力》などをプレゼントしてその後の展開を阻止される可能性もある。しかし、そんな心配はあの人に任せれば問題なし。

 《覆いを割く者、ナーセット》がいれば、対戦相手は同一ターンにカードを1枚しか引くことができない。3マナでこっちは7枚ドロー、相手は手札が1枚にダウン! 犯罪的なコンボを決めつつ、その先のフィニッシュを目指すのがこのストームデッキだ。

 《納墓》とともに重要な1枚であるのが《ライオンの瞳のダイアモンド》。

 手札をすべて捨てることで好きな色マナを3つ得ることができる、これもまた《Black Lotus》のリメイク品である。手札をゼロにするのはリスクのようでもあるが、《永劫のこだま》をフラッシュバックすればすぐに7枚引けるので何も躊躇することはない。これ自体が手札を捨てる=《永劫のこだま》を墓地に落とす手段を兼ねているのも素晴らしい。1ターン目に《思考囲い》で手札を確認し、青くないデッキだとわかったら《ライオンの瞳のダイアモンド》からの開幕こだまぶっ放しも狙えるってわけだ。まさしくこのデッキの心臓だね。

 このダイアモンドや《暗黒の儀式》などの使い捨てのマナ加速を連打してマナを得たら、《永劫のこだま》で引き直す。これらのマナ加速や《納墓》はこだまの効果でライブラリーに帰っていくので、また引き直せる。引き直した7枚の手札を、生み出しておいたマナで使ってもう1回こだま……といった具合に、何度かループを発生させることができる。

 これにより同一ターンで何度も呪文を唱えることができ、その果てに《苦悶の触手》を唱えるとストーム能力でコピーが大量発生してライフを吸いつくす。これがこのデッキが目指すゴールだ。

 勝ち方を触手一本に絞るとアクシデントも起こり得るので、《僧院の導師》も仕込んである。

 こだまループの中でモンクが大量に並び、また果敢も誘発しまくって1回の攻撃で20点!というのも難しくはないだろう。

 過去のパワーカードを復活させ、これから増えていくプレイヤーにもその強さの片鱗を味わってもらうというサービス精神は嬉しい限りだ。ありがたく使わせてもらって気持ちよくなる、これがプレイヤーの務めってやつ。思いっきり時間をひん曲げて、カードを引きまくろう!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER