READING

コラム

Formal Magic Quiz

『マジック基本セット2014』ルールの変更点

『マジック基本セット2014』ルールの変更点

 先々月の末に、『マジック基本セット2014』に伴うルール変更のアナウンスがありました。
 これが適用される日は7月13日であり、いよいよ今週末に迫っています。

 どんな変更があったか覚えていますか?

 今回のFMQではそれらの変更点を問題形式でお届けします。
 回答を見る前に、まずは考えてみてください。

 なお、アクティブ・プレイヤをAP、非アクティブ・プレイヤーをNAPと表記しています。

 全ては7月13日以降、『マジック基本セット2014』に伴うルール変更(以下、「M14ルール」と表記します)の対応後ということを前提にします。

問1

1−1)

 NAPが《軍勢の刃、タージク》をコントロールしている。

 APが《軍勢の刃、タージク》を唱えて戦場に出した。どうなるか?

1−2)

 APが《軍勢の刃、タージク》をコントロールしている。

 APが《クローン》を唱えて、戦場に出す際に《軍勢の刃、タージク》になることを選択した。どうなるか?

1−3)

 NAPが《思考を築く者、ジェイス》をコントロールしている。

 APが《記憶の熟達者、ジェイス》を唱えて戦場に出した。どうなるか?

回答1(クリックで表示します)

問2

2−1)

 APは《ラクドスの哄笑者》をコントロールしている。

 APが《ファルケンラスの貴種》を唱えて戦場に出した。

 その後、APがこの《ファルケンラスの貴種》で攻撃したところ、NAPは《変化+点火》を、対象は両方とも《ファルケンラスの貴種》にして融合を使い唱えた。

 APはその《変化+点火》に対応して、《ラクドスの哄笑者》を生け贄に捧げ、《ファルケンラスの貴種》の起動型能力を起動した。

 さて、どうなるか?

2−2)

 NAPは《ボロスの反攻者》をコントロールしている。

 APはメイン・フェイズに《至高の評決》を唱えた。それに対応し、NAPは《ボロスの魔除け》を「破壊されない」モードで唱えた。

 これらが解決され、結果として《ボロスの反攻者》は戦場にそのまま残った。

 その後、APの終了ステップの間に、NAPが《ワームの到来》を唱えて、5/5のワーム・トークンを出した。

 APの手札には《究極の価格》がある。この終了ステップの間に、《究極の価格》をワーム・トークンに唱えて破壊することができるだろうか?

2−3)

 APは《残虐の達人》をコントロールしている。

 APは《残虐の達人》を対象に《巧みな回避》を唱え、解決した。

 その後、APは《残虐の達人》で攻撃した。

 NAPは攻撃クリーチャー選択ステップ中に、《残虐の達人》を対象に《変化+点火》の《変化》の側を唱えた。

 さて、この《残虐の達人》をNAPは適当なクリーチャーでブロックすることは可能だろうか?

Turn+Burn.jpg

回答2(クリックで表示します)

問3

3−1)

 フライデー・ナイト・マジックのスタンダード構築にて。

 サイドボードが14枚のプレイヤーがいた。どうするべきか?

3−2)

 第1ゲームが終了したあとの第2ゲームで、サイドボードのカードを全てメインデッキに組み合わせたプレイヤーがいた。どうするべきか?

3−3)

 第1ゲームが終了したあとの第2ゲームで、サイドボードのカードが16枚になるように、メインデッキから抜いているプレイヤーがいた。どうするべきか?

回答3(クリックで表示します)

問4

 APは《ムル・ダヤの巫女》をコントロールしている。

 APは戦闘前メイン・フェイズに《》をプレイし、さらに《》をプレイした。

 その後、戦闘フェイズ中に《ムル・ダヤの巫女》が破壊され戦場から離れた。

 APは戦闘後メイン・フェイズに新たな《ムル・ダヤの巫女》を唱えて戦場に出した。

 さて、APはこの状態で《》をプレイしたい。それは可能だろうか?

回答4(クリックで表示します)


質問箱

 Twitter上でマジックに関する質問を受け付けております。

 Twitter: @testing_box

 このTwitterアカウントは、私testingが中心となって、認定ジャッジ有志で運営しております。

 主にカードに関するルーリングや、フロアルールに関する質問に回答します。

 回答は私始め、認定ジャッジの方々で行います。

 質問によっては回答に時間がかかる場合や、回答しかねる場合があります。あらかじめご了承ください。

 良い質問は当記事でまとめて紹介することもあります。よろしくお願いいたします。


 今回はここまでです。

Written by: testing

 愛知在住のレベル 2 ジャッジ。ルールに造詣が深い氏のブログ closet belief 2 では、おもにルールにまつわる役立つコラムが掲載されることが多く、毎週金曜日に掲載される Friday Magic Quiz を毎週楽しみにしているファンも多い。

 本コラム Formal Magic Quiz は、氏のブログで連載されている Friday Magic Quiz への氏によるオマージュであることは疑いようがない。どちらも略称 FMQ としてお楽しみいただければ。


 過去の『Formal Magic Quiz』は、記事『ウィザーズプレイネットワーク通信』内にてご覧いただけます。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER