EVENT COVERAGE

マジックフェスト・名古屋2019

戦略記事

デッキテク:玉村 英哉の「緑単タッチ黒」 ~ヨルヴォ、推参!~

Moriyasu Genki
decktech_tamamura.jpg

 開催地・愛知より参加する玉村は「緑単タッチ黒」のデッキを練り上げてグランプリ・名古屋2019の2日目を戦っていた。「ゴルガリ」というカラーリングながら出来事(アドベンチャー)要素はなく、『エルドレインの王権』カードのうち最も目を惹くものは《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》だ。

玉村 英哉 - 「緑単タッチ黒」
グランプリ・名古屋2019 / スタンダード (2019年11月2~3日)[MO] [ARENA]
12 《
1 《
4 《草むした墓
4 《疾病の神殿
1 《寓話の小道
-土地(22)-

4 《生皮収集家
4 《成長室の守護者
4 《クロールの銛撃ち
4 《楽園のドルイド
4 《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ
4 《探索する獣
-クリーチャー(24)-
4 《害悪な掌握
3 《アーク弓のレインジャー、ビビアン
3 《ゴルガリの女王、ヴラスカ
3 《世界を揺るがす者、ニッサ
1 《呪われた狩人、ガラク
-呪文(14)-
3 《打ち壊すブロントドン
3 《変容するケラトプス
4 《夏の帳
2 《強迫
2 《軍団の最期
1 《採取+最終
-サイドボード(15)-

 「すぎるーむ」というコミュニティで練習を積む玉村は、つい数日前まで「グルール」を使っていたというが、緑の相方が赤という状況は「食物」デッキが擁する忠誠値の高いプレインズウォーカーへの触りにくさが顕著に感じ、急遽変更を決めたという。

玉村「《王冠泥棒、オーコ》は絶対に倒すと決めてました」

 玉村は《害悪な掌握》と《ゴルガリの女王、ヴラスカ》という「2種類の対《王冠泥棒、オーコ》戦力」をメインに搭載し、デッキの主軸をサポートする構成を取っている。

玉村「やはり一番の動きは《生皮収集家》からクリーチャー展開を続けることです。特に《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》は《王冠泥棒、オーコ》の[-5]能力で交換されない4/4であること、[+2]能力でももとが+1/+1カウンターによるサイズなので縮まないこと、クリーチャーはすべて緑なのですぐ成長することから、今回のMVPですね」

 《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》の前後を支える《成長室の守護者》も持続力の高いクリーチャーだ。クリーチャーを続けて出せる能力と《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》の能力が噛み合っており、元々の見た目以上にパワフルなサイズ・展開になることも多そうだ。

 《生皮収集家》と合わせて+1/+1カウンターによってサイズが担保されているクリーチャーが多く、《王冠泥棒、オーコ》の[+1]能力で弱体化されにくいラインを強力に築いている。

玉村「《成長室の守護者》も手隙のときに成長させやすく、優秀ですね。《金のガチョウ》や、終盤の《ハイドロイド混成体》を倒すための《クロールの銛撃ち》、マナベースを安定させるための《楽園のドルイド》と合わせてます」

 攻撃力の高いクリーチャー陣営をバックアップするのは優秀なプレインズウォーカーたちだ。

玉村「相手のプレインズウォーカーが強いので、こちらも使っていこうと採用しています」

 《ゴルガリの女王、ヴラスカ》、《アーク弓のレインジャー、ビビアン》、《世界を揺るがす者、ニッサ》、《呪われた狩人、ガラク》というラインによって終盤息切れすることもない。

玉村「参考にしたリストもあるんですが、メインの《害悪な掌握》4枚はアレンジして決めました。サイドボードの《採取+最終》は、現状のスタンダードは《世界を揺るがす者、ニッサ》や《王冠泥棒、オーコ》など、『フード』デッキを含めて3/3が並びやすく、一斉に流せるので採用しています。」

 サイズの高いクリーチャーが多いことと、プレインズウォーカーの軸もあることから《最終》でのプレイも使いやすいようだ。サイドボードには《強迫》と《夏の帳》もかなりの枚数を割いており、より軽く動くことにシフトする形も取れる。

 今の「ミッドレンジ環境」においては、メインデッキを軽く組むことよりもしっかりと強いカードをメインに採用することで現行のメタゲームに合わせてきている。

 《生皮収集家》から始まるスピーディかつ攻撃的に戦線を揃える面と、プレインズウォーカーのしっかりと強烈な効果で盤面を取り返す側面。2つの顔を持つのが玉村の「緑単タッチ黒」は、アグロとミッドレンジの中間スピードを意識して組まれている。

 玉村がMVPとして名を挙げたカードの名を借りて、デッキタイプは「緑黒ヨルヴォ」とも呼べるだろう。

 《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》。このカードは今後のスタンダードを占う1枚になるかもしれない。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST