EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2015

観戦記事

第9回戦:三原 槙仁(千葉) vs. Jiang, Li(中国)

By 小山 和志

 デッキテクでご紹介した謹製のデッキを引っさげて、殿堂プレイヤー三原が全勝キープのまま初日ラウンド最終戦まで駆け抜けている。プレイヤーの腕はもちろん世界最高レベルの高いものであることに疑いはないが、デッキの力が無ければここまでたどり着くことはできないだろう。果たして、三原の操るデッキはいかなる動きでここまで上り詰めてきたのだろうか。

 対するチャン・リー/Jiang, Liは環境本命候補である赤単タッチ《アタルカの命令》。環境随一の速度と安定感を誇るデッキだ。

 果たして三原はこのデッキに対し、どのように立ち向かうのだろうか。


殿堂顕彰者三原が初日全勝を狙う
ゲーム1

 ダイスロールで負けた三原は後手、《疾病の神殿》からスタート。チャンの《ドラゴンの餌》の返しに、《思考囲い》で検閲したチャンの手札は

 というもの。ここから《軍族童の突発》を抜き去り、クロック増加の抑制を試みる。

 だが、返しでチャンが引き込んだのは《ゴブリンの熟練扇動者》で、思わず三原は苦い笑みをこぼす。

 裏向きで唱えた《死霧の猛禽》は見えていた《稲妻の一撃》で対処され、ゴブリンの軍団による攻撃で三原の残りライフは5だ。《死霧の猛禽》を出してはみるものの、手札にある《アタルカの命令》はどうしようもないのだった。

チャン 1-0 三原


電光石火で第1ゲームを制したチャン

 デッキの真価を発揮できないまま第1ゲームを先取された三原。先手となる2ゲーム目でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

ゲーム2

 タップインから《森の女人像》でスタートする三原に対し、チャンは第1ターンから動く。《僧院の速槍》から《稲妻の一撃》を三原へと打ち込み、《ゴブリンの熟練扇動者》と流れるように展開していく。

 もちろん、三原がイージーウィンを許すはずはなく、《森の女人像》の後に《悲哀まみれ》でチャンの戦場を更地にすると、フルタップで降り立たせたのは《龍王ドロモカ》!

 これに対し、チャンは《軍族童の突発》によって生み出したゴブリンたちと、《ゴブリンの踵裂き》で《龍王ドロモカ》を避けながら攻撃を継続していき、三原のライフを7まで落とし込む。だが、《龍王ドロモカ》の攻撃と、《忌呪の発動》でもりもりライフを回復されてはどうしようもない。

 チャンはなんとかダメージレースをしようと戦場に《稲妻の狂戦士》を送り出すが、《クルフィックスの狩猟者》から《漂う死、シルムガル》を見せつけられては、なすすべがないのだった。

三原 1-1 チャン


強力なドラゴンたちを従える三原

 三原が龍王の力を借りて2ゲーム目を力強くもぎとった。最後のゲーム、このデッキはどのような動きを見せるのだろうか。

ゲーム3

 先手チャンがマリガンを選択し、後手三原は7枚をキープする。チャンは《僧院の速槍》からいきなり2ターン目に《アタルカの命令》で6点を与え、三原のライフを積極的に削っていく。

 一方の三原は《森の女人像》から《クルフィックスの狩猟者》で戦場を固めていく。

 チャンは《僧院の速槍》、《ドラゴンの餌》と続け、《かき立てる炎》で《クルフィックスの狩猟者》を除去し果敢な攻撃を見せていくが、ここにふたたび突き刺さる三原の《悲哀まみれ》!

 これで戦力の大半を失ったチャンは《兜砕きのズルゴ》で攻撃を継続するが、三原の下に先ほどのゲームでライブラリートップに姿を見せていた《漂う死、シルムガル》が降臨する。

 チャンは《漂う死、シルムガル》が攻撃に参加しているうちに、更なる《僧院の速槍》を追加し、なんとか三原に与えるダメージを重ねようとするが、《忌呪の発動》と《残忍な切断》で全ての攻め手を失ってしまう。

 なんとか《稲妻の狂戦士》を引き込みダメージレースの体をなそうとしてみるものの、三原に《棲み家の防御者》から《忌呪の発動》が回収され、またも戦場を更地にされてしまったチャンは、おとなしく偉大なドラゴンに従うほかないのだった。

三原 2-1 チャン

三原 Wins! 初日全勝で2日目へ!

  • この記事をシェアする