EVENT COVERAGE

グランプリ・クアラルンプール2016

観戦記事

第15回戦:松本 郁弥(石川) vs. 小林 鉄郎(大阪)

By 伊藤 敦

 グランプリのトップ8入賞によって得られるものは、賞金や栄誉だけではない。

 プロツアー。マジックプレイヤーの多くが憧れてやまない、その舞台への参加権利と航空券という、文字通り「夢のチケット」が手に入るのだ。

 スイス最終15回戦、ここまで11勝2敗1分で「勝てばトップ8」というラインで激突した松本と小林の2人は、そのチケットまであと一歩という地点に立っている。

 シールドマスターとして知られながらもこれまであと一歩というところでプロツアーの権利を逃してきた松本は、グランプリ・京都2016でのトップ4入賞によりついにプロツアー出場という望みを叶えるに至った。

 今回トップ8に入ったとしても得られるプロツアーの権利は京都と同一のため、直接プロツアーの権利がかかった戦いというわけではないが、シーズン中1回好きなプロツアーの参加権利が得られるシルバー・レベルプロも視野に入ってきているということを考えると、トップ8入賞によるプロポイントがまた別のプロツアーの権利をもたらす可能性もある。その意味で、松本にとってはやはり負けられない戦いと言える。

 対する小林は、今年ワールド・マジック・カップ2016大阪予選の決勝戦で有田 賢人に敗れ、惜しくも日本代表の座を逃している。緊張した面持ちからは、再び巡ってきた飛躍へのチャンスを逃したくない気持ちが痛いほど伝わってくる。

 あと一回、あと一勝。

 「夢のチケット」がかかったバブルマッチが、いま始まった。


松本 郁弥 vs. 小林 鉄郎
ゲーム1

 《スレイベンの検査官》からの《無私の霊魂》とマナカーブ良く展開する小林に対し、松本は《模範的な造り手》からの《密輸人の回転翼機》で2ターン目から3点アタックで《無私の霊魂》をブロックに回らせ、能力を活用させない。

 さらに3ターン目に土地3枚を立たせて《呪文捕らえ》を匂わせる小林に対し、松本はまず《発明者の見習い》をプレイ、これに小林が《呪文捕らえ》を合わせたところで、続けて《経験豊富な操縦者》を通しにいく。

松本「占術はー......上、上。」

小林「上上? 自信あんね」

 次のターンの《密輸人の回転翼機》のアタックこそ小林の《停滞の罠》で防がれたものの、ならばマナのないこの隙にとばかりに松本は《模範操縦士、デパラ》と《スレイベンの検査官》を着地させ、盤面の優位を離さない。


小林 鉄郎

 一方の小林は続くターンの《密輸人の回転翼機》こそ《呪文捕らえ》したものの、4/2の《経験豊富な操縦者》と《模範操縦士、デパラ》に殴られると、たまらず《密輸人の回転翼機》を閉じ込めたばかりの《呪文捕らえ》をブロックに回さざるを得ない。

 そして返すターン、小林は緊張したのか、前のターンに《呪文捕らえ》が死亡して解放された《密輸人の回転翼機》が松本の場に立っているのを見落とし、《発明者の見習い》を封じた《呪文捕らえ》をもチャンプアタックに差し出してしまう。

 それでも《模範操縦士、デパラ》、《発明者の見習い》、《密輸人の回転翼機》、《スレイベンの検査官》のアタックに対して《大天使アヴァシン》を迎撃に向かわせてどうにか逆転のプランを模索する小林だったが、《霊気拠点》の余ったエネルギーと合わせた《蓄霊稲妻》が、小林の最後の希望を摘み取った。

松本 1-0 小林


小林「ミスったー......マジでこういうところ弱いなー、俺」

松本「そんなもんだよ。俺も一個前のラウンド、瀬畑さん(市川 ユウキ)相手にミスりまくったし。でもそれで学んだから、青白相手はもうミスらないよ」


ゲーム2

 今度は2ターン目まで動きがない小林に対し、松本は《模範的な造り手》から《屑鉄場のたかり屋》と展開。返す小林の《断片化》も意に介さずに2枚目の《屑鉄場のたかり屋》と《スレイベンの検査官》を追加して、小林のライフを最速で削りにいく。

 小林は先手4ターン目に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を送り出すのだが、これは返しの3/2、3/2、1/2のアタックで《スレイベンの検査官》1体との交換ですぐさま落とされると、逆に後手の松本に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を着地され、窮地に追い込まれてしまう。

 それでも小林は5ターン目の松本のアタックに対してどうにか《大天使アヴァシン》を合わせ、対応で2/2トークンに《蓄霊稲妻》を打ち込まれたことで残りライフを6点まで落とすことにはなったものの、返すターンで《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の忠誠値を削ったのちに《無私の霊魂》をプレイ、そして即座に生け贄に捧げて《大天使アヴァシン》の能力を誘発させることに成功する。

 すなわち、松本が次のアップキープを迎えれば、小林の《浄化の天使、アヴァシン》が松本のクリーチャーを《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》ごとすべて薙ぎ払う。

r15_matsumoto.jpg

 手札は1枚、それもインスタントではない松本は、アップキープの《大天使アヴァシン》の「変身」誘発に対応して手掛かり・トークンを起動し、わずかな可能性に賭ける。

 そして、そのドローは。

 松本を、2度目のシングルエリミネーションへといざなった。


松本 2-0 小林


 松本 郁弥、トップ8進出!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST