EVENT COVERAGE

グランプリ・クアラルンプール2016

観戦記事

第14回戦:Young, San(香港) vs. 小林 鉄郎(大阪)

By Masashi Koyama

 フィーチャーマッチに呼ばれると「緊張するー!」と小林鉄郎が声を上げながら登場した。

 いわく「フィーチャーマッチにあまりいい思い出がない」とのことではあるが、現在2敗の彼はここで勝利すればトップ8入賞を濃厚にできる。

 青白フラッシュを駆る彼は過去を払拭できるだろうか。

 対するは香港のヤン・サン/Young, San。赤白機体を乗りこなす彼にとっても、ここでのマッチは落とせない。


ヤン(写真左)vs小林(写真右)

 プレイオフを見据えて、負けられないラウンドが始まった。

ゲーム1

 ゲームは小林が《スレイベンの検査官》から《密輸人の回転翼機》、ヤンが《模範的な造り手》から《密輸人の回転翼機》と、《密輸人の回転翼機》のにらみ合いで始まった。

 小林は《無私の霊魂》を唱え、ヤンに能力起動の牽制をかけつつ、《密輸人の回転翼機》でファーストダメージを与える。

 《模範操縦士、デパラ》を加えたヤンに対し、小林は《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》から騎士・同盟者・トークンを生み出し守りに回ると、ヤンの攻撃に対し《無私の霊魂》を生け贄に捧げダメージを抑え、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を延命させる。


小林鉄郎

 ヤンは《模範的な造り手》で攻撃。小林は《密輸人の回転翼機》でこれを相討ちにとるが、《密輸人の回転翼機》《模範操縦士、デパラ》が生きているヤンはリソースでも盤面でも小林に差をつけ始める。

 小林は《大天使アヴァシン》を唱え、《密輸人の回転翼機》へのブロックへ回すが、《模範操縦士、デパラ》と2枚目の《経験豊富な操縦者》により、5/5と《大天使アヴァシン》を上回るサイズの《密輸人の回転翼機》を墓地に送ることができない。

 さらにこの《大天使アヴァシン》はヤンの2枚目の《石の宣告》により追放されてしまう。

 小林は引き込んだ《停滞の罠》で《密輸人の回転翼機》を止め、ともに《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を並べ合う展開になるが、《模範操縦士、デパラ》《密輸人の回転翼機》により不要カードを整理していたヤンに少しずつ押され始める。

 ヤンは《高速警備車》で小林の《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を落とし、押し切り勝ちをもくろむ。

 が、粘る小林。すぐさま新たな《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を引き込むと、《鎖鳴らし》で空からのクロックを用意し、ゲームを決めうる《ウェストヴェイルの修道院》をセット!

 現在、小林は

 と4体のクリーチャーをコントロールしており、勝負をひっくり返せる《不敬の皇子、オーメンダール》の誕生はあと少しのところまで迫っている。

 ヤンはこのセットランドを見ると青ざめる。それもそのはずで、《不敬の皇子、オーメンダール》に対応できる《石の宣告》はすでに2枚使っているのだ。

 早急に勝負に出なければいけないヤン。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》をクリーチャー化して、フルアタック。

 さらに小林の騎士・同盟者・トークンを《蓄霊稲妻》で除去し、《不敬の皇子、オーメンダール》の登場を少しでも遅らせようとする。

 ヤンは続くターンも《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》で攻撃を仕掛け、着実に小林の残り時間を奪っていく。

 小林は何かしらの有効なカードを入手できれば......というところであったが、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の巨大なクロックの前に、膝を屈したのだった。

ヤン 1-0 小林

 30分に渡る熱戦を落とした小林。残り時間が18分であることを確認すると「急ぎます」とすぐさま2ゲーム目へ気持ちを切り替える。

ゲーム2

 小林の《密輸人の回転翼機》にヤンが《断片化》を合わせ、《スレイベンの検査官》を2枚並べる立ち上がり。

 小林は1ターンの間土地が2枚で止まってしまい、その間にヤンが《模範操縦士、デパラ》《経験豊富な操縦者》と順調に展開するが、小林は2ターン連続で土地を引き込み、《無私の霊魂》から《鎖鳴らし》、さらに2枚目の《無私の霊魂》と続けてプレイし、リカバリーに成功する。


ヤン・サン

 そして、小林はタップインながら待望の5枚目の土地を引き込むと、《スレイベンの検査官》しかクロックを用意できていないヤンに対し、まずは《呪文捕らえ》で1体を討ち取ると、続くターンには満を持しての《大天使アヴァシン》!

 手掛かり・トークンを起動するも《大天使アヴァシン》への解答が見つからないヤン。

 残り時間が少ないため、ヤンは潔く投了を選択。

ヤン 1-1 小林

ゲーム3

 シャッフルを終えた時点で残り時間が5分。お互いに素早い手つきでゲームを進めていく。

 ヤンが《模範的な造り手》《スレイベンの検査官》というスタート。

 小林の《鎖鳴らし》と《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》は《流電砲撃》とヤンの軍勢ですぐに落とされたが、小林は《燻蒸》で盤面を更地にする。

 残り3分を切り、小林は勝負を決めるべく《大天使アヴァシン》を降り立たせるが、無残にも《空鯨捕りの一撃》で落とされ、お互いに有効なクロックを用意できない。

 《密輸人の回転翼機》が対面するが、これに搭乗するパイロットが用意できないまま時間が進んでいく。

 お互いがゲームを決めるクリーチャーをドローし始めた段階で、彼らに残された時間は無くなってしまっていたのだった。

ヤン 1-1 小林

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST