EVENT COVERAGE

エターナル・ウィークエンド・アジア2018

観戦記事

レガシー第1回戦:鈴木 雄介(静岡) vs. 高橋 優太(千葉)

小山 和志

鈴木 雄介(写真左) vs. 高橋 優太(写真右)

 アジアで初めてとなるエターナルフォーマットの祭典、エターナル・ウィークエンド・アジア2018がいよいよ開幕!

 1日目はレガシーの予選ラウンド、オールドスクール、デュエルコマンダーと3フォーマットのトーナメントが開催され、エターナルフォーマットに情熱を燃やすプレイヤーたちがこの大イベントを楽しもうと一同に会している。

 本記事ではレガシー第1回戦から、日本初のレガシーによるグランプリとなったグランプリ・京都2015を制した高橋優太と、静岡の鈴木雄介のマッチをお届けする。

 高橋はプロ・プレイの一線で長く戦い続けるプロプレイヤーでありながらエターナルフォーマットにも造詣が深く、マジック25周年記念プロツアーでもレガシーをプレイしていた。

 対する鈴木は普段、静岡の「Cardshop Serra」で友人たちと研鑽を重ねており、その友人たちとともにこのイベントへ参加している。

 緊張の様子を見せる鈴木に高橋が笑顔で語りかけているうちにヘッドジャッジがラウンド開始を告げる。

「ゲームを始めてください」

 600人以上のレガシープレイヤーたちの挨拶が会場中に響き渡り、予選10回戦の最初のラウンドが幕を開けた。

ゲーム1

 後手の高橋は初動で《トーラックへの賛歌》で鈴木の《蓄積した知識》と《瞬唱の魔道士》を落とす。

 基本土地を並べドロー&ゴーを続ける鈴木に対し、高橋は《瞬唱の魔道士》から《渦まく知識》を再利用しクロックを用意する。そして《精神を刻む者、ジェイス》をプレイし一気にマウントを取りにかかる!

 だが、鈴木はこれを《瞬唱の魔道士》を切って《意志の力》で弾くと、《蓄積した知識》で2枚ドロー、そして逆に《精神を刻む者、ジェイス》を着地させると、高橋のライブラリートップをチェックし、忠誠度を5に引き上げてターンを返す。

コントロール対決はこのカードを巡る戦いとなる

 高橋は鈴木の《精神を刻む者、ジェイス》にプレッシャーをかけるべく《トレストの使者、レオヴォルド》をプレイ。これは《議会の採決》で対処されるものの、続くターンに《瞬唱の魔道士》で攻撃。さらに《コラガンの命令》で《精神を刻む者、ジェイス》を撃ち落とし、ひとまずジェイスを巡る戦いは落着する。

 ここで高橋が《悪意の大梟》連打でカードを引き増すのに対し、鈴木はなんと3枚目、4枚目の《蓄積した知識》で計7枚ドロー!

 そして高橋の《グルマグのアンコウ》《悪意の大梟》をまとめて《終末》で対処すると、2枚目の《精神を刻む者、ジェイス》をプレイしライブラリーの検閲に入る。

 だが、高橋も《思案》から《精神を刻む者、ジェイス》を見つけ即座にこれを通すと、高橋はふたたびの《トーラックへの賛歌》で鈴木から《意志の力》を釣り出し、《瞬唱の魔道士》から《コラガンの命令》、手札から《稲妻》を続け鈴木の《精神を刻む者、ジェイス》を一方的に打ち落とす!

 一方的に《精神を刻む者、ジェイス》を失うことになってしまった鈴木は逆転の望みをかけて《僧院の導師》をプレイするが、高橋の《意志の力》で着地を許されず、そのまま高橋が1ゲーム目を先取した。

鈴木 0-1 高橋


長い1本目を勝ち取った高橋

 高橋は《蓄積した知識》を意識しての《虚無の呪文爆弾》や、対青の万能除去であり打ち消し呪文の《紅蓮破》をサイドイン。


ゲーム2

 高橋が《悪意の大梟》2体、鈴木は先ほど莫大なカードアドバンテージを稼いだ《蓄積した知識》からスタートすると、《相殺》を通す。《師範の占い独楽》が禁止になったとはいえ、《渦まく知識》との組み合わせは健在だ。


まずは《相殺》で主導権を握ろうとする鈴木

 高橋の《トーラックへの賛歌》に対し、鈴木は《渦まく知識》から《瞬唱の魔道士》を積み込んで打ち消しに成功するが、高橋は《紅蓮破》で《相殺》を破壊する。

 そして、鈴木の《僧院の導師》を《意志の力》で弾くと、高橋はこのゲームの焦点となる《精神を刻む者、ジェイス》を先に通すが、鈴木も返すターンに《精神を刻む者、ジェイス》を着地させ、ゲーム1と同じくこの強力なプレインズウォーカーを中心に戦いが展開されることになった。

 そして、互いに《渦まく知識》能力を起動し合う展開になる……がダメージソースに勝るのは高橋。《悪意の大梟》の攻撃から《コラガンの命令》で一方的に《精神を刻む者、ジェイス》を葬ると、《虚無の呪文爆弾》で《瞬唱の魔道士》《蓄積した知識》をケアしつつ、さらに《トレストの使者、レオヴォルド》を追加し万端の態勢を作り上げる。

 鈴木は《瞬唱の魔道士》《基本に帰れ》でなんとか高橋と彼の《精神を刻む者、ジェイス》に圧をかけようとするのだが……高橋が《基本に帰れ》を《紅蓮破》で破壊し《コラガンの命令》を連打すると、ついに鈴木は膝を屈したのだった。

鈴木 0-2 高橋

高橋 優太 Wins!
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST