EVENT COVERAGE

2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド)

戦略記事

2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド)2日目メタゲームブレイクダウン

Frank Karsten
authorpic_FrankKarsten.jpg

2019年11月9日

 

 初日を戦った495名のプレイヤーたちのうち、4勝4敗以上の成績で2日目へ進出できたのは304名(全体の61.4%)。理論的にはスタンダード部門が1勝4敗でもドラフト部門全勝なら2日目進出の目はあり、スタンダードで3勝2敗と勝ち越してもドラフト全敗なら初日敗退の可能性はある。だがそれでも、初日を突破できるだけの優れたスタンダード・デッキを分析することに意味はあるだろう。

 初日の結果を得た今こそ、現環境を詳しく分析してみよう。

最強の《王冠泥棒、オーコ》デッキは?

 昨日は、《王冠泥棒、オーコ》が圧倒的支配を見せた。そして大会2日目となる今日は、わずかながらさらに使用率を高めている。メインデッキやサイドボードに《王冠泥棒、オーコ》を採用しているアーキタイプのデータは、以下の通りだ。

アーキタイプ 初日使用者数 使用率 2日目使用者数 使用率 進出率
スゥルタイ・食物 183 37.0% 115 37.8% 62.8%
シミック・食物 94 19.0% 59 19.4% 62.8%
バント・食物 35 7.1% 21 6.9% 60.0%
スゥルタイ・サクリファイス 13 2.6% 11 3.6% 84.6%
4色サクリファイス 5 1.0% 4 1.3% 80.0%
4色食物 3 0.6% 2 0.7% 66.7%
シミック・フラッシュ 3 0.6% 1 0.3% 33.3%
バント・ランプ 2 0.4% 0 0.0% 0.0%
ティムール・プレインズウォーカーズ 2 0.4% 2 0.7% 100.0%
シミック・出来事 1 0.2% 1 0.3% 100.0%
シミック・模写 1 0.2% 0 0.0% 0.0%
342 69.1% 216 71.1% 63.2%

 最終列が「2日目進出率」を表している。これは、ある特定のデッキ・タイプを使用したプレイヤーのうち、何割が2日目へ進出できたかを示す数値である。ただし競技にはドラフトも含まれ、また8-0のプレイヤーと4-4のプレイヤーが等しく記録されるため、やや曖昧なデータではある。

 それでも、スタンダード部門の各アーキタイプ勝率(こちらは明日公開予定だ)と進出率を合わせて見ると、現段階では「スゥルタイ・サクリファイス」が最強の《王冠泥棒、オーコ》デッキであることが示さた。

Thomas Ashton - 「スゥルタイ・サクリファイス」
2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド) / スタンダード (2019年11月8~10日)[MO]
6 《
4 《繁殖池
4 《草むした墓
4 《
4 《湿った墓
2 《ロークスワイン城
-土地(24)-

4 《大釜の使い魔
4 《金のガチョウ
3 《残忍な騎士
2 《意地悪な狼
3 《虐殺少女
-クリーチャー(16)-
4 《魔女のかまど
4 《むかしむかし
4 《パンくずの道標
2 《害悪な掌握
4 《王冠泥棒、オーコ
2 《ゴルガリの女王、ヴラスカ
-呪文(20)-

 サイドボードの枚数はまだ未公開(編訳注:原文掲載時)だが、《霊気の疾風》、《強迫》、《恋煩いの野獣》、《否認》、《朽ちゆくレギサウルス》、《打ち壊すブロントドン》、《夏の帳》、《ゴルガリの女王、ヴラスカ》が採用されている。

 「スゥルタイ・サクリファイス」を使用したプレイヤーは13人。2日目進出率は最も高い数値を記録し、初日のスタンダード部門における勝率も、使用者5人以上を集めたアーキタイプで最も高かった。全体勝率は73%(43勝16敗)、「食物」に分類されたデッキに対しては56%(20勝16敗)、そして「食物」以外のデッキに対しては100%(23勝0敗)という圧倒的なパフォーマンスを見せつけた。

 恐らく、《大釜の使い魔》、《魔女のかまど》、《パンくずの道標》による生け贄エンジンが、《世界を揺るがす者、ニッサ》から《ハイドロイド混成体》のランプ・プランを上回ったのだろう。また、「スゥルタイ・サクリファイス」があまり知られておらずサプライズ的な要素を含んでいたことも、大きな追い風だったと言えそうだ。いずれにせよ、「スゥルタイ・サクリファイス」は今大会ここまでで最も花開いたデッキとなっている。

王冠泥棒、オーコ》デッキを打ち倒すデッキは現れたか?

 次に、《王冠泥棒、オーコ》を採用していないアーキタイプのデータを見てみよう。

アーキタイプ 初日使用者数 使用率 2日目使用者数 使用率 進出率
ゴルガリ・出来事 33 6.7% 19 6.3% 57.6%
ジェスカイ・ファイアーズ 21 4.2% 16 5.3% 76.2%
ティムール・荒野の再生 21 4.2% 12 3.9% 57.1%
アゾリウス・コントロール 12 2.4% 4 1.3% 33.3%
ラクドス・サクリファイス 11 2.2% 6 2.0% 54.5%
グルール・アグロ 8 1.6% 6 2.0% 75.0%
セレズニア・出来事 8 1.6% 6 2.0% 75.0%
エスパー・屋敷の踊り 5 1.0% 2 0.7% 40.0%
ジャンド・サクリファイス 5 1.0% 3 1.0% 60.0%
ラクドス・騎士 5 1.0% 5 1.6% 100.0%
グルール・出来事 3 0.6% 3 1.0% 100.0%
イゼット・フラッシュ 3 0.6% 0 0.0% 0.0%
スゥルタイ・エレメンタル 3 0.6% 2 0.7% 66.7%
その他 15 3.0% 4 1.3% 26.7%
153 30.9% 88 28.9% 57.5%

 「ジェスカイ・ファイアーズ」と「アゾリウス・コントロール」の2日目進出率が目を引くが、それらはドラフト部門の成績が主な要因になっている。初日のスタンダード部門の勝率は、「ジェスカイ・ファイアーズ」が52%、「アゾリウス・コントロール」が48%と、統計的に有意なほど50%から離れているわけではないのだ。

 スタンダード部門で最も印象的な活躍を見せたのは、「グルール・出来事」で間違いない。使用者数は3人に留まっているものの、3人合わせて初日12勝3敗を記録しており、とりわけ「食物」デッキに対して10勝3敗の好成績は特筆すべきことだろう。

Javier Dominguez - 「グルール・出来事」
2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド) / スタンダード (2019年11月8~10日)[MO]
10 《
10 《
4 《踏み鳴らされる地
-土地(24)-

4 《エッジウォールの亭主
4 《クロールの銛撃ち
4 《リムロックの騎士
4 《砕骨の巨人
4 《恋煩いの野獣
4 《探索する獣
-クリーチャー(24)-
1 《夏の帳
4 《ドムリの待ち伏せ
4 《むかしむかし
3 《エンバレスの宝剣
-呪文(12)-

 サイドボードの枚数はまだ未公開だが(編訳注:原文掲載時)、《燃えがら蔦》、《エンバレスの盾割り》、《実験の狂乱》、《炎の一掃》、《溶岩コイル》、《ショック》、《魔術遠眼鏡》、《夏の帳》が採用されている。

 「グルール・出来事」がこの上ない活躍を見せたのには、いくつか理由がある。まず《エッジウォールの亭主》を採用したことで、比較的除去の少ない「食物」デッキの弱点を突けたこと。それから、《砕骨の巨人》と《クロールの銛撃ち》が《金のガチョウ》に物語を始めさせなかったこと。そして《恋煩いの野獣》に《エンバレスの宝剣》を付けることで、突然12点もの攻撃を仕掛けられること。

 使用者の3人は、ワールド・マジック・カップ2014でチームを優勝に導いたマーティン・ミュラー/Martin Müller、世界選手権2015王者セス・マンフィールド/Seth Manfield、そして現在の世界王者ハビエル・ドミンゲス/Javier Dominguezと錚々たるメンバーだ。彼らなら何を使っても勝っていたかもしれないが、「食物」デッキを次々と打ち倒し、初日のスタンダード部門で80%もの勝率を記録したという事実は、見事の一言だ。

 彼らは究極の「対《王冠泥棒、オーコ》デッキ」を見出したのだろうか? それはトップ8入賞という形で報われるのだろうか? 2日目の結果を見届けよう。twitch.tv/Magicでの生放送をお見逃しなく!

 

(Tr. Tetsuya Yabuki)

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST