READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

「死の影」(モダン)

Melissa_DeTora.jpg

「死の影」(モダン)

Melissa DeTora

2015年12月1日


 マジックでは普通、対戦相手のライフを0に向けて削っていくものです。しかし本日ご紹介するデッキでは、自身のライフを0に向けて削っていきます。もちろん実際に0まで減らすわけではありませんが、このデッキは可能な限り素早く大量のダメージを自身に与え、敗北ぎりぎりまでライフを削っていくのです。

 さて、なぜ自身にダメージを与えていくのでしょう? このデッキは《死の影》を中心としたものです。《死の影》は、自身のライフが少ないほど強力になっていくクリーチャーです。残りライフが10点の場合、《死の影》はわずか1マナで3/3のクリーチャーになります。《野生のナカティル》や《秘密を掘り下げる者》といった攻撃的な1マナ域のクリーチャーと比べても、まったく引けをとりませんね。そしてライフをひと桁まで落とせば、《死の影》はさらに大きくなります。残りライフが3点まで減れば《死の影》は10/10の巨大クリーチャーとなり、《ティムールの激闘》1枚でトランプル付きの20点ダメージを叩き出すのです。

 このデッキには、自身にダメージを与える手段が豊富にあります。「フェッチ・ランド」と「ショック・ランド」の組み合わせで土地を置くごとに3点のライフを失い、また《ギタクシア派の調査》や《四肢切断》、《変異原性の成長》といった「ファイレクシア・マナ」を持つカードを唱えるためにもライフを支払います。さらに、モダン最強の1マナ呪文の一角である《思考囲い》も、このデッキのテーマにぴったりと合致します。このデッキでは、「フェッチ・ランド」を起動しながら1ターン目に《思考囲い》を放ち、2ターン目にもう《死の影》が着地することも珍しいことではありません。そして3ターン目に《死の影》で攻撃し、続けて《変異原性の成長》2枚から《強大化》と繋げることで、まったくの予想外の状態から対戦相手を打ち倒すことができるのです。

 このデッキの素晴らしいところは、勝ち手段を《死の影》に依存していないことです。《ステップのオオヤマネコ》や《野生のナカティル》といった1マナ域を駆使して普通の「Zoo」デッキのように戦うこともできますし、またクリーチャーでの勝利がつかめなかった場合でも、《稲妻》のような火力呪文がとどめを刺してくれるのです。

 とてもユニークなデッキを操りMagic Onlineのモダン・リーグ5戦全勝を果たしたA_Reyaに拍手!

A_Reya - 「死の影」
モダン[MO]
1 《草むした墓
1 《踏み鳴らされる地
1 《聖なる鋳造所
1 《血の墓所
1 《神無き祭殿
4 《樹木茂る山麓
4 《血染めのぬかるみ
2 《乾燥台地
2 《新緑の地下墓地

-土地(17)-

4 《死の影
4 《野生のナカティル
3 《僧院の速槍
3 《ステップのオオヤマネコ
4 《通りの悪霊

-クリーチャー(18)-
4 《ミシュラのガラクタ
4 《ギタクシア派の調査
4 《変異原性の成長
2 《稲妻
2 《思考囲い
4 《ティムールの激闘
1 《四肢切断
4 《強大化

-呪文(25)-
3 《わめき騒ぐマンドリル
3 《呪文滑り
1 《思考囲い
2 《紅蓮地獄
2 《石のような静寂
1 《古えの遺恨
2 《ファイレクシアの非生
1 《四肢切断

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER