READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

むかつき(モダン)

Melissa_DeTora.jpg

むかつき(モダン)

Melissa DeTora

2015年6月18日


 先日行われたグランプリ・シャーロット2015の記録をあたると、そのトップ8デッキリストは私がこれまで長い間見続けてきた中でも最も多様性に満ちたものでした。「青赤双子」や「バーン」などトップ8常連のデッキはもちろん見受けられますが、「エルフ」や「《御霊の復讐》」といったデッキも入賞しているのです。本日ご紹介するのは、同じくトップ8に入賞した、モダン・フォーマットで最も純粋にコンボを追求するデッキのひとつです。「双子」や「アブザン・カンパニー」のようなモダンのコンボ・デッキの大半は、コンボ以外にもクリーチャーによる攻撃で勝利する手段を持っていますが、「《むかつき》」デッキが持つ勝ち手段は、コンボ以外にないのです。

 さて、このデッキはどのように動くのでしょう? こういったデッキを文字で説明するのはとても難しいですね。このデッキにはクリーチャーがなく、マナ加速をするカードと、そして「あなたがゲームに負けるのを防ぐ」カードがいくつか採用されています。それでどうするのでしょう? まずは、《天使の嗜み》や《ファイレクシアの非生》で、ライフが0を下回っても敗北しない状態を確保します。ゲームの敗北がなくなったら、続いて《むかつき》を唱えます。するとライフが0を下回っても敗北しないため、《むかつき》でいくらでもカードを引けるのです。基本的には、《むかつき》が通ればライブラリーすべてを引き切ることになります。ライブラリーすべてを手札にしたら、《稲妻の嵐》を撃ち込みます。この呪文を唱えるのに必要なマナは《猿人の指導霊》でまかない、そして手札の土地をすべて注ぎ込み対戦相手に致命的なダメージを与えるのです。

 このコンボは安定感抜群ですが、妨害が簡単という面もあります。このデッキではマナ加速をする呪文が鍵となるため、《五元のプリズム》や《睡蓮の花》に頼る場合は《古えの遺恨》のようなアーティファクト除去にかなり苦しめられることでしょう。その一方で《否定の契約》が引き込めれば、打ち消し呪文によって妨害されることはほとんどなくなるはずです。

Darien Elderfield -「むかつき」
モダン[MO]
2 《平地
4 《金属海の沿岸
1 《啓蒙の神殿
4 《闇滑りの岸
4 《欺瞞の神殿
2 《戦慄艦の浅瀬
4 《宝石鉱山

-土地(21)-

4 《猿人の指導霊

-クリーチャー(4)-
4 《睡蓮の花
3 《否定の契約
4 《天使の嗜み
4 《血清の幻視
4 《手練
3 《大霊堂の戦利品
4 《五元のプリズム
3 《ファイレクシアの非生
2 《稲妻の嵐
4 《むかつき

-呪文(35)-
1 《研究室の偏執狂
1 《否定の契約
1 《殺戮の契約
3 《暗黒
1 《万の眠り
1 《撤廃
2 《エスパーの魔除け
4 《神聖の力線
1 《貴族階級の嘲笑

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER