READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

赤緑トロン(モダン)

Melissa_DeTora.jpg

赤緑トロン(モダン)

Melissa DeTora

2015年6月11日


 戦場に揃った3枚の「ウルザ・ランド」。これらは合わせて「ウルザトロン」、略して「トロン」と呼ばれます。《ウルザの塔》、《ウルザの魔力炉》、そして《ウルザの鉱山》の3枚は、強烈なマナ・アドバンテージをもたらします――3枚の土地で、7マナを生み出すのです。モダン・フォーマットの範囲ははるか2003年までに及び、そして3枚を揃えるのに最適な手段もあります。デッキからあらゆる土地を探し出す《探検の地図》と《森の占術》は、このデッキの鍵と言えるでしょう。これらを1枚引き込めば、3ターン目に「トロン」を完成させることもできるのです!

 では、そうして生み出される大量のマナで何をするのでしょうか? このデッキの主な勝ち手段となっているのは、《ワームとぐろエンジン》です。色マナを必要としないこのカードは唱えやすく、また対処が極めて難しいものです。除去を差し向けることはできますが、それがクリーチャーを追放するものでなければ、2体のワーム・トークンが残ってしまうのです。《ワームとぐろエンジン》ではゲームを決めることができない場合は、《引き裂かれし永劫、エムラクール》が対戦相手を倒す最高の手段となってくれるでしょう。かなりコストの重いカードですが、《ウギンの目》などを活かせば比較的プレイしやすいはずです。

 「赤緑トロン」は、《忘却石》や《精霊龍、ウギン》といった強力な無色の全体除去でゲームをコントロールします。とりわけ私は、《精霊龍、ウギン》がモダンで使われているのが嬉しくてたまりません。普通なら、コストの重いプレインズウォーカーはモダンの速さについていけません。しかし「トロン」デッキでなら、早ければ4ターン目に唱えることが可能なのです。

 このデッキは実に強力で、安定性も高いものです。《塩まき》や《溶鉄の雨》をサイドボードに仕込むモダン・プレイヤーは多くないため、「赤緑トロン」は大会へ持ち込むのにぴったりなデッキと言えるでしょう。そう判断したアリ・アイントラージ/Ali Aintraziは、先週末コロンバスで行われた「StarCityGames Invitational」にてこの「トロン」デッキを操り、見事優勝を果たしたのでした。

Ali Aintrazi -「赤緑トロン」
モダン[MO]
1 《
4 《燃え柳の木立ち
4 《ウルザの鉱山
4 《ウルザの魔力炉
4 《ウルザの塔
2 《幽霊街
1 《ウギンの目

-土地(20)-

1 《呪文滑り
3 《ワームとぐろエンジン
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール

-クリーチャー(5)-
4 《古きものの活性
4 《彩色の宝球
4 《彩色の星
4 《探検の地図
2 《大祖始の遺産
4 《紅蓮地獄
4 《森の占術
3 《忘却石
4 《解放された者、カーン
2 《精霊龍、ウギン

-呪文(35)-
2 《スラーグ牙
4 《自然の要求
3 《引き裂く流弾
1 《大祖始の遺産
2 《世界のるつぼ
2 《沸騰
1 《幽霊街

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER