READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

グレーター・ギフト(モダン)

Melissa_DeTora.jpg

グレーター・ギフト(モダン)

Melissa DeTora

2015年6月10日


 私がRaptureReadyの手によるデッキをご紹介するのは、この「グレーター・ギフト」が初めてではありません。そして、これで最後ではないことも確信しています。RaptureReady、本名をシェイン・マクデルモット/Shane McDermottという彼は、いつもユニークなモダン・デッキでMagic OnlineのDaily Eventを引っかき回すことで知られています。毎週異なるデッキを使って結果を出すというのは、本当に驚くべきことです。そのデッキが環境上位のものでないなら、なおさらですね。

 本日ご紹介するデッキは、かつて『神河』ブロックで人気を集めたものです。ひと目見ただけでは、恐らくこのデッキの力は分からないでしょう。ドラゴンに、マナ加速呪文に、除去呪文。普段はコントロール・デッキで見受けられるものが採用されていますね。しかしこのデッキには、普通のコントロール・デッキとは異なる点があります。このデッキは、《堀葬の儀式》と《大修道士、エリシュ・ノーン》のような強大なクリーチャーを同時に持ってくる、強力な《けちな贈り物》戦略を使うのです。

 このデッキにおける《けちな贈り物》は、クリーチャーをリアニメイトする以外にも多くの働きを持っています。基本的には、メイン・コンボとなる《明けの星、陽星》と《よりよい品物》を持ってくることになるでしょう。残りの2枚は、《有毒の蘇生》や《回収》、そして《永遠の証人》といった、墓地からカードを拾えるものを選択します。《よりよい品物》と《明けの星、陽星》が戦場に揃ったら、《明けの星、陽星》を生け贄に捧げてカードを5枚引き、対戦相手の動きを1ターン封じます。その後さらに《明けの星、陽星》や《堀葬の儀式》を引き込めば、この動きを繰り返すこともできるのです。

 「グレーター・ギフト」は、『神河』ブロック時代のものから大きな発展を遂げました。当時はコンボを繋げるために《花の神》と《御霊の復讐》に頼らざるを得ませんでした。それはマナの消費が厳しいコンボでしたが、それでも機能していました。リアニメイト手段として《堀葬の儀式》が選択できるようになったのは、極めて大きな前進と言えるでしょう。「グレーター・ギフト」は今、《ヴェールのリリアナ》や《カラスの罪》と《壌土からの生命》のコンボも手に入れ、粘り強さも強化されているのです。

RaptureReady -「グレーター・ギフト」
モダン[MO]
1 《
1 《平地
1 《冠雪の平地
1 《
1 《冠雪の島
2 《寺院の庭
1 《草むした墓
1 《繁殖池
1 《神無き祭殿
1 《神聖なる泉
1 《湿った墓
3 《新緑の地下墓地
3 《吹きさらしの荒野
1 《霧深い雨林
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ
1 《幽霊街
1 《地盤の際
1 《嘆きの井戸、未練

-土地(23)-

4 《桜族の長老
1 《永遠の証人
3 《明けの星、陽星
1 《前駆ミミック
1 《大修道士、エリシュ・ノーン

-クリーチャー(10)-
4 《思考囲い
1 《有毒の蘇生
1 《カラスの罪
1 《回収
4 《遥か見
1 《壌土からの生命
1 《四肢切断
1 《未練ある魂
4 《けちな贈り物
2 《よりよい品物
1 《審判の日
1 《至高の評決
1 《神の怒り
2 《堀葬の儀式
2 《ヴェールのリリアナ

-呪文(27)-
1 《強情なベイロス
1 《包囲サイ
1 《エメリアの盾、イオナ
3 《強迫
2 《白鳥の歌
1 《流刑への道
2 《突然の衰微
1 《自然に帰れ
1 《天界の粛清
1 《ゴルガリの魔除け
1 《至高の評決

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER