READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

ボス・インパクト・スライ(スタンダード)

Melissa_DeTora.jpg

ボス・インパクト・スライ(スタンダード)

Melissa DeTora

2015年6月8日


Standard Super League」(リンク先は英語)の参加者であるトム・ロス/Tom Rossは、アグレッシブな赤いデッキをよく使うことで知られています。本日ご紹介するデッキは、そんな彼の最新作のひとつです。トムは「Standard Super League」の第4週をこの「インパクト・スライ」で戦ったのでした。

 マジック経験が10年未満の方は、もしかしたら「スライ」というアーキタイプを聞いたことがないかもしれません。「スライ」デッキとは、クリーチャーと火力呪文を低いマナ・カーブに集中させたアグレッシブな赤いデッキのことです。「スライ」という名前は、1996年にこのアーキタイプを最初に使ったポール・スライ/Paul Slighというプレイヤーにちなんでいます。「スライ」デッキの歴史をもう少し知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください(リンク先は英語)。

 デッキリストを見てみると、トムのデッキも「スライ」のアーキタイプにしっかりと沿っていますね。14枚もの1マナ・クリーチャーは、彼に1ターン目の動きを保証するでしょう。その一方で《かき立てる炎》のような強力な火力呪文も搭載され、高いマナ域での動きも多く持っています。

 《衝撃の震え》は、このデッキのすべてをまとめ上げる1枚です。赤いデッキはゲーム後半に息切れに陥りがちですが、繰り返し使えるダメージ源となる《衝撃の震え》は息切れを和らげる良い手段になるでしょう。もちろんトークンを生み出す呪文との相性も抜群ですが、このカードが本当に輝くのは「疾駆」を持つクリーチャーと組み合わせたときです。ブロッカーの一団に攻撃を阻まれていても、「疾駆」でクリーチャーを繰り出し攻撃しない、という選択はできます。《衝撃の震え》は「疾駆」でクリーチャーを戦場に出すたび対戦相手にダメージを与え、毎ターンこれを繰り返すことができるのです。これで相手はプレッシャーをかけられたまま「疾駆」クリーチャーを警戒して攻撃に出ることもできず、こちらは最後の決め手となる火力呪文を引き込む時間を稼げるわけですね。

Tom Ross -「ボス・インパクト・スライ」
スタンダード[MO]
21 《

-土地(21)-

4 《鋳造所通りの住人
4 《僧院の速槍
3 《稲妻の狂戦士
3 《鐘突きのズルゴ
3 《ゴブリンの熟練扇動者
1 《ゴブリンの踵裂き

-クリーチャー(18)-
3 《乱撃斬
4 《ドラゴンの餌
4 《稲妻の一撃
2 《衝撃の震え
4 《軍族童の突発
4 《かき立てる炎

-呪文(21)-
1 《ゴブリンの熟練扇動者
1 《ゴブリンの踵裂き
4 《焙り焼き
3 《灼熱の血
2 《溶岩の地割れ
1 《衝撃の震え
1 《洗い流す砂
1 《弧状の稲妻
1 《凱旋の間

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER