READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

アングリー・スーパーフレンズ(スタンダード)

Melissa_DeTora.jpg

アングリー・スーパーフレンズ(スタンダード)

Melissa DeTora

2015年5月6日


 プロツアー地域予選(RPTQ)のデッキの中で見かけた興味深いもののひとつとして、ヴィクター・イー/Victor Yeeの「マルドゥ・プレインズウォーカーズ」があります。このデッキは、私にいくつかの記憶を思い起こさせてくれます。プロツアー『タルキール覇王譚』でよく似たデッキをプレイしていたからです。このデッキはプレイしていて本当に楽しいものですが、非常に大きな欠点を抱えていました。ゲームを掌握し続けることは大の得意なのですが、直ちにゲームを終わらせることは不得意だったのです。

 このリストをご覧になると、勝ち手段が非常に少ないことにお気づきでしょう。《龍語りのサルカン》はさておき、このデッキの勝ち手段はいずれも速いものではありません。物事は過去6か月の間に大きく変わりました。私たちは新しい時間線にいて、今は龍がタルキールを支配しているのです。マルドゥ・プレインズウォーカーズは、5・6マナのドラゴンがひしめく現在のメタゲームに非常によく合致しています。

 《漂う死、シルムガル》は呪禁を持つため、現在では戦場から除去することが最も難しいカードのひとつです。エスパー・ドラゴンがスタンダードの主力の一角である現状では、《はじける破滅》のような呪文はきわめて魅力的に映ります。とりわけ、エスパーを使うプレイヤーは第6ターンにドラゴンを出すためにタップ・アウトするため、《はじける破滅》は非常に通りやすいのです。この3マナの《悪魔の布告》以外にも、このマルドゥのリストには対処の難しいプレインズウォーカーが満載されていて、ターンごとにカードアドバンテージを稼ぎ、必然的にコントロール・デッキに有利になっています。

 このデッキのクリーチャー除去の選択も見事なものです。《英雄の破滅》と《胆汁病》は現在のスタンダードで最強クラスの呪文であり、黒をプレイする素晴らしい理由になります。また《対立の終結》はゴブリン・トークンの群れの一掃に役立ちます。プロツアー『タルキール覇王譚』以降、マルドゥ・ミッドレンジがあまり見られなくなったのはこれが大好きな私にとって悲しいことでしたが、メタゲームの確かな位置まで這い上がってきたのを見るのはうれしいものです。

Victor Vee - 「マルドゥ・プレインズウォーカーズ」
スタンダード[MO]
2 《
2 《平地
2 《
3 《血染めのぬかるみ
4 《遊牧民の前哨地
2 《戦場の鍛冶場
2 《凱旋の神殿
2 《悪意の神殿
2 《コイロスの洞窟
2 《静寂の神殿
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ

-土地(25)-


-クリーチャー(0)-
3 《思考囲い
3 《胆汁病
4 《はじける破滅
4 《英雄の破滅
3 《マルドゥの魔除け
3 《骨読み
3 《対立の終結
3 《紅蓮の達人チャンドラ
3 《真面目な訪問者、ソリン
2 《リリアナ・ヴェス
2 《龍語りのサルカン
2 《太陽の勇者、エルズペス

-呪文(35)-
1 《毅然たる大天使
3 《強迫
2 《神話実現
3 《神々の憤怒
2 《完全なる終わり
2 《精神染み
1 《奈落の総ざらい
1 《精霊龍、ウギン

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER