• HOME
  • >
  • READING
  • >
  • 2020年6月1日 禁止制限告知

READING

お知らせ

お知らせ

2020年6月1日 禁止制限告知

Ian Duke
authorpic_ianduke.jpg

2020年6月1日

 

告知日:2020年6月1日

新しい相棒ルール

 各ゲーム中に1度だけ、あなたはソーサリーを唱えられるとき(あなたのメイン・フェイズの間でスタックが空であるとき) に{3}を支払うことでサイドボードからあなたの相棒をあなたの手札に加えることができる。これは特別な処理であり、起動型能力ではない。

 
スタンダード
ヒストリック

テーブルトップ発効日(ルールおよび禁止制限):2020年6月1日

Magic OnlineおよびMTGアリーナ ルール変更発効日:2020年6月4日

Magic Online 禁止制限発効日:2020年6月1日

MTGアリーナ 禁止制限発効日:2020年6月4日

 禁止カード、制限カードのフォーマット別一覧はこちら


相棒ルールの変更

 マジックのルール変更は禁止制限リスト更新の通常の範疇ではありませんが、今回の場合、ゲームバランスとメタゲーム上のシェアが原因で、我々は相棒メカニズムの変更を導入しました。今回の更新で、相棒メカニズム(とそれを持つ全てのカード)はこれまでとは異なる挙動をするようになります。新しいバージョンのこのメカニズムは以下のような挙動になります:

 各ゲームの中で1度だけ、あなたはソーサリーを唱えられるとき(あなたのメイン・フェイズの間でスタックが空であるとき) {3}を支払うことでサイドボードからあなたの相棒をあなたの手札に加えることができます。これは特別な処理であり、起動型能力ではありません。これは直ちに解決されて対応することはできません。また打ち消したり《ファイレクシアの破棄者》のようなカードで止めたりすることもできません。

 この変更はメタゲームのデータとすべてのフォーマットに渡る相棒デッキの使用率、そして反復的ゲームプレイに関するプレイヤーからの反響に基づいています。全体的に、スタンダード、パイオニア、モダンでの相棒を使うデッキの勝率とメタゲームでの割合は高すぎ、そしてレガシーとヴィンテージにおいてはすでに禁止を余儀なくされました。この傾向は全てのフォーマットにおける長期間の健全性と多様性に関する問題を表しています。我々は各フォーマットの禁止リストにいくつも個別で調整を行うよりも、相棒を使うことによって得られるアドバンテージを全体的に減少させるほうが望ましい答えだと感じました。

 我々の意図している結果はメタゲーム上での相棒デッキのシェアを減少させつつ、相棒のデザイン理念を維持して多くの場合においてデッキの軸になり得るもののままにすることです。我々はこの新しいバージョンの相棒メカニズムが競技メタゲームの大部分を占めるのではなく、デッキ構築面での挑戦になり、いくらかのプレイヤーが選ぶことができる自己表現の手段になることを想定しています。

 我々は複数のルール変更案を議論しましたが、最終的に反復的ゲームプレイを減少させる可能性とやり取りの余地が最も大きいこの形に落ち着きました。追加でマナを払うようになることで、相棒をプレイすることはプレイヤーがすでに手札にある他のカードをプレイするのと比べると効率が悪くなります。この方法では、プレイヤーは相棒を唱えるより先に他の呪文を唱える可能性が高くなり、結果的にゲームの展開が分散します。次に、この追加のマナは相棒を1ターン手札に留まらせることが多く、これによって対戦相手は相棒が手札にある間に対処できるようになり、そうできなくとも相棒が戦場に出てくるまでに対策を立てるために追加で1ターンの猶予が得られます。

 我々がメタゲームのバランスを調整するためにルールの変更を用いるのは稀なことであり、今後行うつもりのものではありません。今回の場合、問題なのは個別のカードではなく相棒全般でした。我々はこの回答策が異なるフォーマットで時間をかけて複数の禁止を出す必要がある可能性よりも望ましいものであると信じています。

スタンダード

 ここ数週間に渡って、スタンダードでは《創案の火》デッキが55%の勝率を達成して他の上位10種のアーキタイプに互角または有利な相性を持ち支配的な勝率とメタゲームでの存在感を増してきました。これはメタゲームの力だけではこのデッキを食い止めるのには不十分であることを示しています。

 加えて、我々が将来の環境を作成してテストしてみたところ、《創案の火》はデザインとバランスにとって重大な制限になるカードであることが判明しました。このカードのコストを踏み倒す効果の柔軟性により、《創案の火》デッキは環境に新しい高コスト呪文が加えられるたびに強くなり続けます。新しいセットが追加されて《創案の火》デッキの勝率が過去のスタンダードのメタゲームと比較して上がっていることが確認されています。

 《創案の火》デッキの現在の高い勝率とメタゲーム上のシェア、そして今後の環境へのリスクとデザインへの制限により、《創案の火》はスタンダードで禁止されます。

 次に、最近《銅纏いののけ者、ルーカ》や《軍団のまとめ役、ウィノータ》で《裏切りの工作員》を直接戦場に出すアーキタイプが増えてきています。これらのカードのデザイン意図には強力な高マナ・コストのクリーチャーを展開する創造的な方法を提供することも含まれていますが、これらを使って序盤に《裏切りの工作員》を出すことは相手ににしていて極めて腹立たしく巻き返すのが困難になり得ることが分かりました。

 どんな土地やキーカードも盗めるこの能力は、多く使われた場合メタゲームの多様性を減少させます。特定のパーマネントや大きなクリーチャーを軸としたデッキは、対戦相手が特別なデッキ構築の意図がなくてもそれらを盗むことができた場合成功を収める機会は少なくなります。

 そのため、ルーカやウィノ―タを使うデッキを相手にして逆転する可能性を増やし、スタンダードのデッキ構築の多様性を促進するために、《裏切りの工作員》は禁止されます。

ヒストリック

 スタンダードと同じ理由により、我々は《創案の火》と《裏切りの工作員》をヒストリックで一時停止することを選択しました。我々はヒストリックの成長とメタゲームの進化を監視し続け、将来これらの一時停止の解除と禁止のどちらが適切か再評価します。


MTGアリーナにおけるプレイヤーのコレクション

 6月4日(PDT)のゲーム更新以前から、MTGアリーナのゲーム内コレクションで《創案の火》や《裏切りの工作員》を所持しているプレイヤーは、アップデート後に同量のレア・ワイルドカードを受け取ります。禁止措置が適用され次第、ゲーム内で通知が表示されます。

 プレイヤーは引き続き、ワイルドカードで《創案の火》や《裏切りの工作員》を作成して使用可能なフォーマット(ブロールや指名対戦など)で使用できます。これらのカードを作成する際には、現在スタンダードで禁止されていることをお知らせする追加の確認メッセージが表示されます。

 なお、相棒のルール変更に伴うワイルドカードの補償はありません。それらのカードは、引き続きスタンダードおよびヒストリックで使用可能です。

パックの照合手順

 《創案の火》および《裏切りの工作員》の開封率を変更するため、『エルドレインの王権』と『基本セット2020』ブースターパックの照合手順を調整予定です。6月4日(PDT)に行われるゲーム更新以降、これらのカードはそれぞれのブースターパックに収録されている他のレア・カードをすべて4枚ずつ所持している場合のみブースターパックから出現します。

 なおこれらの変更は、シールドやドラフトで開封するリミテッド用のブースターパックには影響しません。(各カードは元の開封率通りに出現します。)

 また、相棒のルール変更に伴うパックの照合手順に変更はありません。

個別カード報酬

 《創案の火》および《裏切りの工作員》は、スタンダードの個別カード報酬から削除されます。なお、これらのカードは現時点ではヒストリックの個別カード報酬からも手に入りませんので、ご留意ください。

 相棒能力を持つカードは、引き続き個別カード報酬から入手できます。

ゲーム内イベントにおける注意事項

構築イベント

 6月4日(PDT)に行われるゲーム更新の前にこれらの禁止カードを含むデッキを使用して「マッチ戦:スタンダード」や「マッチ戦:ヒストリック」、「スタンダード・イベント」、「ヒストリック・イベント」の各イベントに参加中のプレイヤーは、そのままそのデッキでイベントを続けることができます。 禁止カードが含まれているため「不正なデッキです」と表示されますが、参加済みのイベントは最後までプレイできますので、ご留意ください。参加中のイベント終了後は、これらの禁止カードを含めたデッキの登録はできなくなります。

「プレイ」モード

 今回の禁止/一時停止措置は、6月4日(PDT)に行われるゲーム更新が終了次第スタンダードおよびヒストリックの「プレイ」モードにも適用されます。また、「ランク戦:スタンダード」や「マッチ・ランク戦:スタンダード」、「マッチ・ランク戦:ヒストリック」、「ランク戦:ヒストリック」についても同様です。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER