• HOME
  • >
  • READING
  • >
  • 2019年のグランプリ・スケジュールおよびプロツアー予選の変更、「MagicFest」のお知らせ

READING

お知らせ

お知らせ

2019年のグランプリ・スケジュールおよびプロツアー予選の変更、「MagicFest」のお知らせ

Blake Rasmussen
authorpic_BlakeRasmussen.jpg

2018年10月4日


 2019年のグランプリ・スケジュールおよび、プロツアーの参加権利獲得方法の変更内容が確定しました。まずはそれぞれの概要をお伝えします。

  • グランプリが開催される週末は装いを新たにし、新名称も付けられます――それが「MagicFest」です! MagicFestではグランプリ本戦のほか、さまざまなサイド・イベントやアーティストのサイン会、パネル・ディスカッション、予選トーナメントなど、マジック・ファンの皆さまのためのイベントが開催されます。2019年のプロツアーも、MagicFestとして開催される予定です。
  • 「CFB Events」の公式ウェブサイトにてMagicFestのスケジュールが公開されましたので、ご確認ください。また、こちらで賞金体系の更新についてもご確認ください。(編訳注:リンク先はすべて英語となります。また、日本国内で開催のMagicFestの一覧は記事末尾に掲載いたします。)
  • プロツアーの参加権利獲得方法を刷新します。(プロツアー予備予選と呼ばれた)一次予選を廃止し、参加権利獲得に直接つながる予選システムをご用意します。それに伴い、プロ・レベルのトーナメントを開催するイベント主催者さまや一部のWPN加盟店舗さまのご協力のもと、予選イベントのテストを行う予定です。

 それでは、すべてのマジック・プレイヤーのためのイベント――「MagicFest」から詳しく見ていきましょう。

MagicFest

 グランプリが開催される週末を楽しんでいるのは、本戦イベントの参加者だけではありません――そのことを私たちが見過ごすわけにはいかないでしょう。マジック・コミュニティの皆さんは、マジックというゲームをあらゆる形で楽しんでいます。サイド・イベント、アーティストのサイン会、コスプレ、パネル・ディスカッション、スペルスリンガー、そしてプロツアー予選……

 そこで私たちは、それらのイベントをすべてまとめて「MagicFest」と呼ぶことにしました。イベントの内容自体は、これまでのグランプリから大きく変わる点はありません。本戦イベント(これまで通り「グランプリ」と呼びます)はありますし、サイド・イベントも賞金などもあります。呼び方を変えるのは、その週末を通して(グランプリ本戦を含め)さまざまなイベントが楽しめることを強調するためです。MagicFestは、すべてのマジック・プレイヤーのための場所です。あなたの街にマジックのイベントや楽しい体験がやってくるのです。

 特筆すべきは、プロツアーもMagicFestとして開催される点でしょう。つまりプロツアー『ラヴニカの献身』(クリーブランド2019)は、「MagicFest:クリーブランド2019」として開催されます。そのため、プロツアーで2日目進出が叶わなかったプレイヤーも、週末の残りはマジックのお祭りを楽しむことができます。また日曜日まではMagicFestを楽しみ、それから新たなプロツアー王者の誕生を見届けて、その後は友人との統率者戦に興じることもできるのです。

 「CFB Events」の公式ページにて、MagicFestのスケジュールが公開されました。また、グランプリで獲得できるプロツアー参加権利および賞金体系についての更新も行われました。ぜひ2019年に皆さんのお住まいの地域にやってくるMagicFestをご確認ください。(リンク先はすべて英語)

 MagicFestについてソーシャルメディアで発信する場合は、ぜひハッシュタグ #MagicFest を付けてください。個別のイベントについては #MTG[都市名] がおすすめです。

プロツアーへの参加権利について

 2019年に行われるプロツアーのうち最初の2つ(プロツアー・クリーブランド2019とプロツアー・ロンドン2019)の予選は、現行システムのまま行う予定です。それらの予選シーズンはすでに始まっているため、変更はありません。プロツアー・ダラス/フォートワース2019の予選シーズン(3月末から開始予定)から、予選のシステムに少々変更が加わります。

O3YINhBcWn.jpg

 プロツアーの参加権利を獲得する方法は、主に3つに分かれます。

  1. プロ・プレイヤーズ・クラブおよびプロツアーの成績に基づく招待:プロ・プレイヤーズ・クラブのレベルについてはまだ発表していませんが、2019年も2018年と同様の仕組みを継続する予定です。変更されるとすれば、2020年以降です。
  2. グランプリ本戦の成績に基づく招待:MagicFestで開催されるグランプリ本戦でも、引き続きプロツアーの参加権利が授与されます。ただし、獲得できる権利は次のプロツアーのものではありません。グランプリ本戦で授与されるのは、基本的にそのグランプリが開催された地域で行われるプロツアーの参加権利となります。つまり、ヨーロッパで開催されるグランプリでは、次回ヨーロッパで開催されるプロツアーの参加権利が手に入ります。
  3. 予選イベント:プロツアー予備予選(PPTQ)は廃止し、プロツアーの参加権利獲得に直接つながる予選イベントをご用意する予定です。なお予選イベントによって獲得できる権利の数は決まっており、2種類の予選イベントが行われる予定です。
    • オープン予選:オープン予選は誰でも参加可能なイベントで、プロツアーの参加権利が1枠または複数設定されます。MagicFestで開催される予選イベントはオープン予選となる予定です。
    • 招待選手限定予選:かつてのPTQと異なり、この予選イベントでは参加条件が定められます(詳細につきましては、後日発表します)。イベント主催者も、プロ・レベルのトーナメントを開催している主催者や、その地域で最も快適なプレイ体験を提供できるWPN加盟店舗が担当します。この予選イベントは、基本的に1日で1枠を決定するものであり、参加者数に制限を設ける予定です。

 プロツアー予選の刷新に伴い、プロ・レベルのトーナメントを開催するイベント主催者さまや一部のWPN加盟店舗さまのご協力のもと、2019年の前半に予選イベントのテストを行う予定です。店舗やイベント主催者の皆さまとともに最善の方法を学び、予選プログラムを発展させていく計画です。テストについての詳細やスケジュールは後日発表しますので、少々お待ちください。

 なおMagic Onlineでの予選イベントは、今後も引き続き行う予定です。

 最後に、現行システムではプロツアー地域予選にどれか1つしか参加できませんが、新たなシステムでは該当するプロツアーの参加権利を獲得するまで何度でも予選イベントに参加できます。

変化の年

 2019年はプロツアーが6回行われることを発表したとき、2019年は「変化の年」になるとお伝えしました。私たちは、予選イベントからグランプリや最高レベルのプロ・プレイまで、マジックの競技システム全体を見直し、作り直しています。2019年は次の段階への移行の年になり、2020年には競技の舞台が大きく変わるでしょう。

 2019年は、マジックの競技シーンの輝かしい未来に向けた出発点です。皆さん、また未来でお会いしましょう。


付録:2019年の日本国内での「MagicFest」開催予定

日程開催都市グランプリのフォーマット
3月22~24日京都スタンダード
4月19~21日横浜(未発表)
5月17~19日北九州(未発表)
8月2~4日千葉(未発表)

※2018年10月5日時点での予定です。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER