READING

戦略記事

鍛冶友浩の「デジタル・マジック通信」

第23回:これがプロツアー! 殿堂プレイヤー・Brian Kibler vs. Jon Finkel をリプレイ!

読み物

鍛冶友浩の「デジタル・マジック通信」

2012.02.14

第23回:これがプロツアー! 殿堂プレイヤー・Brian Kibler vs. Jon Finkel をリプレイ!


 こんにちは、鍛冶です。

プロツアー・闇の隆盛 イベントカバレージ

 昨日まで行われていたプロツアー・闇の隆盛はみなさんご覧になられましたか?
 日本からは永井 守さんが、見事トップ4に入賞。
 殿堂プレイヤーであるBrian Kibler、Jon Finkel、Jelger Wiegersmaの3人に、Paulo Vitor Damo da Rosa(PV)という、とっても濃いメンバーで行われたプロツアーの決勝は、Brian Kiblerの優勝で幕を閉じました。

 大方の予想通り、世界は《秘密を掘り下げる者》を中心に回っていたと言っても過言ではなく、メタゲーム・ブレイクダウンを見てもそれは明らかでした。

 (翻訳記事)プロツアー・闇の隆盛 メタゲームブレイクダウン

 しかし、Kiblerの使用したデッキは、ChannelFireball謹製の、火力をふんだんに投入した《高原の狩りの達人》入り《ケッシグの狼の地》でした。

Brian Kibler
プロツアー・闇の隆盛 優勝 / スタンダード[MO]
5 《
6 《
4 《根縛りの岩山
4 《銅線の地溝
4 《墨蛾の生息地
2 《ケッシグの狼の地

-土地(25)-

1 《極楽鳥
3 《真面目な身代わり
4 《高原の狩りの達人
1 《最後のトロール、スラーン
1 《酸のスライム
4 《原始のタイタン
2 《業火のタイタン

-クリーチャー(16)-
4 《太陽の宝球
4 《不屈の自然
4 《感電破
1 《鞭打ち炎
4 《金屑の嵐
2 《緑の太陽の頂点

-呪文(19)-
2 《最後のトロール、スラーン
1 《秋の帳
2 《古えの遺恨
2 《焼却
1 《鞭打ち炎
2 《帰化
2 《内にいる獣
1 《原初の狩人、ガラク
2 《解放された者、カーン

-サイドボード(15)-

 序盤の相手のダメージクロックを取り除くことを強く意識した構成になっていますね。

 準決勝で対戦したのは、《未練ある魂》のフラッシュバックのために黒をタッチした《秘密を掘り下げる者》デッキを操る、あのJon Finkel。

Jon Finkel
プロツアー・闇の隆盛 トップ4 / スタンダード[MO]
5 《
1 《平地
1 《
4 《金属海の沿岸
3 《氷河の城砦
4 《闇滑りの岸
2 《ムーアランドの憑依地
2 《進化する未開地

-土地(22)-

4 《秘密を掘り下げる者
3 《幻影の像
4 《瞬唱の魔道士
4 《ドラグスコルの隊長
2 《地下牢の霊

-クリーチャー(17)-
4 《ギタクシア派の調査
1 《はらわた撃ち
4 《蒸気の絡みつき
4 《思案
1 《神への捧げ物
1 《存在の破棄
2 《マナ漏出
4 《未練ある魂

-呪文(21)-
1 《幻影の像
2 《地下牢の霊
2 《外科的摘出
2 《はらわた撃ち
1 《啓蒙
1 《天界の粛清
1 《神への捧げ物
1 《存在の破棄
1 《マナ漏出
1 《否認
1 《四肢切断
1 《雲散霧消

-サイドボード(15)-

 しかしKiblerはFinkelをも蹴散らして決勝へ進出し、1枚しかデッキが変わらないPVとのミラーマッチを戦いました。

 世界選手権2011を優勝した彌永淳也に続いたこの結果に、《ケッシグの狼の地》のポテンシャルを再確認させられましたね。

 さて、今週はまだMOで「闇の隆盛」がリリースされていないので、この準決勝、Brian Kibler と Jon Finkel の最終第5ゲームをリプレイ!したいと思います。
 観戦記事もあわせてご覧ください。

 (翻訳記事)準決勝: Jon Finkel(アメリカ) vs. Brian Kibler(アメリカ)

 その前の第4ゲーム。
 1-2と負けている状態で、Kiblerは《ドラグスコルの隊長》と《幻影の像》(《ドラグスコルの隊長》のコピー)で強化されたスピリットたちに襲い掛かられ、絶体絶命のピンチ

 これを、見事なトップデックで大逆転します。

Kibler 「いまのゲームは全身全霊だったぜ...一世一代のな。わかるだろ」

 そんなKiblerでしたが、続く第5ゲームも大苦戦。
 しかし、優勝したのはご存知の通りKibler!その勝利までの過程が見応えのあるゲームをみてみましょう!


プロツアー・闇の隆盛 準決勝: Brian Kibler vs. Jon Finkel Game 5

埋め込み動画は、スマートフォン版では非表示となっています。
下記リンクから動画をご覧ください。

http://youtu.be/jedseuxEvxk?t=1h30m37s


1:31:40
 お互いに7枚のハンドをキープしてのゲーム開始!
 まずはFinkelの《ギタクシア派の調査》でKiblerの手札は丸裸にされる。
 《感電破》《焼却》《高原の狩りの達人》、《緑の太陽の頂点》という呪文をメモし、《思案》へと続ける。

1:33:18
 2マナのマナ加速呪文をケアして《進化する未開地》ではなく《》を置き続けるFinkelに、Kiblerは淡々と土地を置くのみ。
 対クリーチャーの除去呪文と、対マナ加速呪文の打ち消し呪文の睨み合いが続く。
 お互いにインスタント呪文で牽制したいと考えているのか、まるでパーミッション同士のようだ。

1:35:02
 十分な土地に恵まれた両プレイヤーは、徐々に行動を開始する。
 Kiblerの《墨蛾の生息地》アタックから、Finkelの《未練ある魂》へと、戦場は少しづつだがパーマネントが揃い始める。
 そして、《マナ漏出》を構えているFinkelに、《秋の帳》を持ったKiblerが《高原の狩りの達人》で攻める!

1:36:30
 この《高原の狩りの達人》に行動を制限されつつも、変身させなければ《天界の粛清》があるので脅威ではない、と割りきり、メインで《瞬唱の魔道士》から《思案》へと続けるFinkel。
 あいにく3枚の土地なのでシャッフルを選ぶが、2/1で地上はがっちり?
 もちろんそんなことはなく、Kiblerは《緑の太陽の頂点》でもう1枚の《高原の狩りの達人》をサーチする。

1:39:55
 ターン終了時に《高原の狩りの達人》を《天界の粛清》で処理するが、ボードのクロックを見れば若干Kiblerの有利か。
 続くターンもFinkelは《思案》を唱えるが、《ギタクシア派の調査》ばかりがめくれ、マナもライフも余裕がないのでシャッフルをすると、そこには《瞬唱の魔道士》が!

1:42:24
 このドローでシーソーは逆に傾き、フラッシュバックの《天界の粛清》で《高原の狩りの達人》は退場した。
 もうKiblerには2/2のトークンしか残されておらず、手札の火力も1/1トークン相手には効果が薄く虚しいだけだ。
 さらにFinkelは《否認》と《瞬唱の魔道士》を《思案》で掘り当て、ゲームを完全にコントロールしようとライフにプレッシャーをかける。

1:45:07
 ダメージ源に恵まれないKiblerは、飛行クリーチャーに殴られる一方でほとんど反撃といった行動が取れず、ただターンが過ぎていく。
 こうなってしまうと、普通に考えればKiblerに逆転の目はないだろう。
 せめて《ケッシグの狼の地》さえ引けば話が変わるのに・・・だが、今のドローで引いたカードは3枚目の《感電破》!
 火力のないFinkelのデッキのダメージはクリーチャーからしかダメージを与えられない。つまり、Kiblerに残されたターンはあと1ターンある。

1:47:01
 この時のために、《焼却》はあえて《瞬唱の魔道士》へは使わずにゲームの速度を調節し、《墨蛾の生息地》はチャンプブロッカーと見せかけて金属術を果たし、Finkelの1/1スピリットトークンでのチャンプをさせたくないシチュエーションを作り、《否認》を持たれていても止めを刺せる、残りライフ8という瞬間を創りだした!


 さすが殿堂プレイヤー同士の戦いは見応えがありますね!
 普通に考えたら2/2トークンを相打ちで使ってしまったりして、ドローの弱さに嘆いてしまうゲームかもしれませんが、細い細い勝利への道を歩み、3枚の金属術した《感電破》で逆転勝利!
 これだからプロツアー・サンデーの試合はたまりませんね。

 他の名試合はこちらでご覧下さい!

 (英語)Video Archive: 決勝
 (英語)Video Archive: 準々決勝

 また、アーキタイプごとの詳しい分析記事はこちらにあります!

 Archetype Breakdown for Pro Tour Dark Ascension

 英語となってしまいますが、マジックならOKという方は是非チャレンジしてみてください。


☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)
 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。


闇の隆盛・プレリリース

/

 おまたせしました、「闇の隆盛」をいち早くMagicOnlineで遊びたいプレイヤーに朗報です!
 Magic Online上での発売日とプレリリースのスケジュールが発表されました。
 ストアでの発売は2/20からとのアナウンスですが、今回も以下の2つのフォーマットで一足お先にプレリリースが行われます!


闇の隆盛 プレリリース スイス式 シールドイベント

開催時間: 2/17(金)AM3:00 ~ 2/19(日) PM3:00 16人そろい次第、順次開催
開催場所: 「Release Queues room」
参加費: 30チケット
プロダクト:イニストラード、闇の隆盛のブースターパックが3つずつ支給されます。
参加人数: 16人
イベント内容: デッキ構築とスイス式4回戦です。勝敗に関わらず、すべての試合をプレイすることができます。
賞品:勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点 賞品 QP
12 闇の隆盛 ブースターパック 10個 3
9 闇の隆盛 ブースターパック 4個 1
6 闇の隆盛 ブースターパック 1個 0

追加の賞品: このイベントに参加したすべてのプレイヤーにはプロモーション・カードの《貪欲なる悪魔》が、さらに勝ち点9点以上のプレイヤーにはFoilの《貪欲なる悪魔》が配布されます。

?


闇の隆盛 8人 スイス式 ブースタードラフト

開催時間: 2/19(日)AM3:00 ~ 2/20(月) PM3:00 8人そろい次第、順次開催
開催場所: 「Release Queues room」
参加費: 20チケット
プロダクト: 闇の隆盛のブースターパックが3つ、支給されます。
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフトとデッキ構築、加えてスイス式3回戦です。勝敗に関わらず、すべての試合をプレイすることができます。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点 賞品 QP
9 闇の隆盛 ブースターパック 4個 1
6 闇の隆盛 ブースターパック 2個 0
3 闇の隆盛 ブースターパック 1個 0

追加の賞品: このイベントに参加したすべてのプレイヤーには、プロモーション・カード《貪欲なる悪魔》が、さらに勝ち点9点のプレイヤーにはFoilの《貪欲なる悪魔》が配布されます。


 そんな中、MOCSは第2シーズンが進行しています!


Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 2

MOCS-QP-2

QP獲得期間:2/1~2/29(ダウンタイムまで)
プロモカード:《生ける願い
チャンピオンシップ 開催日時:3/4(日) AM4:00
チャンピオンシップ 形式:イニストラード・ブロック シールド戦

 詳しくは、英語記事「2012 Magic Online Championship Series」をご覧ください。

 普段はQPをしっかり集めるのは難しい人でも、このプレリリースのシールドイベントで4-0できれば一度に3QPですし、3-1でも1QPがもらえますよ!
 イベントに参加しながら楽しくカードとQPを集める、なんてどうですか?


マジック・オンライン プロツアー予選:バルセロナ・アヴァシンの帰還

開始時間: 下記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット
プロダクト: モダン構築のデッキを用意する必要があります。
参加人数: 33人~768人
イベント内容: モダン構築戦。参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、Top8ではシングルエリミネーション3回戦が行われます。
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位 賞品 QP
優勝 プロツアー・アヴァシンの帰還の参加権利
及びスーパードラフトの招待
ブースターパック 48個
6
準優勝 ブースターパック 48個 5
3,4位 ブースターパック 36個 4
5-8位 ブースターパック 24個 3
9-16位 ブースターパック 12個 0
17-32位 ブースターパック 6個 0
33-64位 ブースターパック 3個 0
65-128位 ブースターパック 2個 0
129-256位 ブースターパック 1個 0


開催スケジュール

開催日 開始時刻
2月21日 AM1:00
2月26日 AM4:00
3月5日 AM0:00
3月12日 AM3:00
3月17日 PM10:00
3月19日 AM3:00
3月24日 PM7:00
3月25日 AM3:00
4月1日 PM11:00

プロツアー予選への参加資格
プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について
プロツアー:アヴァシンの帰還 スーパー・ドラフト

 以上につきましては、第18回の記事をご覧ください。

 それではまた来週!


参加人数によるラウンド数
参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER