READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:アブザン・コントロール(スタンダード)

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:アブザン・コントロール(スタンダード)

by 岩SHOW

 つい先日、《豪華の王、ゴンティ》しかクリーチャーを採用していないコントロール・デッキの話をした。青系のコントロール・デッキでも《奔流の機械巨人》《スカラベの神》とゲームを終わらせるフィニッシャーの役目をクリーチャーに委ねている中で、自前のクリーチャーで勝つ気はほとんどない構成は異質なものとして映った。

 今日は、そんなゴンティオンリーデッキをも超える、クリーチャー完全0枚デッキを紹介しよう。《副陽の接近》で勝つんだろって? いや、それも0枚なんだよこれが! アブザン(白黒緑)カラーのコントロール・デッキの登場だ!

Thijz - 「アブザン・コントロール」
Magic Online Competitive Standard Constructed League 5勝0敗 / スタンダード (2018年2月18日)[MO]
1 《平地
3 《
2 《
4 《秘密の中庭
2 《まばらな木立ち
4 《花盛りの湿地
3 《イフニルの死界
1 《信義の砂漠
1 《栄光の砂漠
1 《不屈の砂漠
1 《屍肉あさりの地
2 《廃墟の地
1 《オラーズカの拱門

-土地(26)-


-クリーチャー(0)-
4 《致命的な一押し
2 《アゾールの門口
2 《渇望の時
2 《魔学コンパス
3 《大災厄
2 《黄金の死
2 《不敬の行進
3 《ヴラスカの侮辱
2 《イクサランの束縛
2 《首謀者の収得
4 《約束の刻
2 《橋上の戦い
1 《翦草+除根
1 《不帰+回帰
2 《秘宝探究者、ヴラスカ

-呪文(34)-
3 《才気ある霊基体
3 《貪る死肉あさり
1 《豪華の王、ゴンティ
3 《強迫
2 《アルゲールの断血
1 《帰化
1 《失われた遺産
1 《霰炎の責め苦

-サイドボード(15)-

 サイドボードに数枚の姿が見えるが、メインデッキからクリーチャーカードを徹底的に排除した構成となっている。こういう構築をした際の強みというのは、対戦相手のデッキ内のカードを大きくスカらせる(空振りにさせる)ことができるという点だ。

 例えば、あなたがクリーチャーで殴り勝つデッキを構築するとしよう。その場合、よっぽどなことがない限りは対戦相手のブロッカーを排除して攻撃を継続するために、クリーチャーを除去する呪文をいくらか採用することだろう。ゲーム開始時の手札にもそれらを1枚ほど握っているだろうし、ゲームを進めるにつれそれらをドローするだろう。では、対戦相手が全くクリーチャーを出してこなかったら? これらのカードは完全に不要なものとなってしまう! 思い切った構築にはこういうメリットもあるのだ。

 白と黒が誇るクリーチャー呪文をたんまり詰め込んで、ではクリーチャーなしでどうやって勝つのかというと......《アゾールの門口》という伝説のアーティファクトに頼るのだ。

クリックで変身します

 このカードは、カードを1枚引いて1枚捨てる手札入れ替え、通称ルーターと呼ばれる能力を持っている。このカードは厳密に言うと、手札を捨てるのではなく追放する。これにより5種類の異なった点数で見たマナ・コストのカードを追放することにより、《太陽の聖域》へと変身する。

 変身後は「自身のライフ総量」というとんでもない数のマナを生み出す。《首謀者の取得》はサイドボードからカードを探すこともできるので、《霰炎の責め苦》を持ってきて、ありったけのマナを用いてX=特大の一発を叩き込んでフィニッシュだ!

 《アゾールの門口》が《首謀者の取得》を引き当てる手段にもなるし、《首謀者の取得》はサーチ呪文としても使える。ボーラスのように、最後は何でも自身の手に収めて勝利! 気持ちいいことこの上ない。

 ライフがそれほど残っていなかったとしても、《橋上の戦い》で回復してマナ生産量を増やして、改めて《霰炎の責め苦》で終わらせてやればよい。

 《アゾールの門口》を変身させるために、分割カードが役に立つのもお忘れなく! スタック以外の領域にある場合、分割カードは2つのマナ・コストを合計したコストを持つカードとして扱われる。《翦草+除根》の点数で見たマナ・コストは6、《不帰+回帰》は7としてカウントできるぞ。

 残りの部分を固める除去呪文の構成も面白い。《太陽の聖域》を用いることができるので《秘宝探究者、ヴラスカ》を唱えることも簡単。さらにマナを食う《不敬の行進》の採用も面白い。

クリックで変身します

 1枚でクリーチャー3体まで対処可能、かつ《薄暮薔薇の墓所》に変身すると除去したクリーチャーを配下に従え攻勢に出ることも可能だ。ただあまりにもマナを必要とするのも事実なので、《約束の刻》で真面目に土地を伸ばすことも忘れない。砂漠もしっかり採用して、ゾンビ・トークンによる時間稼ぎも可能だ。

 細かい除去で粘って、フィニッシュは大技で。ストーリー性のあるゲームプランはあなたに最高のひと時を与えてくれる......かもしれない。ラスボス視点で対戦相手のやることなすことを打ち崩し、絶望を叩きつけたい願望がある方は、このデッキのようにいつもとちょっと違うフィニッシャーを採用したデッキを考えてみるのも楽しいよ。固定観念は破棄せよ!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER