READING

読み物

ガフ提督の「ためになる」今日の1枚

今日の1枚:ヴェンディリオン三人衆

浅原 晃

 普通の女の子に戻りたい……そんな言葉を聞いたことないかのう? そうじゃそうじゃ、リリアナがボーラスに向かって言った……違うわい! ふむふむ、そうじゃな、ヴラスカがジェイスに向かって言ったって、違うわい! いや、それは、ワンチャンあるかもしれんが。ともあれ、これは3人組のアイドルグループ、キャンディーズの解散宣言の時の言葉じゃ。1977年7月17日、人気絶頂時の突然の解散宣言にファンは驚いたものじゃよ。

 そこで、今日は3人組のフェアリー界のアイドル、《ヴェンディリオン三人衆》を紹介していくぞい。

 《ヴェンディリオン三人衆》は『モーニングタイド』の伝説のクリーチャーのサイクルじゃ。3人居たのが良かったのか、他のサイクルのクリーチャーに比べて、トーナメントで大いに使われたクリーチャーじゃな。《ヴェンディリオン三人衆》は青単色で相手の手札を見て邪魔できる能力に加えて、飛行でパワーが3と高く、瞬速によって相手のドロー・ステップなどの好きなタイミングで使える、さらには自分に使って手札入れ替えも可能とさまざまな用途があってな、メインやサイドボード要員として大活躍したのじゃ。

 ちなみにフェアリーファンなら、当然知っておるじゃろうが、三人衆は左から、エンドリ・イリオナ・ヴィーサという名前が付いておるんじゃ。これらの名前をつなぎ合わせて、ヴェンディリオンというユニット名になっておるという話じゃ。

 スタンダードでは人気絶頂のままローテーションで引退となったものの、モダンやレガシーなどの環境でも使われることは多かったのう。ふぉっふぉっふぉ、普通の女の子に戻りたいとか言わないのかって? ふぉっふぉっふぉ、この時のフェアリーはならずものじゃからな、おい、お前手札見せろ、とかなら言うかもしれんがのう。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER