EVENT COVERAGE

プロツアー『タルキール龍紀伝』

戦略記事

八十岡翔太の「青黒ドラゴンコントロール」

By Naoaki Umesaki

(この記事は4月10日に取材したものです)

 「ヤソコン」。

 マジックをプレイしたことがある人ならば、名前くらいは聞いたことがあるだろう。
 八十岡が作ったコントロールデッキだから、「ヤソコン」。
 非常に安易なネーミングではあるが、この名前には非常に多くの名作デッキがある。

 そして、このプロツアー『タルキール龍紀伝』でも八十岡は新作の「ヤソコン」を持ち込んできたという。
 どんなデッキなのだろうか、期待は高まる。

decktech_yasooka.jpg

「せっかくなんだから、新しいカードを使いこなして勝ちたいよね」と語りながら八十岡が広げたのは、なんとドラゴンをフィーチャーした「青黒コントロール」!

 パッと見ただけでも、新セット『タルキール龍紀伝』からドラゴン関連のカードが多く採用されている点は非常に興味深い。
 《シルムガルの嘲笑》は、やはり新時代の《対抗呪文》なのだろか!?

 プロツアー『タルキール龍紀伝』第6回戦を終えて全勝の八十岡に、スタンダードで使用しているデッキを紹介してもらった。

 ドラゴン関連のカードにばかり目が行きがちだが、細かい点にも要注目。例として、前環境でよく見られた一般的な「青黒コントロール」のリストとは異なり、《胆汁病》や《シルムガルの嘲笑》を2ターン目にしっかり打てるよう、無色マナしか出ない《光輝の泉》を採用していない。

 細かいところをしっかりと詰めてこそ、コンセプトが輝くのである。

八十岡 翔太 - 「ヤソコン」
プロツアー『タルキール龍紀伝』 / スタンダード[MO] [ARENA]
6 《
3 《
4 《汚染された三角州
4 《陰鬱な僻地
4 《欺瞞の神殿
2 《華やかな宮殿
1 《精霊龍の安息地
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ

-土地(26)-

3 《氷瀑の執政
2 《龍王シルムガル
1 《漂う死、シルムガル

-クリーチャー(6)-
2 《思考囲い
4 《シルムガルの嘲笑
2 《胆汁病
2 《究極の価格
3 《英雄の破滅
2 《解消
2 《忌呪の発動
3 《命運の核心
3 《ジェイスの創意
1 《残忍な切断
3 《時を越えた探索
1 《精霊龍、ウギン

-呪文(28)-
2 《層雲の踊り手
3 《強迫
2 《軽蔑的な一撃
1 《胆汁病
1 《否認
1 《究極の価格
3 《悲哀まみれ
1 《悪性の疫病
1 《龍王の大権

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST