EVENT COVERAGE

ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019

トピック

ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019 注目の出来事

Corbin Hosler, Adam Styborski, Meghan Wolff

2019年2月24日


(編訳注:埋め込み動画は英語実況のものとなります。)

 ここクリーブランドでは、シーズン最初のミシックチャンピオンシップを通じ、激しい週末が繰り広げられた。500人近くのプレイヤーが広大な会場で争ったが、最終的に勝者が現れた。日曜日、スター揃いのトップ8プレイヤーたちは、合計すれば過去20回以上ミシックチャンピオンシップ/プロツアーのトップ8経験を持っていた。そしてその頂点を決める決勝戦は、イングランド選手権を2回も制したオータム・バーチェット/Autumn Burchettと、日本のプロプレイヤー井川良彦の戦いとなり、これは両者のどちらにとっても2度目のミシックチャンピオンシップ/プロツアーのトップ8となった。

バーチェットが歴史を作る

 トーナメントの話から始めよう。バーチェットは、皆がという程ではないにせよ、かつては多くの人に見くびられていた一方で、今や『ラヴニカの献身』スタンダード最高のデッキの一つとして開花した「青単テンポ」デッキでミシックチャンピオンシップに参戦した。《霧まといの川守り》《セイレーンの嵐鎮め》《マーフォークのペテン師》、そして《大嵐のジン》といった軍勢のデッキを手に取り、それを完璧に操ることで何十もの難しいゲームや圧力を切り抜けてみせたのだった。

 井川との決勝戦はその完璧な例だろう。行われた5ゲームのすべてが一手を争う非常に難しい試合展開だったのだ。プレミアトーナメントで彼らが対峙するのは初めてだったにもかかわらず、バーチェットは冷静沈着だった。彼らのプレイは、それを見ていた多くのプロから、講習会で使う手本かのごとく称賛を受けたのだ。2ゲームを落として後がなくなった後でさえ、この週末のバーチェットを止められるものはなかった。


 こうして、観戦者たちにとってのミシックチャンピオンシップは閉幕を迎えた。しかし優勝者にはもうひとつ、15年間にわたって続いてきたことが残っている――今大会をもってカバレージを引退するブライアン・デイヴィッド=マーシャル/Brian David-Marshallによる、優勝者インタビューだ。これはバーチェットにとって、(そして私たち全員にとっても)忘れられない出来事になるだろう。


LSVと井川の帰還

 日曜日のトップ8というのは、マジック数十年の歴史を代表するものだ。この2人は以前も日曜に相まみえており、そして今後もあることだろう。しかし、プロツアー『ドラゴンの迷路』の覇者であるクレイグ・ウェスコー/Craig Wescoeによって発掘された写真ほど、マジックの歴史に命を吹き込むものはそうはないだろう。

井川良彦と@lsvがトップ8で再会したね。これはプロツアー・サンディエゴ2010のトップ8の写真だ。井川が一番良く跳んでるね。


 私たちはこの喜びの一瞬を見てくれたこと(そしてこの素晴らしいジャンプ)に感謝している。


一進一退のミラーマッチ

 準決勝の始まる前、マジック・プロリーグのプレイヤーであるシャハール・シェンハー/Shahar Shenharは、リード・デューク/Reid Dukeとオータム・バーチェットの試合がまさにマジックの才能のぶつかり合いとなることを正確に予見していた。

@ReidDuke 対 @AutumnLilyMTG のミラーマッチは才能の素晴らしい見せ合いになるだろう。青単のミラーは技術が試されるんだ。 #2019MC1


 実際、最初から最後まで気の抜けない戦いで、デュークとバーチェットは優位を巡って一進一退の攻防を繰り広げた。

 第4ゲーム、《大嵐のジン》2体が戦場に揃い、デュークは勝利を手に入れつつあった。しかし、バーチェットはその片方を《幻惑の旋律》を奪おうとし、そしてそれを《セイレーンの嵐鎮め》や《潜水》で防ぐことができなかったのだ。


 また同じゲームで、デュークはバーチェットのライフを1まで削ったが、そこからバーチェットはブロッカーを用意して時間を稼いだ。


 デュークはゲームを決着させるクリーチャーを着地させようと何度も何度も繰り返したがそれは実らず、最終的にバーチェットは反撃を決めてそのゲームに勝利し、そして準決勝のマッチにも勝利したのだった。


青単の躍進

 「スゥルタイ・ミッドレンジ」がプレイヤー使用率の点でトップをひた走る一方で、「青単テンポ」は大会を制圧した。マジック・プロリーグ(MPL)のメンバーを多く含む60人がこのデッキをクリーブランドに持ち込んだ。そしてトップ8には、他のどのデッキも1人ずつだったにもかかわらず、このデッキのみが3人を輩出したのだ。

 「青単テンポ」はここ数か月、プレミアプレイの周縁に位置していた。行弘賢が2018年の世界選手権に持ち込んだものの、それはローグ扱いされて終わってしまった。

 しかし2019年頭になって人気は急上昇。アレクサンダー・ヘイン/Alexander Hayneは2月の第1週、このデッキでMTGアリーナのミシックランク1位に躍り出て、そして多くのプレイヤーたちが彼の成功を後追いすべくこのデッキを使い始めたのだ。

 「青単テンポ」がトップ8のメタゲームを支配したことは、ミシックチャンピオンシップ前の数週間にこのデッキを使ったプレイヤーたちにとっては驚くべきものではなかっただろう。このデッキに落ち着いたMPLのメンバーたちは、それが「スゥルタイ・ミッドレンジ」の多い環境では特にうまくいくであろうと予測していた。《執着的探訪》と小さいクリーチャー、そしてそれを守る手段に焦点を置いている。「青単テンポ」は大振りなソーサリーをプレイしようとするプレイヤーを《呪文貫き》でいなしたり、除去呪文を《潜水》でかわしたりして寄せ付けないのだ。

2019MC1-Burchett-Duke.jpg

オータム・バーチェットとリード・デュークが緊張感のあるミラーマッチで決勝の椅子を争った


 「青単テンポ」の力を信じていたプレイヤーたちが予言していたとおり、そのデッキはトップ8を通じてミラーマッチにしか負けていない。オータム・バーチェットはまずジュリアン・ベルトー/Julien Berteauxを下し、そしてリード・デュークを下した。この2人もまた、日曜にひたすら基本・島をプレイし続けていたのだった。

歴史家の歴史

 20年をも超える参加、支援、そして高レベルの競技マジックの記事執筆ののち、ブライアン・デイヴィッド=マーシャルはミシックチャンピオンシップのチームに別れを告げた。だが、より大事なことは、彼はこれまで――その初めての大会から殿堂入りの式典まで――トーナメント会場を通じて、何千ものプレイヤーたちの人生に触れてきたのだ。


 ここクリーブランドのプレイヤーとスタッフから全世界の視聴者とファンの皆さんへ、マジックは永遠に――そして愛を込めて――ブライアン・デイヴィッド=マーシャルのミシックチャンピオンシップ/プロツアーへの貢献を称え続けるだろう。

(Tr. Keiichi Kawazoe)

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST