EVENT COVERAGE

ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019

トピック

ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019 初日の注目の出来事

Corbin Hosler
hosler.jpg

2019年2月22日

 

(編訳注:埋め込み動画は英語実況のものとなります。)

 ここミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019にて新たなマジックの舞台が幕を開け、およそ500人の選手が『ラヴニカの献身』導入後のドラフトとスタンダードで競い合う姿は大きな興奮をもたらしている。

 本記事では、今大会初日の出来事で特筆すべきトピックをご紹介しよう。

ボンデとピサノが先頭に立つ

 今週末、クリーブランドには王者の座を求めるプレイヤーが500人近く集まった。そのうち300人以上が2日目の競技へ進出し、彼らはトップ8入賞への道を先頭で走る2人を追いかけることになった。

 今大会の初日を先導したのは、ともに8戦全勝の完璧な成績を収めたミカエル・ボンデ/Michael Bondeとロブ・ピサノ/Rob Pisanoだ。彼らは(ミシックチャンピオンシップという)厳しい舞台を戦い抜いただけでなく、最後に最大の試練を乗り越えてきた。

 ピサノの最後の相手は、マジック・プロリーグ選手であり華々しい戦績を持つリード・デューク/Reid Dukeだった。大舞台を照らす照明の下でデュークと戦う。これほどまでに厳しい試練があるだろうか?

 それでもピサノは恐れず立ち向かい、テフェリーとともに勝利を収めたのだった。。

 

#2019MC1初日全勝。信じられない1日だったし、あふれんばかりの祝福のメッセージに言葉もないよ。とはいえ厳しい戦いはまだ続く。明日も結果を残せるようがんばります。
ロブ・ピサノ

 そのピサノと並んで先頭に立ったのが、これまでも最高峰の舞台で17位という好成績を2度収めた経験を持ち、昨年のグランプリ・リヨン2018を制したデンマークのプロ、ボンデだ。彼が最終ラウンドで対峙したのは、イギリス選手権で2度の優勝を果たしている現王者、オータム・バーチェット/Autumn Burchettだった。彼の「青単テンポ」を前に苦戦を強いられたボンデだったが、最善手を打ち続けて見事に全勝を飾ったのだった。

 だが彼の戦いはまだ終わりではない。

 

夢が叶った! このまま勝ち続けられるか、明日は試練の1日になるね! みなさんメッセージありがとう! やるぞ!#2019MC1 #Snapcardster #mtgmintcard
ミカエル・ボンデ

ラファエルが100回目を達成

 初めてのミシックチャンピオンシップ参加も、偉業のひとつだ――あまたのプレイヤーが何年も追い求める夢の実現そのものだ。

 では100回目の参加は? それを実現する者はほとんどいないだろう。だが殿堂顕彰者ラファエル・レヴィ/Raphaël Lévyは、今大会への参加をもって100回目という驚異的な記録を成し遂げた。さらに初日5勝3敗で2日目にも進出している。

 まさに信じられない大偉業であり、彼はその名を永遠に刻みつけることだろう。

『ラヴニカの献身』登場

 もちろんこの最新セットは数週間前に登場済みだが、最高レベルの舞台に導入されるのは今日が初めてのことだ。スタンダードでは多種多様なデッキが注目され――クリーチャー・タイプも多種多様になったことは言うまでもない(《ハイドロイド混成体》、君のことだ)――、ドラフトでは土地を切り詰めたアグレッシブな「ラクドス」から速度は遅いものの《燃え立つ門》や《アーチ道の天使》など強力なカードを擁する「門デッキ」まで幅広い戦略が活躍している。『ラヴニカの献身』がマジックに確かな足跡を残していることは疑いない。

 ドラフトについてさらに言うなら、本日の全勝戦略はこちらに掲載されたものの、まだまだ実験の余地はあると言って差し支えない。実験を行うのは「シミック連合」に限らないのだ。

 

@HueyJensenが#2019MC1初日に組み上げた強烈なドラフト・デッキについて聞いてみました!
William Jensen
ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019 1日目ドラフト/『ラヴニカの献身』ブースタードラフト(2019年2月22日)[MO]
9 《
7 《平地
1 《アゾリウスのギルド門
-土地(17)-

1 《プテラマンダー
2 《協約のペガサス
1 《迷える思考の壁
2 《評議会の急使
-クリーチャー(6)-
2 《空の縛め
2 《スライム縛り
1 《略式判決
2 《拘引者の忠告
2 《精神純化
2 《思考崩壊
1 《アゾリウスのロケット
1 《ドビンの鋭感
3 《スフィンクスの眼識
1 《集団強制
-呪文(17)-

-サイドボード(0)-

集団強制》に1/3クリーチャーたち。これより印象的な組み合わせを知っている者は名乗り出るように。

あなたは「正解」できるか?

 正直なところ、筆者も《囚われの聴衆》の挙動を正確に把握していない。そしてあのトム・ロス/Tom Rossでさえも把握できず、彼はゲームを失う代わりに記憶に残る瞬間を演出した。

 

 『ラヴニカの献身』には複雑な相互作用が多々あり、強力な神話レアにも特別な対処法がある。この出来事は、この環境の多様性を示す好例と言えるだろう。

(Tr. Tetsuya Yabuki)

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST