EVENT COVERAGE

日本選手権2019

戦略記事

加藤 健介のドラフトピック ~「2-2」を超えて向かう先~

森安 元希

 マジックには時折、「今年の人」と呼ばれるほど活躍を見せるプレイヤーが登場することがある。昨年から今年にかけて、加藤 健介がその1人であることに異論を挟む者はいないだろう。

draft2_katoA.jpg

 さらに先日の2019ミシックチャンピオンシップⅣ(バルセロナ)で10勝6敗という好成績を残した際には「マルドゥ・パイロマンサーズ」という自ら組んだデッキを使っており、プレイヤーとしての成績のみならずデッキビルダーとしての頭角もあらわしつつある。

 この「マルドゥ・パイロマンサーズ」自体は《信仰無き物あさり》禁止によってモダン上でリストを再現することは現状叶わないが、いま加藤の動向に注目しているプロプレイヤーたちが多いのは変わらず事実だ。

 その加藤が今回の日本選手権でも、勝ち進んでいた。1日目を8戦全勝として、2日目の緒戦となるドラフト・ラウンドでは堂々の1番卓だ。「時の人」加藤のピックを追った。

1パック目
draft2_kato1-1.jpg
1パック目ピックまとめ

 1-1から早速選択を迫られた加藤。環境でも随一のパワフルなパワーとタフネスを誇る《朽ちゆくレギサウルス》と、使いやすさに定評のある《北方の精霊》。

 《北方の精霊》を選んだ加藤は、全てのピックを終えたあとでこのピックの基準を話してくれた。

加藤「悩みました。《朽ちゆくレギサウルス》は確かに強力なクリーチャーなんですが、《平和な心》や《金縛り》といった裏目があることや接死(《焼印刃》など)によっても止められるので、1枚で勝てるというイメージは薄いですね。《北方の精霊》が使いやすくて、丸いかなと選びました」

 続く1-2《グレイブディガー》をピックして「青黒」路線が見えてきたかと思ったが、1-3では初手級の「緑青」カード、《発現する浅瀬》が登場。他のカードに魅力(バリュー)が少なかったことからもここで渡りをつけて「緑青黒」3色デッキとして《進化する未開地》などのカラーサポートも意識してピックしつつ、それぞれのカードをつまんだ1パック目の結果となった。

2パック目
draft2_kato2-1.jpg
2パック目ピックまとめ

 1-1を上回る今ドラフトピック最大の転機は、2-2で訪れた。

 《乱動の座、オムナス》、《秘本綴じのリッチ》、《大気の精霊》。

draft2_katoB.jpg

 いずれも喜んで初手としてピックするようなカードがまとめて流れてきた。

 ここまでを「緑青黒」軸で受けてきた流れからすれば、一見色の合う《秘本綴じのリッチ》か《大気の精霊》に手が伸びそうだが、《乱動の座、オムナス》というここまで全く触っていない「赤」への介入を意識したピックを決定した。

加藤「2-2、凄かったですね。青黒で決めて《秘本綴じのリッチ》というのも考えましたが、ここまでで全体の流れが分からず。ただ2手目ということを考えると、上家はこのカラーリング(緑青赤)のカードは2パック目中は比較的流れてくるのかなと思って。1パック目も赤の流れは良かったように見えるので、3パック目までで赤もイケそうだなと思いました」

3パック目
draft2_kato3-1.jpg
3パック目ピックまとめ

 「使用色」の選択で悩まされた1、2パック目の序盤と異なり、3パック目は「どちらの方がよりデッキに合っているか」という目線でのデッキの質を上げるピックが繰りかえされたようだ。

特に3-1でギリギリまで悩んだ《涙の氾濫》と《雲族の予見者》の2択は、《涙の氾濫》が3-9で戻ってくるという結果で最高の結末を迎えている。

 3-3で獲得できた2枚目の《発現する浅瀬》もデッキのパワーを著しく高め、加藤が2-2《乱動の座、オムナス》から始めた「エレメンタル・ピック」の方針は無事完成といえるレベルにまでたどり着いている。

加藤「《涙の氾濫》が遅い巡目で取れたのは、良かったです。回れば勝てると思いますよ。ただ結果的に4色になったので自分との闘いの側面も大きいかな。1戦は回ると思うけど、残り2戦をどう耐えしのぐか、ですね」

draft2_katoC.jpg
デッキリスト
加藤 健介
日本選手権2019 2ndドラフト /『基本セット2020』ブースタードラフト (2019年9月8日)[MO]
6 《
4 《
4 《
1 《茨森の滝
1 《陰鬱な僻地
1 《静寂の神殿
1 《進化する未開地
-土地(18)-

1 《林間の癒し手
1 《チャンドラの火炎猫
1 《雷族の呼び覚まし
3 《霜のオオヤマネコ
2 《発現する浅瀬
1 《雲族の予見者
1 《グレイブディガー
1 《予言ダコ
1 《乱動の座、オムナス
1 《ヤロクの波壊し
1 《北方の精霊
1 《大襞海蛇
1 《吠える巨人
-クリーチャー(16)-
1 《ショック
1 《予期
1 《混迷
1 《放たれた怒り
1 《涙の氾濫
1 《巨像の鎚
-呪文(6)-
1 《
2 《荒廃甲虫
1 《夜明けの司祭
1 《敬虔な命令
1 《急報
1 《牙の魔術師
1 《ヤロクの沼潜み
3 《破壊的穴掘り
1 《精神腐敗
1 《殺害
1 《要塞ガニ
1 《骨まといの屍術師
1 《石のゴーレム
1 《狼族の絆
1 《残忍な異形
1 《鱗剥ぎの捕食者
-サイドボード(19)-

 メインデッキのエレメンタル・クリーチャー枚数、12枚。

 エレメンタルでないクリーチャーも決して数合わせというわけではなく、しっかりとゲームを決めたりアドバンテージのための採用であったりと、方向性は明確だ。

 本来タッチとして使用したい赤いカードのうち《チャンドラの火炎猫》は序盤に赤マナが必要となってしまう点が気にかかるという「噛み合い」に対して心配していたが、逆にカラーさえそろえば「ぶん回り」を支える1枚でもあり、リターンのためにリスクを取った形だ。

加藤「今回は3戦全勝したいので、(安定性だけを求めるのではなく)デッキ全体のパワーを重点に、回れば勝つという形を意識しました」

 加藤の勝利への思いは「ティムール(緑青赤)エレメンタル」というデッキリストの形であらわれている。デッキが加藤の気持ちに応える試合が、これから始まる。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST